全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

柄井川柳 戒名(契壽院 川柳 勇緑 信士)

戒 名

階級:信士・信女

契壽院 川柳 勇緑 信士
(けいじゅいんせんりゅうゆうりょくしんじ)
「川の柳は、勇(さか)んな緑、寿(いのち)の契(ちぎ)り」
名前
柄井川柳
(からいせんりゅう)
職業 江戸時代中期の前句付けの点者。
没年時 寛政2年9月23日(1790年10月30日)没

写真転用元:http://www.jijisenryukenkyukai.com/home.files/karaisenryuu.jpg

戒名の説明

戒名は幼名「勇之助」と、号の一つ「緑亭」から一字ずつとったものです。院号も「寿」に「契る」で、明るく楽しく人生をまっとうしたことがうかがえる戒名と言えるでしょう。

人物の紹介

柄井 川柳-Wikipedia

柄井 川柳(からい せんりゅう、享保3年(1718年) – 寛政2年9月23日(1790年10月30日))は、江戸時代中期の前句付けの点者。名は正道。幼名勇之助。通称は八右衛門。柄井家は代々江戸浅草新堀端の竜宝寺門前町の名主(なぬし)の家系で、宝暦5年に家を継いで名主となった。

はじめは談林派俳諧の点者であったといわれるが定かではない。宝暦7年8月25日(1757年10月7日)前句付の点者として無名庵川柳と号し、最初の万句合を興行している。

これ以降、月3回5のつく日に句合を興行している。宝暦12年10月15日(1762年11月30日)の句合には総句1万句を超し、その流行ぶりがうかがえる。川柳(八右衛門)の出題は前句付の14字題と冠付のみであり、総句高に対する番勝句の比率も高い。新しい趣向を好み、選句眼にも優れていたことが、上級武士も含め江戸における前句付作者にこのまれた。

明和2年(1765年)7月呉陵軒可有(ごりょうけんあるべし)の協力を得て刊行された「誹風柳多留」は、川柳評前句付の流行に拍車をかけた。後、前付句が独立して川柳と呼ばれるようになった。辞世の句は「木枯らしや 跡で芽をふけ 川柳」であったと伝えられている。

なお、川柳の号は15世(脇屋川柳)まで受け継がれている。

戒名の階級・位号が「信士・信女」の有名人

有名人 戒名 戒名読み
二代目・吉野太夫 唱眞院妙蓮日信女 しょうしんいんみょうれんにっしんにょ
夕霧太夫・初代 花岳芳春信女 かがくほうしゅんしんにょ
樋口一葉 智相院釋妙葉信女 ちそういんしゃくみょうようしんにょ
勝川春章 勝譽春章信士 しょうよしゅんしょうしんし
菱川師宣 勝譽即信士 しょうよそくしんじ

「芸能/スポーツ」として活躍した有名人の戒名

津田宗及の戒名
法眼受世宗及居士
二代目・吉野太夫の戒名
唱眞院妙蓮日信女
万治高尾(2代目・高尾太夫)の戒名
月桂圓心大師
唐人お吉(斎藤きち)の戒名
釋貞歡尼
雲龍久吉の戒名
雲山玄龍居士
谷風梶之助の戒名
釋姓谷響了風居士

↑ページの先頭に戻る