全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

居士・大姉

31件中 1件~10件を表示しています

津田宗及 戒名(法眼受世宗及居士)

津田宗及 戒名(法眼受世宗及居士)

津田 宗及(つだ そうぎゅう、生年不詳 - 天正19年4月20日(1591年6月11日))は、安土桃山時代の堺の商人、茶人。「天王寺屋宗及」とも。名は助五郎、号は天信、幽更斎。千利休・今井宗久とともに

»津田宗及 戒名(法眼受世宗及居士)…の続きを読む

雲龍久吉 戒名(雲山玄龍居士)

雲龍久吉 戒名(雲山玄龍居士)

龍は吉兆を示す空想上の動物ですが、人並み外れた能力を持つ人物を表す意味でも用いられます。「玄」は赤みを帯びた深い黒色を指し、転じて趣が深く優れている意味でも用いられます。横綱土俵入り「雲龍型」の創始者

»雲龍久吉 戒名(雲山玄龍居士)…の続きを読む

谷風梶之助 戒名(釋姓谷響了風居士)

谷風梶之助 戒名(釋姓谷響了風居士)

谷風 梶之助(たにかぜ かじのすけ、1750年9月8日 - 1795年2月27日)は、仙台藩・陸奥国宮城郡霞目村(現・宮城県仙台市若林区霞目)出身の元大相撲力士。本名は金子 与四郎(かねこ よしろう)

»谷風梶之助 戒名(釋姓谷響了風居士)…の続きを読む

佐藤春夫 戒名(凌霄院殿詞誉紀精春日大居士)

佐藤春夫 戒名(凌霄院殿詞誉紀精春日大居士)

佐藤 春夫(さとう はるお、1892年(明治25年)4月9日 - 1964年(昭和39年)5月6日)は、近代日本の詩人・作家。艶美清朗な詩歌と倦怠・憂鬱の小説を軸に、文芸評論・随筆・童話・戯曲・評伝・

»佐藤春夫 戒名(凌霄院殿詞誉紀精春日大居士)…の続きを読む

大宅壮一 戒名(衆生院釈茫壮一大居士)

大宅壮一 戒名(衆生院釈茫壮一大居士)

常に大衆の目線から、大衆の心を代弁し続けた大宅壮一。茫々とは、果てしなく広々としている意。小柄でありながら、まさしく広々とした器を持つ人でした。

»大宅壮一 戒名(衆生院釈茫壮一大居士)…の続きを読む

牧野富太郎 戒名(浄華院殿富嶽頴秀大居士)

牧野富太郎 戒名(浄華院殿富嶽頴秀大居士)

小学校中退の身でありながら、独学で植物学や英語を修得し、理学博士の学位まで得た牧野富太郎。まさしく、富士のような秀でた能力を持ち、富(ゆたか)な人生を歩んだ人です。

»牧野富太郎 戒名(浄華院殿富嶽頴秀大居士)…の続きを読む

大濱信泉 戒名(大闊院殿徹翁信泉大居士)

大濱信泉 戒名(大闊院殿徹翁信泉大居士)

大濱 信泉(おおはま のぶもと、1891年10月5日[1] - 1976年2月13日)は、日本の法学者(専門は商法)・教育者。第7代早稲田大学総長(1954年 - 1966年)。旧名大濱 信陪。

»大濱信泉 戒名(大闊院殿徹翁信泉大居士)…の続きを読む

徳川忠長 戒名(峯源院晴徹暁雲大居士)

徳川忠長 戒名(峯源院晴徹暁雲大居士)

徳川 忠長(とくがわ ただなが)は、江戸時代初期の駿府藩主。江戸幕府第2代将軍徳川秀忠の三男。母は浅井長政の娘で正室の江。同母兄に第3代将軍・徳川家光。極位極官が従二位大納言で、領地が主に駿河国であっ

»徳川忠長 戒名(峯源院晴徹暁雲大居士)…の続きを読む

斎藤茂吉 戒名(赤光院仁譽遊阿暁寂淸居士)

斎藤茂吉 戒名(赤光院仁譽遊阿暁寂淸居士)

院号は、斎藤茂吉の処女歌集『赤光』から来ています。菩提寺の宗旨に則って浄土宗の誉号「仁譽」、時宗の阿号「遊阿」が入っています。「仁」は彼の温かな人柄を表したものであり、「遊」は「気の赴くまま」、あるい

»斎藤茂吉 戒名(赤光院仁譽遊阿暁寂淸居士)…の続きを読む

平賀源内 戒名(知見靈雄居士)

平賀源内 戒名(知見靈雄居士)

天才的なひらめきで江戸に新風を巻き起こし、あらゆる分野に才能を発揮した平賀源内。彼の素晴らしい能力を讃える戒名です。

»平賀源内 戒名(知見靈雄居士)…の続きを読む

31件中 1件~10件を表示しています

戒名の授与の料金一覧

↑ページの先頭に戻る