全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額料金で手配

亡くなってからの日数と法事・法要の案内状を送るタイミング

更新日
2017/10/06
カテゴリ
法事・法要の案内状

基本的には、親族以外にも案内状を送付するのが通例になります。七回忌、及び十三回忌以降については、親族のみで営まれるケースが増えてきているようです。
送付状を受け取った方が参加しやすいよう、法要を行う日が決まったタイミングで、早めに送付状を送付するように準備をしましょう。

法要の名称時期



初七日(しょなぬか)7日目
(葬儀当日に行なわれることが多い)
二七日(ふたなぬか)14日目
三七日(みなぬか)21日目
四七日(よなぬか)28日目
五七日(いつなぬか)35日目
六七日(むなぬか)42日目
七七日(なななぬか)四十九日(しじゅうくにち)49日目
百箇日(ひゃっかにち)100日目



一周忌 (いっしゅうき) 満1年目
三回忌 (さんかいき)満2年目
七回忌(ななかいき)満6年目
十三回忌(じゅうさんかいき)満12年目
十七回忌(じゅうななかいき)満16年目
二十三回忌(にじゅうさんかいき)満22年目
二十七回忌(じゅうななかいき)満27年目
三十三回(さんじゅうさんかいき)満32年目

没年月日にあわせて法要日を計算したい方へ

↑ページの先頭に戻る