全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額料金で手配

椿椿山 戒名(淸相院法随)

戒 名
淸相院法随
(せいしょういんほうずい)
「法に随(した)がう人は清い相(かた)である」
名前
椿椿山
(つばきちんざん)
職業江戸時代後期の日本の文人画家。
没年時嘉永7年7月13日(1854年8月6日)没

写真転用元:
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e2/A_self_portrait_of_Tsubaki_Chinzan_%E6%A4%BF%

戒名の説明

仏弟子として何を目指すべきか、仏の教えとは、そして真理とは何か。戒名とは、亡くなって仏弟子となった後の姿勢を指し示すものでもあるのです。

人物の紹介

椿椿山-Wikipedia

“椿 椿山(つばき ちんざん、享和元年6月4日(1801年7月14日) – 嘉永7年7月13日(1854年8月6日))は江戸時代後期の日本の文人画家である。江戸小石川天神に生まれる。主に花鳥画、人物画を得意とした。
名は弼(たすく)。字は篤甫(とくほ)、通称を忠太、亮太。号は椿山の他に、琢華堂(たくげどう)、休庵、四休庵(しきゅうあん)、春松軒、碧蔭山房(へきいんさんぼう)、羅渓、琢華道人(たくかどうじん)。”

「文人/学者」として活躍した有名人の戒名

樋口一葉樋口一葉の戒名
智相院釋妙葉信女
牧野富太郎牧野富太郎の戒名
浄華院殿富嶽頴秀大居士
大濱信泉大濱信泉の戒名
大闊院殿徹翁信泉大居士
斎藤茂吉斎藤茂吉の戒名
赤光院仁譽遊阿暁寂淸居士
平賀源内平賀源内の戒名
知見靈雄居士
佐藤直方佐藤直方の戒名
一貫了道居士

↑ページの先頭に戻る