全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

藤原道長 戒名(行覺)

戒 名
行覺
(ぎょうがく)
「行い覚(さと)る」
名前
藤原道長
(ふじわらのみちなが)
職業平安時代中期の公卿。
没年時万寿4年12月4日(1028年1月3日)没

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f3/Fujiwaranomichinaga.jpg

人物の紹介

NAVER まとめ-藤原道長の生い立ちがわかるページ

平安時代の執権の実力をにぎっていたとされる藤原道長。娘の彰子を皇后にさせたことも有名。この剛健質実な人物の生い立ちに迫ってみよう!!

藤原道長-Wikipedia

“藤原 道長(ふじわら の みちなが)は平安時代中期の公卿。後一条天皇・後朱雀天皇・後冷泉天皇の外祖父にあたる。
父の兼家が摂政になり権力を握ると栄達するが、五男であり道隆、道兼という有力な兄がいたためさほど目立たない存在だった。しかし兼家の死後に摂関となった道隆が大酒、道兼が伝染病により相次いで病没。後に道隆の嫡男伊周との政争に勝って左大臣として政権を掌握した。
一条天皇に長女の彰子を入内させ皇后(号は中宮)となす。次の三条天皇には次女の妍子を入れて中宮となす。だが三条天皇とは深刻な対立を生じ天皇の眼病を理由に退位に追い込み、彰子の生んだ後一条天皇の即位を実現して摂政となる。1年ほどで摂政を嫡子の頼通に譲り後継体制を固める。後一条天皇には四女の威子を入れて中宮となし、「一家立三后」と驚嘆された。
晩年は壮大な法成寺の造営に精力を傾けている。”

 

「武将/武人/姫」として活躍した有名人の戒名

徳川忠長徳川忠長の戒名
峯源院晴徹暁雲大居士
足利義政足利義政の戒名
慈照院殿喜山道慶大禪定門
源頼朝源頼朝の戒名
武皇嘯厚大禪門
源頼家源頼家の戒名
義仁
源頼義源頼義の戒名
信海
明智光秀明智光秀の戒名
明窓玄智

↑ページの先頭に戻る