全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額料金で手配

奈良屋茂左衛門(4代目・勝豊)戒名(安休)

戒 名
安休
((あんきゅう))
「安んじていこう」
名前
奈良屋茂左衛門(4代目・勝豊)
(ならやもざえもん(よんだいめ・かつとよ))
職業江戸時代中期の江戸の材木商。
没年時正徳4年6月13日(1714年7月24日)没

戒名の説明

「休」の字には、休むという意味以外にも喜びや幸い、美しい、許すといった意味があります。一代で家業を急成長さた4代目勝豊。きっと苦労も多かったことでしょう。「安」と「休」は、彼が心の底から望んでいた言葉なのかもしれません。

人物の紹介

奈良屋茂左衛門-Wikipedia

奈良屋 茂左衛門(ならや もざえもん)は、江戸時代中期の江戸の材木商である。

「その他」として活躍した有名人の戒名

夕霧太夫・初代夕霧太夫・初代の戒名
花岳芳春信女
角倉了以角倉了以の戒名
珪應以大居士
塩原太助塩原太助の戒名
鹽原壽算居士
夏目鏡子夏目鏡子の戒名
圓明院 清操 浄鏡 大姉

↑ページの先頭に戻る