全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

京極高次夫人(常高院)(浅井初)戒名(常高院殿松嚴永昌大姉)

戒 名
常高院殿松嚴永昌大姉
(じょうこういんでんしょうごんえいしょうたいし)
「立派な松は、永く昌(うつ)くしく、常に高い」
名前
京極高次夫人(常高院)(浅井初)
(きょうごくたかつぐふじん(じょうこういん)(あざいはつ))
職業戦国時代から江戸時代前期の女性。若狭小浜藩の藩主京極高次の正室。
没年時寛永10年8月27日(1633年9月30日)没、享年64歳

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f9/Azai_Ohatu.jpg

人物の説明

常高院-Wikipedia

“常高院(じょうこういん、永禄13年(1570年)? - 寛永10年8月27日(1633年9月30日))は、戦国時代から江戸時代前期の女性。若狭小浜藩の藩主京極高次の正室。本名は浅井 初(あざい はつ)で、一般に「初」の呼び名で知られる。また、幼名は御鐺(おなべ)、於那。浅井三姉妹の一人。
父は近江国小谷城主・浅井長政、母は織田信秀の娘・お市の方(織田信長の末妹)。姉は豊臣秀吉の側室となった茶々(淀殿)、妹は徳川秀忠正室(継室)の江(崇源院)。兄に万福丸、異母弟に万菊丸。
高次との間に子はなく、妹・江の娘で2代将軍・徳川秀忠の四女・初姫(興安院)や氏家行広の娘・古奈(母は高次の妹)らを養女とし、側室の子で嫡子の忠高(母は山田氏)や高政(母は小倉氏)、また詳細不明の養子1名を始めとした血縁・家臣らの子女の養育に積極的に関わったとされる。後に養女の初姫と忠高を娶わせるが、この両者にも子はできなかった。”

「政治/経済」として活躍した有名人の戒名

大宅壮一大宅壮一の戒名
衆生院釈茫壮一大居士
千姫千姫の戒名
天樹院法源松山禪定尼
お江与の方(崇源院)お江与の方(崇源院)の戒名
駿州大納言忠長母崇源院殿一品大夫人昌譽大禪定尼
納屋助左衛門(呂宋助左衛門)納屋助左衛門(呂宋助左衛門)の戒名
鉄嚴道堅居士
淀君(淀殿)淀君(淀殿)の戒名
大虞院花顔妙香
浅野寧子(高台院)(寧々)浅野寧子(高台院)(寧々)の戒名
髙台院湖月心公

↑ページの先頭に戻る