全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

唐人お吉(斎藤きち)戒名(釋貞歡尼)

戒 名
釋貞歡尼
(しゃくていかんに)
名前
唐人お吉(斎藤きち)
(とうじんおきち(さいとうきち))
職業 幕末から明治期にかけての伊豆国下田の芸者。
没年時 1890年3月27日没、満48歳

写真提供元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b4/Sait%C5%8D_Kichi.jpg

人物の紹介

斎藤きち-Wikipedia

斎藤 きち(さいとう きち、天保12年11月10日 / グレゴリオ暦 1841年12月22日 – 1890年3月27日[1])は、幕末から明治期にかけての伊豆国下田の芸者。唐人お吉(とうじんおきち)の名で知られる[1]。

「芸能/スポーツ」として活躍した有名人の戒名

津田宗及の戒名
法眼受世宗及居士
二代目・吉野太夫の戒名
唱眞院妙蓮日信女
万治高尾(2代目・高尾太夫)の戒名
月桂圓心大師
雲龍久吉の戒名
雲山玄龍居士
谷風梶之助の戒名
釋姓谷響了風居士
佐藤春夫の戒名
凌霄院殿詞誉紀精春日大居士

↑ページの先頭に戻る