全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

清河八郎 戒名(淸秀院殿 忠正 明義 居士)

戒 名

階級:居士・大姉

淸秀院殿 忠正 明義 居士
(せいしゅういんでんちゅうせいめいぎこじ)
「忠誠にして明らかな義の人は清く秀でる」
名前
清河八郎
(きよかわはちろう)
職業江戸時代末期(幕末)の庄内藩出身の志士。
没年時文久3年4月13日(1863年5月30日)没、満32歳

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e1/Kiyokawahatiro.jpg

人物の紹介

清河八郎-Wikipedia

清河 八郎(きよかわ はちろう、天保元年10月10日(1830年11月24日) – 文久3年4月13日(1863年5月30日))は、江戸時代末期(幕末)の庄内藩出身の志士。浪士組(新選組・新徴組の前身)を結成し、虎尾の会を率いて明治維新の火付け役となった。
幼名は元司、諱は正明、号は旦起、木鶏。本名は斉藤正明で、清川八郎と改名したのち、清河八郎を名乗った。山形県庄内町の清河神社に祭神として祀られている。位階は贈正四位。

戒名の階級・位号が「居士・大姉」の有名人

有名人戒名戒名読み
津田宗及法眼受世宗及居士ほうげんじゅせそうぎゅうこじ
雲龍久吉雲山玄龍居士うんぜんげんりゅうこじ
谷風梶之助釋姓谷響了風居士しゃくせいやきょうりょうふうこじ
佐藤春夫凌霄院殿詞誉紀精春日大居士りょうしょういんでんしよきせいしゅんにちだいこじ
大宅壮一衆生院釈茫壮一大居士しゅじょういんしゃくぼうそういちだいこじ

「武将/武人/姫」として活躍した有名人の戒名

徳川忠長徳川忠長の戒名
峯源院晴徹暁雲大居士
足利義政足利義政の戒名
慈照院殿喜山道慶大禪定門
源頼朝源頼朝の戒名
武皇嘯厚大禪門
藤原道長藤原道長の戒名
行覺
源頼家源頼家の戒名
義仁
源頼義源頼義の戒名
信海

↑ページの先頭に戻る