全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額料金で手配

千姫 戒名(天樹院法源松山禪定尼)

戒 名
天樹院法源松山禪定尼
(てんじゅいんほうげんしょうざんぜんじょうに)
「法の源(みなもと)の人は、松山に、尊い樹」
名前
千姫
(せんひめ)
職業安土桃山時代から江戸時代の女性。豊臣秀頼・本多忠刻の正室。
没年時寛文6年2月6日(1666年3月11日)没、享年70歳

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/97/Senhime.jpg

人物の紹介

千姫-Wikipedia

千姫(せんひめ、慶長2年4月11日[1](1597年5月26日) – 寛文6年2月6日(1666年3月11日))は、安土桃山時代から江戸時代の女性。豊臣秀頼・本多忠刻の正室。父は徳川秀忠、母は継室の江。号は天樹院。

「政治/経済」として活躍した有名人の戒名

大宅壮一大宅壮一の戒名
衆生院釈茫壮一大居士
京極高次夫人(常高院)(浅井初)京極高次夫人(常高院)(浅井初)の戒名
常高院殿松嚴永昌大姉
お江与の方(崇源院)お江与の方(崇源院)の戒名
駿州大納言忠長母崇源院殿一品大夫人昌譽大禪定尼
納屋助左衛門(呂宋助左衛門)納屋助左衛門(呂宋助左衛門)の戒名
鉄嚴道堅居士
淀君(淀殿)淀君(淀殿)の戒名
大虞院花顔妙香
浅野寧子(高台院)(寧々)浅野寧子(高台院)(寧々)の戒名
髙台院湖月心公

↑ページの先頭に戻る