全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額料金で手配

明智光秀 戒名(明窓玄智)

戒 名
明窓玄智
(めいそうげんち)
「玄妙なる智(さとり)は、明るい心の窓に」
名前
明智光秀
(あけちみつひで)
職業戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
没年時

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0a/Akechi_Mituhide.jpg

戒名の説明

本能寺の変を起こし、現在の世においてもその功績や能力を高く評価されている明智光秀にふさわしい戒名です。

人物の紹介

NAVER まとめ-戦国武将・明智光秀の逸話・エピソード集”

戦国武将・明智光秀の逸話やエピソードをまとめました。中には資料の信ぴょう性が低いとされるものもありますのでご注意

下さい。

明智光秀-Wikipedia

“明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。戦国大名・織田信長の重臣の一人で、日本史の謎の一つとされる本能寺の変を起こした事で有名である。
本姓は源氏で、のちに朝廷より惟任の姓を賜る。家系は清和源氏の摂津源氏系で、美濃源氏土岐氏支流である明智氏。通称は十兵衛。雅号は咲庵(しょうあん)。惟任光秀とも。妻は妻木煕子。その間には、細川忠興室・珠(洗礼名:ガラシャ)、嫡男・光慶(十五郎)、津田信澄室がいる。
善政を行ったとされ、領国の各地で祀られる。忌日に祭事を伝える地域(光秀公正辰祭・御霊神社 (福知山市))もある。後世、江戸時代の文楽「絵本太功記」や歌舞伎「時桔梗出世請状」をはじめ、小説・映画・テレビドラマなどでもその人物がとりあげられている。

 

「武将/武人/姫」として活躍した有名人の戒名

徳川忠長徳川忠長の戒名
峯源院晴徹暁雲大居士
足利義政足利義政の戒名
慈照院殿喜山道慶大禪定門
源頼朝源頼朝の戒名
武皇嘯厚大禪門
藤原道長藤原道長の戒名
行覺
源頼家源頼家の戒名
義仁
源頼義源頼義の戒名
信海

↑ページの先頭に戻る