全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額料金で手配

平賀源内 戒名(知見靈雄居士)

戒 名

階級:居士・大姉

知見靈雄居士
(ちけんりょうゆうこじ)
「知恵と意見は霊の力で雄(おお)きい」
名前
平賀源内
(ひらがげんない)
職業江戸時代中頃に活躍した本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家。
没年時安永8年12月18日(1780年1月24日)没

写真転用元:
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8b/A_Portrait_of_Ky%C5%ABkei_Hiraga_cropped.jpg

戒名の説明

天才的なひらめきで江戸に新風を巻き起こし、あらゆる分野に才能を発揮した平賀源内。彼の素晴らしい能力を讃える戒名です。

人物の紹介

NAVER まとめ-平賀源内って殺人を犯して獄中で亡くなっていたんだって!

平賀源内-Wikipedia

“平賀 源内(ひらが げんない、享保13年(1728年)- 安永8年12月18日(1780年1月24日))は、江戸時代中頃に活躍した本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家。
源内は通称で、元内とも書いた。諱は国倫(くにとも)、字は子彝(しい)。数多くの号を使い分けたことでも知られ、画号の鳩渓(きゅうけい)、俳号の李山(りざん)をはじめ、戯作者としては風来山人(ふうらいさん じん)、浄瑠璃作者としては福内鬼外(ふくうち きがい)の筆名を用い、殖産事業家としては天竺浪人(てんじくろうにん)、生活に窮して細工物を作り売りした頃には貧家銭内(ひんか ぜにない)などといった別名でも知られていた。
父は白石茂左衛門(良房)、母は山下氏の娘。兄弟多数。”

戒名の階級・位号が「居士・大姉」の有名人

有名人戒名戒名読み
津田宗及法眼受世宗及居士ほうげんじゅせそうぎゅうこじ
雲龍久吉雲山玄龍居士うんぜんげんりゅうこじ
谷風梶之助釋姓谷響了風居士しゃくせいやきょうりょうふうこじ
佐藤春夫凌霄院殿詞誉紀精春日大居士りょうしょういんでんしよきせいしゅんにちだいこじ
大宅壮一衆生院釈茫壮一大居士しゅじょういんしゃくぼうそういちだいこじ

「文人/学者」として活躍した有名人の戒名

樋口一葉樋口一葉の戒名
智相院釋妙葉信女
牧野富太郎牧野富太郎の戒名
浄華院殿富嶽頴秀大居士
大濱信泉大濱信泉の戒名
大闊院殿徹翁信泉大居士
斎藤茂吉斎藤茂吉の戒名
赤光院仁譽遊阿暁寂淸居士
椿椿山椿椿山の戒名
淸相院法随
佐藤直方佐藤直方の戒名
一貫了道居士

↑ページの先頭に戻る