全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

牧野富太郎 戒名(浄華院殿富嶽頴秀大居士)

戒 名

階級:居士・大姉

浄華院殿富嶽頴秀大居士
(じょうけいんでんふがくえいしゅうだいこじ)
「富士のごとく頴(ほさき)秀(ひいで)た人は清い華」
名前
牧野富太郎
(まきのとみたろう)
職業 日本の植物学者。
没年時 1957年(昭和32年)1月18日没、満94歳

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/19/Makino_Tomitaro.jpg

戒名の説明

小学校中退の身でありながら、独学で植物学や英語を修得し、理学博士の学位まで得た牧野富太郎。まさしく、富士のような秀でた能力を持ち、富(ゆたか)な人生を歩んだ人です。

人物の紹介

牧野富太郎-Wikipedia

“牧野 富太郎(まきの とみたろう、1862年5月22日(文久2年4月24日) – 1957年(昭和32年)1月18日)は、日本の植物学者。高知県高岡郡佐川町出身。
「日本の植物学の父」といわれ、多数の新種を発見し命名も行った近代植物分類学の権威である。その研究成果は50万点もの標本や観察記録、そして『牧野日本植物図鑑』に代表される多数の著作として残っている。小学校中退でありながら理学博士の学位も得て、生まれた日は「植物学の日」に制定された。”

戒名の階級・位号が「居士・大姉」の有名人

有名人 戒名 戒名読み
津田宗及 法眼受世宗及居士 ほうげんじゅせそうぎゅうこじ
雲龍久吉 雲山玄龍居士 うんぜんげんりゅうこじ
谷風梶之助 釋姓谷響了風居士 しゃくせいやきょうりょうふうこじ
佐藤春夫 凌霄院殿詞誉紀精春日大居士 りょうしょういんでんしよきせいしゅんにちだいこじ
大宅壮一 衆生院釈茫壮一大居士 しゅじょういんしゃくぼうそういちだいこじ

「文人/学者」として活躍した有名人の戒名

樋口一葉の戒名
智相院釋妙葉信女
大濱信泉の戒名
大闊院殿徹翁信泉大居士
斎藤茂吉の戒名
赤光院仁譽遊阿暁寂淸居士
平賀源内の戒名
知見靈雄居士
椿椿山の戒名
淸相院法随
佐藤直方の戒名
一貫了道居士

↑ページの先頭に戻る