全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

金春禅竹 戒名(禪竹)

戒 名
禪竹
(ぜんちく)
「禅(さと)れる竹」
名前
金春禅竹
(こんぱるぜんちく)
職業 室町時代の猿楽師、能作者。
没年時 文明3年(1471年)以前没

写真転用元:http://img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/lrg/25/67/57/lrg_25675707.jpg?20120612195333

人物の紹介

金春禅竹-Wikipedia

“金春 禅竹(こんぱる ぜんちく、応永12年(1405年) – 文明3年(1471年)以前)は室町時代の猿楽師、能作者である。別名は貫氏、七郎氏信、竹翁、賢翁禅竹。竹田太夫、金春太夫ともいう。
禅竹は大和猿楽最古参とされる由緒ある流派、円満井座のながれをうけつぐ金春一座をひきいて活躍した。世阿弥の娘婿にあたる。義父世阿弥との関係は深く、世阿弥の能についての理論書『六義』『拾玉得花』はそれぞれ応永35年と正長元年(それぞれ1428年)の日付で禅竹につたえられている。一説には晩年の世阿弥をみとったともいう。
連歌、和歌、仏教に深く通じ能楽論と宗教思想をむすびつけた著作を数多くあらわした。難解で神秘主義的傾向にあるともいわれている。一休宗純、一条兼良との交流もあったとされ、能楽作品も幽玄にして深遠なものが多い。能が庶民のものから貴族や上流武士の深い鑑賞にうつっていく時代をその作風に反映しているといえる。能役者で能作者である金春禅鳳にとっては祖父。現在の金春流中興の祖とされる。”

 

「芸能/スポーツ」として活躍した有名人の戒名

津田宗及の戒名
法眼受世宗及居士
二代目・吉野太夫の戒名
唱眞院妙蓮日信女
万治高尾(2代目・高尾太夫)の戒名
月桂圓心大師
唐人お吉(斎藤きち)の戒名
釋貞歡尼
雲龍久吉の戒名
雲山玄龍居士
谷風梶之助の戒名
釋姓谷響了風居士

↑ページの先頭に戻る