全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

高山樗牛 戒名(文高院 靈岱 謙光 日贍 居士)

戒 名

階級:居士・大姉

文高院 靈岱 謙光 日贍 居士
(ぶんこういんれいたいけんこうにっせんこじ)
「尊い泰山につつましい光で日を仰ぐ人は文名高い」
名前
高山樗牛
(たかやまちょぎゅう)
職業 明治時代の日本の文芸評論家、思想家。東京大学講師。文学博士。
没年時 1902年12月24日没、満31歳

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/55/Takayama_Chogyu.jpg

戒名の説明

道号である「靈岱」の「岱」は「タイ」と読み、中国山東省にある名山・泰山を表しています。中国の思想・文化に造詣が深かった高山樗牛にちなんで付けられたのでしょう。「贍」には「豊か」「仰ぎ見る」という意味があります。

人物の紹介

NAVER まとめ-文芸評論家・高山樗牛の発言・格言・名言集【滝口入道】

明治時代のカリスマ文芸評論家とされる高山樗牛(たかやまちょぎゅう)。博文館時代には美学をめぐって、森鴎外と論争を行ったそうです。美の本質は本能の満足にあるとした高山氏が、わずか31年という短い人生の中で、どんな言葉を残したのか、名言を集めました。

高山樗牛-Wikipedia

高山 樗牛(たかやま ちょぎゅう、 1871年2月28日(明治4年1月10日) – 1902年(明治35年)12月24日)は明治時代の日本の文芸評論家、思想家。東京大学講師。文学博士。明治30年代の言論を先導した。本名は林次郎。

戒名の階級・位号が「居士・大姉」の有名人

有名人 戒名 戒名読み
津田宗及 法眼受世宗及居士 ほうげんじゅせそうぎゅうこじ
雲龍久吉 雲山玄龍居士 うんぜんげんりゅうこじ
谷風梶之助 釋姓谷響了風居士 しゃくせいやきょうりょうふうこじ
佐藤春夫 凌霄院殿詞誉紀精春日大居士 りょうしょういんでんしよきせいしゅんにちだいこじ
大宅壮一 衆生院釈茫壮一大居士 しゅじょういんしゃくぼうそういちだいこじ

「文人/学者」として活躍した有名人の戒名

樋口一葉の戒名
智相院釋妙葉信女
牧野富太郎の戒名
浄華院殿富嶽頴秀大居士
大濱信泉の戒名
大闊院殿徹翁信泉大居士
斎藤茂吉の戒名
赤光院仁譽遊阿暁寂淸居士
平賀源内の戒名
知見靈雄居士
椿椿山の戒名
淸相院法随

↑ページの先頭に戻る