全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額料金で手配

谷風梶之助 戒名(釋姓谷響了風居士)

戒 名

階級:居士・大姉

釋姓谷響了風居士
(しゃくせいやきょうりょうふうこじ)
「釈尊の子、谷の響、尊い風に了(おさまる)」
名前
谷風梶之助
(たにかぜかじのすけ)
職業元大相撲力士。江戸時代の大横綱。
没年時1795年2月27没、満44歳

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/6d/Yokozuna_Tanikaze_Kajinosuke.jpg

人物の紹介

谷風梶之助 (2代)-Wikipedia

“谷風 梶之助(たにかぜ かじのすけ、1750年9月8日 – 1795年2月27日)は、仙台藩・陸奥国宮城郡霞目村(現・宮城県仙台市若林区霞目)出身の元大相撲力士。本名は金子 与四郎(かねこ よしろう)。
第4代横綱だが、実質的な初代横綱[1][2]。江戸時代の大横綱で、大相撲史上屈指の強豪[3]。また、力量・人格の面で後の横綱の模範とされた。”

戒名の階級・位号が「居士・大姉」の有名人

有名人戒名戒名読み
津田宗及法眼受世宗及居士ほうげんじゅせそうぎゅうこじ
雲龍久吉雲山玄龍居士うんぜんげんりゅうこじ
佐藤春夫凌霄院殿詞誉紀精春日大居士りょうしょういんでんしよきせいしゅんにちだいこじ
大宅壮一衆生院釈茫壮一大居士しゅじょういんしゃくぼうそういちだいこじ
牧野富太郎浄華院殿富嶽頴秀大居士じょうけいんでんふがくえいしゅうだいこじ

「芸能/スポーツ」として活躍した有名人の戒名

津田宗及津田宗及の戒名
法眼受世宗及居士
二代目・吉野太夫二代目・吉野太夫の戒名
唱眞院妙蓮日信女
万治高尾(2代目・高尾太夫)万治高尾(2代目・高尾太夫)の戒名
月桂圓心大師
唐人お吉(斎藤きち)唐人お吉(斎藤きち)の戒名
釋貞歡尼
雲龍久吉雲龍久吉の戒名
雲山玄龍居士
佐藤春夫佐藤春夫の戒名
凌霄院殿詞誉紀精春日大居士

↑ページの先頭に戻る