全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

北条政子 戒名(如實上人妙觀)

戒 名
如實上人妙觀
(にょじつしょうにんみょうかん)
「現実をありのままに、妙(すぐれた)目で観(み)る」
名前
北条政子
(ほうじょうまさこ)
職業鎌倉幕府を開いた源頼朝の正室。
没年時嘉禄元年7月11日(1225年8月16日)没、享年69歳

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f5/Hojo_Masako.jpg

戒名の説明

鎌倉幕府の実権を握り「尼将軍」とも呼ばれた北條政子。彼女の生き方がよく表れた戒名と言えるでしょう。「妙」や「観」は経典にも用いられており、仏教の教えを説くには欠かせない尊い字です。

人物の紹介

北条政子-Wikipedia

“北条 政子(ほうじょう まさこ、保元2年(1157年) – 嘉禄元年7月11日(1225年8月16日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期の女性。鎌倉幕府を開いた源頼朝の正室。伊豆国の豪族、北条時政の長女。子は頼家、実朝、大姫、三幡。兄弟姉妹には宗時、義時、時房、阿波局、時子など。
伊豆の流人だった頼朝の妻となり、頼朝が鎌倉に武家政権を樹立すると御台所と呼ばれる。夫の死後に落飾して尼御台(あまみだい)と呼ばれた。法名を安養院(あんにょういん)といった。頼朝亡きあと征夷大将軍となった嫡男・頼家、次男・実朝が相次いで暗殺された後は、傀儡将軍として京から招いた幼い藤原頼経の後見となって幕政の実権を握り、世に尼将軍と称された。
なお、「政子」の名は建保6年(1218年)に朝廷から従三位に叙された際に、父・時政の名から一字取って命名されたものであり、それ以前の名前は不明。”

「文人/学者」として活躍した有名人の戒名

樋口一葉樋口一葉の戒名
智相院釋妙葉信女
牧野富太郎牧野富太郎の戒名
浄華院殿富嶽頴秀大居士
大濱信泉大濱信泉の戒名
大闊院殿徹翁信泉大居士
斎藤茂吉斎藤茂吉の戒名
赤光院仁譽遊阿暁寂淸居士
平賀源内平賀源内の戒名
知見靈雄居士
椿椿山椿椿山の戒名
淸相院法随

↑ページの先頭に戻る