全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

雲龍久吉 戒名(雲山玄龍居士)

戒 名

階級:居士・大姉

雲山玄龍居士
(うんぜんげんりゅうこじ)
「雲つく山に、玄(くろ)き龍」
名前
雲龍久吉
(うんりゅうきゅうきち(ひさきち))
職業 元大相撲力士。
没年時 1890年6月15日没、満67歳

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9c/Kunisada_II_Unryu_1864.jpg

戒名の説明

龍は吉兆を示す空想上の動物ですが、人並み外れた能力を持つ人物を表す意味でも用いられます。「玄」は赤みを帯びた深い黒色を指し、転じて趣が深く優れている意味でも用いられます。横綱土俵入り「雲龍型」の創始者である雲龍久吉。横綱という頂点に立ち、土俵入りも美しかった彼の相撲人生がよく表れている戒名です。

人物の紹介

雲龍久吉-Wikipedia

雲龍 久吉(うんりゅう きゅうきち(ひさきち)、1822年 – 1890年6月15日)は、筑後国山門郡大和村(現:福岡県柳川市)出身の元大相撲力士。本名は塩塚 久吉で、のちに佐藤 喜太郎と名乗る。

戒名の階級・位号が「居士・大姉」の有名人

有名人 戒名 戒名読み
津田宗及 法眼受世宗及居士 ほうげんじゅせそうぎゅうこじ
谷風梶之助 釋姓谷響了風居士 しゃくせいやきょうりょうふうこじ
佐藤春夫 凌霄院殿詞誉紀精春日大居士 りょうしょういんでんしよきせいしゅんにちだいこじ
大宅壮一 衆生院釈茫壮一大居士 しゅじょういんしゃくぼうそういちだいこじ
牧野富太郎 浄華院殿富嶽頴秀大居士 じょうけいんでんふがくえいしゅうだいこじ

「芸能/スポーツ」として活躍した有名人の戒名

津田宗及の戒名
法眼受世宗及居士
二代目・吉野太夫の戒名
唱眞院妙蓮日信女
万治高尾(2代目・高尾太夫)の戒名
月桂圓心大師
唐人お吉(斎藤きち)の戒名
釋貞歡尼
谷風梶之助の戒名
釋姓谷響了風居士
佐藤春夫の戒名
凌霄院殿詞誉紀精春日大居士

↑ページの先頭に戻る