全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

鴨長明 戒名(蓮胤)

戒 名
蓮胤
(仏教において「蓮」は「睡蓮」を意味します。睡蓮は、決してきれいとは言えない環境(泥)の中に咲く花であり、泥とはまさしく「現世」、そして睡蓮は「悟り」を象徴しているのです。私達がイメージする仏は、睡蓮の上に座っておられますし、燭台や香炉など仏教には欠かせない道具に睡蓮のデザインは欠かせないものになっています。仏教に帰依し、仏教思想を反映させた著作も多い鴨長明。彼は自身が仏の子であることを強く望んでいたのでしょう。れんいん)
「蓮の精から生まれた者」
名前
鴨長明
(かものちょうめい)
職業 平安時代末期から鎌倉時代にかけての日本の歌人・随筆家である。
没年時 建保4年閏6月10日(1216年7月26日)没

写真転用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e3/Kamo_no_Chomei.jpg

戒名の説明

仏教において「蓮」は「睡蓮」を意味します。睡蓮は、決してきれいとは言えない環境(泥)の中に咲く花であり、泥とはまさしく「現世」、そして睡蓮は「悟り」を象徴しているのです。私達がイメージする仏は、睡蓮の上に座っておられますし、燭台や香炉など仏教には欠かせない道具に睡蓮のデザインは欠かせないものになっています。仏教に帰依し、仏教思想を反映させた著作も多い鴨長明。彼は自身が仏の子であることを強く望んでいたのでしょう。

人物の紹介

鴨長明-Wikipedia

鴨 長明(かも の ちょうめい、久寿2年(1155年) – 建保4年閏6月10日(1216年7月26日))は、平安時代末期から鎌倉時代にかけての日本の歌人・随筆家である。俗名はかものながあきら。禰宜・鴨長継の次男。位階は従五位下。

「文人/学者」として活躍した有名人の戒名

樋口一葉の戒名
智相院釋妙葉信女
牧野富太郎の戒名
浄華院殿富嶽頴秀大居士
大濱信泉の戒名
大闊院殿徹翁信泉大居士
斎藤茂吉の戒名
赤光院仁譽遊阿暁寂淸居士
平賀源内の戒名
知見靈雄居士
椿椿山の戒名
淸相院法随

↑ページの先頭に戻る