全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額料金で手配

すべての記事の一覧

84件中 1件~10件を表示しています

津田宗及 戒名(法眼受世宗及居士)

津田宗及 戒名(法眼受世宗及居士)

津田 宗及(つだ そうぎゅう、生年不詳 - 天正19年4月20日(1591年6月11日))は、安土桃山時代の堺の商人、茶人。「天王寺屋宗及」とも。名は助五郎、号は天信、幽更斎。千利休・今井宗久とともに

»津田宗及 戒名(法眼受世宗及居士)…の続きを読む

二代目・吉野太夫 戒名(唱眞院妙蓮日信女)

二代目・吉野太夫 戒名(唱眞院妙蓮日信女)

圧倒的な美貌と存在感を誇る太夫である一方で、日乾上人に帰依するという信心深い一面もあった彼女の生き様がよく表れている戒名と言えるでしょう。

»二代目・吉野太夫 戒名(唱眞院妙蓮日信女)…の続きを読む

夕霧太夫・初代 戒名(花岳芳春信女)

夕霧太夫・初代 戒名(花岳芳春信女)

華やかな美しい女性の姿が思い浮かぶような戒名です。

»夕霧太夫・初代 戒名(花岳芳春信女)…の続きを読む

万治高尾(2代目・高尾太夫)戒名(月桂圓心大師)

万治高尾(2代目・高尾太夫)戒名(月桂圓心大師)

優しく柔らかなイメージの漢字が並ぶ、女性ならではの戒名です。

»万治高尾(2代目・高尾太夫)戒名(月桂圓心大師)…の続きを読む

唐人お吉(斎藤きち)戒名(釋貞歡尼)

唐人お吉(斎藤きち)戒名(釋貞歡尼)

斎藤 きち(さいとう きち、天保12年11月10日 / グレゴリオ暦 1841年12月22日 - 1890年3月27日[1])は、幕末から明治期にかけての伊豆国下田の芸者。唐人お吉(とうじんおきち)の

»唐人お吉(斎藤きち)戒名(釋貞歡尼)…の続きを読む

樋口一葉 戒名(智相院釋妙葉信女)

樋口一葉 戒名(智相院釋妙葉信女)

女性らしい、しなやかなイメージの字が並んだ戒名です。

»樋口一葉 戒名(智相院釋妙葉信女)…の続きを読む

雲龍久吉 戒名(雲山玄龍居士)

雲龍久吉 戒名(雲山玄龍居士)

龍は吉兆を示す空想上の動物ですが、人並み外れた能力を持つ人物を表す意味でも用いられます。「玄」は赤みを帯びた深い黒色を指し、転じて趣が深く優れている意味でも用いられます。横綱土俵入り「雲龍型」の創始者

»雲龍久吉 戒名(雲山玄龍居士)…の続きを読む

谷風梶之助 戒名(釋姓谷響了風居士)

谷風梶之助 戒名(釋姓谷響了風居士)

谷風 梶之助(たにかぜ かじのすけ、1750年9月8日 - 1795年2月27日)は、仙台藩・陸奥国宮城郡霞目村(現・宮城県仙台市若林区霞目)出身の元大相撲力士。本名は金子 与四郎(かねこ よしろう)

»谷風梶之助 戒名(釋姓谷響了風居士)…の続きを読む

佐藤春夫 戒名(凌霄院殿詞誉紀精春日大居士)

佐藤春夫 戒名(凌霄院殿詞誉紀精春日大居士)

佐藤 春夫(さとう はるお、1892年(明治25年)4月9日 - 1964年(昭和39年)5月6日)は、近代日本の詩人・作家。艶美清朗な詩歌と倦怠・憂鬱の小説を軸に、文芸評論・随筆・童話・戯曲・評伝・

»佐藤春夫 戒名(凌霄院殿詞誉紀精春日大居士)…の続きを読む

大宅壮一 戒名(衆生院釈茫壮一大居士)

大宅壮一 戒名(衆生院釈茫壮一大居士)

常に大衆の目線から、大衆の心を代弁し続けた大宅壮一。茫々とは、果てしなく広々としている意。小柄でありながら、まさしく広々とした器を持つ人でした。

»大宅壮一 戒名(衆生院釈茫壮一大居士)…の続きを読む

84件中 1件~10件を表示しています

↑ページの先頭に戻る