全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額料金で手配

源頼家 戒名(義仁)

戒 名
義仁
(ぎじん)
「義(まこと)に仁(なさけ)」
名前
源頼家
(みなもとのよりいえ)
職業鎌倉時代前期の鎌倉幕府第2代将軍(鎌倉殿)。
没年時元久元年7月18日(1204年8月14日)没 、満21歳

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f8/Minamoto_no_Yoriie.jpg

人物の紹介

源頼家-Wikipedia

“源 頼家(みなもと の よりいえ)は、鎌倉時代前期の鎌倉幕府第2代将軍(鎌倉殿)。鎌倉幕府を開いた源頼朝の嫡男で母は北条政子(頼朝の子としては第3子で次男、政子の子としては第2子で長男)。
父・頼朝の急死により18歳で家督を相続し、鎌倉幕府の第2代鎌倉殿、征夷大将軍となる。若年の頼家による従来の習慣を無視した独裁的判断が御家人たちの反発を招き、疎外された母方の北条氏を中心として十三人の合議制がしかれ、頼家の独断は抑えられた。
合議制成立の3年後に頼家が重病に陥ると、頼家の後ろ盾である比企氏と、弟の実朝を担ぐ北条氏との対立が起こり、北条氏一派の攻撃により比企氏は滅亡する。頼家は将軍職を剥奪され、伊豆国修禅寺に幽閉されたのち、北条氏の手により暗殺された。頼家追放により、北条氏が鎌倉幕府の実権を握る事になる。

「武将/武人/姫」として活躍した有名人の戒名

徳川忠長徳川忠長の戒名
峯源院晴徹暁雲大居士
足利義政足利義政の戒名
慈照院殿喜山道慶大禪定門
源頼朝源頼朝の戒名
武皇嘯厚大禪門
藤原道長藤原道長の戒名
行覺
源頼義源頼義の戒名
信海
明智光秀明智光秀の戒名
明窓玄智

↑ページの先頭に戻る