全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

夕霧太夫・初代 戒名(花岳芳春信女)

戒 名

階級:信士・信女

花岳芳春信女
(かがくほうしゅんしんにょ)
「花のお山は、芳しい春」
名前
夕霧太夫・初代
(ゆうぎりたゆう・しょだい)
職業 京都・嶋原、大坂・新町廓にいた太夫。
没年時 延宝6年1月7日(1678年2月27日)没

写真転用元:
http://www.seniorcom.jp/old_blog/user_files/file/1/h/e/a/header1000011/85/c3MtSU1HXzU0OTcrGg.jpg

戒名の説明

華やかな美しい女性の姿が思い浮かぶような戒名です。

人物の紹介

夕霧太夫-Wikipedia

“生年不詳 – 延宝6年1月7日(1678年2月27日)。本名は照。出身地は一説によると、現在の京都市右京区嵯峨の近くであるといわれる。いつ、どういう風に嶋原に入ったか不明であるが「扇屋」の太夫となり、のちに扇屋が大坂(大阪市)の新町に移転したため、新町の太夫となる。ここから大坂の太夫は生まれるのである。姿が美しく、また芸事に秀でた名妓であった。若くして病没すると、大坂中がその死を悼んだという。享年は22とも27とも伝えられる。
亡くなった日は「夕霧忌」として俳句の季語にもある。墓は大阪の浄国寺、京都の清涼寺が有名だが他に徳島や和歌山にもある。
死後、夕霧とその愛人・藤屋伊左衛門とを主人公とする浄瑠璃・歌舞伎などの作品が多く作られ、それらは「夕霧伊左衛門」または単に「夕霧」と総称された。近松門左衛門の浄瑠璃『夕霧阿波鳴渡』を始めとして、浄瑠璃の『廓文章』、歌舞伎の『夕霧名残の正月』『夕霧七年忌』などがある。
毎年11月第2日曜日に清涼寺にて「夕霧供養祭」が催され、本堂での法要、嶋原太夫による奉納舞、太夫道中や墓参が行われる。”

戒名の階級・位号が「信士・信女」の有名人

有名人 戒名 戒名読み
二代目・吉野太夫 唱眞院妙蓮日信女 しょうしんいんみょうれんにっしんにょ
樋口一葉 智相院釋妙葉信女 ちそういんしゃくみょうようしんにょ
勝川春章 勝譽春章信士 しょうよしゅんしょうしんし
菱川師宣 勝譽即信士 しょうよそくしんじ
小原庄助 米汁呑了信士 べいじゅうどんりょうしんじ

「その他」として活躍した有名人の戒名

角倉了以の戒名
珪應以大居士
塩原太助の戒名
鹽原壽算居士
奈良屋茂左衛門(4代目・勝豊)の戒名
安休
夏目鏡子の戒名
圓明院 清操 浄鏡 大姉

↑ページの先頭に戻る