全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

四十九日法要の読経

houji_49

四十九日法要(49日法要)は、故人のご逝去から7日ごとに行う追善法要の最後にあたる大切な法要となります。
親類縁者を招いて丁寧な法要を行い、白木の仮位牌から本位牌へ魂を移します。
仏教において四十九日とは、泰山王(たいせんおう)による最後の審判によってあの世の行き先が決められる日だとされています。
亡くなってからあの世に行くまでのあいだの期間を「中陰」と呼び、この期間は49日間だといわれています。
また忌中にいる、つまり故人の冥福を祈って喪に服していた遺族にとっても、四十九日が過ぎると忌明けとなり、普通の生活に戻ります。
四十九日法要は、故人のご逝去から7日ごとに行う追善法要の7回目にあたるため「七七日法要」、中陰の期間が終わることから「満中陰法要」、この日をもって忌明けとなるので「忌明け法要」とも呼ばれています。

 

ご利用いただいたお客様の声

満足のいく形で供養ができて本当に良かったです。
とても分かりやすく、これなら「心配ない」と思いました。
まわりの友人に絶対薦めたいほど、とても満足しています
リーズナブルなのに、著名なお坊さんに来てもらい感激しています。
戒名をつけていただけたのは『お坊さん便』のおかげです。

ご依頼はこちらから

四十九日までの忌中、故人の冥福を祈って喪に服していた遺族も、喪に服す期間を終え、普通の生活に戻ります。四十九日法要は、他に、七七法要、満中陰法要、忌明け法要とも呼ばれています。

ご予約から四十九日法要までの流れ

①寺院予約

Webサイトのメールフォーム、またはお電話でご予約ください。

②寺院からのお電話

寺院から打ち合わせのお電話をいたします。四十九日法要(49日法要)に関するご質問などもこの際にお聞きください。

③四十九日法要の準備

四十九日法要のご準備をお願いします。四十九日法要に必要な物などは、寺院からのお電話の際にお聞きください。

④四十九日法要の読経

僧侶による四十九日法要の読経の後には、法話がございます。法話は、開眼法要(開眼供養)後になる場合もあります。

⑤本位牌開眼法要

四十九日法要で行われる法要です。本位牌を新しく購入した際に、白木位牌から、本位牌に魂を移す法要です。そのため、四十九日法要に間に合うように本位牌の手配が必要になります。
お坊さん便の手配とあわせて本位牌のご購入も可能です。お申し込みの際の電話受付、予約フォームでおっしゃってください。


本位牌のみのご購入を検討されている方はこちら(弊社通販サイトが別ウインドウで開きます)

⑥仮位牌お引取り

仮位牌をお引取りし、後日お焚き上げをいたします。 位牌の必要がない場合は行いません。

⑦仏壇開眼法要

新たに仏壇を購入した際に執り行われる法要です。仏壇に祀る本尊に魂を入れるために行われます。自宅飾りの撤去される四十九日法要のタイミングで仏壇を購入される方が多いです。
お坊さん便の手配とあわせて仏壇のご購入も可能です。お申し込みの際の電話受付、予約フォームでおっしゃってください。


仏壇のみのご購入を検討されている方はこちら(弊社通販サイトが別ウインドウで開きます)

⑧お墓へ移動

お墓に納骨される場合は墓地へ移動します。移動距離によらず別途+1万円を僧侶にお支払いただきます。

⑨お墓開眼法要

新たにお墓を建立された場合のみ、お墓の開眼法要(開眼供養)を行います。

⑩納骨法要

お墓に納骨される場合は、納骨法要を行います。※お墓に納骨を行うため墓石を動かす必要があります。お墓を管理されている墓地や霊園、石屋さんへ手配をお願いします。

⑪お布施のお渡し

白無地の封筒に、規定のお布施を準備し、僧侶に直接お渡しください。心づけなど規定外の費用は一切必要ございません。

ご依頼はこちらから

四十九日までの忌中、故人の冥福を祈って喪に服していた遺族も、喪に服す期間を終え、普通の生活に戻ります。四十九日法要は、他に、七七法要、満中陰法要、忌明け法要とも呼ばれています。

四十九日法要のよくある質問

四十九日法要には何をするの?

四十九日法要は、故人の魂があの世で生まれ変わる日です。また忌中にいた遺族にとっては、忌があける日でもあります。
法要では僧侶さまに読経をしていただきます。その間遺族から順番に焼香を行います。読経が終わったら、僧侶さまによる法話があります。
四十九日をもって、これまで使っていた白木の仮位牌から本位牌に移すため、本位牌の開眼法要も執り行われます。
四十九日法要にあわせて仏壇を新たに購入した場合は、仏壇の開眼法要を行います。また、お墓を建立した場合はお墓の開眼法要、納骨される場合は納骨法要も行われます。
すべての法要が終わった後には、忌明けの会食(お斎:おとき)を行うのが一般的です。

四十九日法要に招く人は?

葬儀の場合は、故人の友人・知人など故人と縁のあった方々を広くお呼びしましたが、四十九日法要は、故人に近い親族のみを招いて行うことが一般的です。
お招きするのは故人の四親等以内が目安となりますが、家や地域の慣例によっても異なるので、事前に相談されたほうがいいでしょう。

四十九日法要にかかる費用は?

四十九日法要では、法要をお願いした僧侶さまにお支払するお布施を包む必要があります。
その他に、新しく魂を入れるための本位牌に加え、法要会場や会食(お斎)の料金、出席していただいた方への引き物の費用が必要になります。四十九日法要の案内状を作成する場合は、その代金も必要です。
また、新たに仏壇やお墓を持つ場合は、これらの購入代金の他、石屋さんの作業料が必要になります。

四十九日の引き物にふさわしいのは?

法要に出席いただいた方へのお礼を「引き物」といいます。
四十九日の引き物は、あとに形が残らずに、日常生活でよく使われるものが好まれます。これは「不祝儀が残らないように」という考えの名残からきているそうです。
たとえば、お茶、珈琲、海苔、調味料、お菓子などの食品や、石鹸、洗剤、タオルなどの消耗品がよく選ばれています。
最近では、かさばらずに持ち帰ることができ、好みにあわせて選ぶことができるカタログギフトも人気です。

四十九日はいつから数えるの?

故人が亡くなられた日を1日目として数えます。いわゆる「数え」の考え方で計算します。
関西では亡くなられた日の前日を1日目として数えるところもあります。

四十九日前にお盆が来る場合は?

一般的に、四十九日の忌明け前にお盆が来る場合は、翌年のお盆を初盆(新盆)とします。
そのため初盆の前に一周忌が来ることになりますが、地域によっては、一周忌を迎えたあとのお盆を初盆とする場合もあります。
どちらになるかは、お寺さまにご相談ください。

四十九日にはどんな意味があるの?

仏教には「四有」という考え方があります。これは輪廻転生のサイクルを4つにわけたものです。
人間が生まれる瞬間を「生有(しょうう)」、この世で生きている間を「本有(ほんぬ)」といいます。亡くなった瞬間が「死有(しう)」となり、亡くなってから次の生(あの世での生)に向かうまでの間が「中有(ちゅうう)」です。
中有は中陰とも呼ばれ、この期間が49日となります。そのため、四十九日は中陰の期間が終わるので「満中陰」とも呼ばれるのです。

四十九日法要はいつやるのがよい?

基本的には四十九日法要は四十九日に行うのがよいでしょう。やむを得ず日程を変更する場合は、早めるのは構いませんが、遅くするのはよくないとされています。
例えば四十九日が平日に当たる場合、出席者の日程をあわせるのが難しいという理由から、四十九日の直前の土日祝日を選ぶ方が多いようです。
また、四十九日法要までの期間が3つの月にまたがるといけないという迷信から、故人の命日が月末だった場合に四十九日法要を1ヵ月程度前倒しで行われることもあります。「始終苦(四十九)」が「身付き(三月)」になるという語呂合わせからきているものですが、単なる迷信のため、そこまで気にしなくて構わないでしょう。

父の四十九日と祖母の七回忌は一緒にできますか?

七回忌以降の年忌法要同士は重なった場合、一緒に行うことはできますが、四十九日法要は大きな節目となる大切な法要になるため、他の方の年忌法要と一緒に行うことはしません。
ただし、それぞれの法要をわければ、同日に行うことはできます。お寺さまによっても対応や考えが違うので、相談されたほうがいいでしょう。

お墓はいつまでに必要ですか?四十九日法要で必ず納骨しなくてはいけませんか?

先祖代々のお墓がある場合や、納骨場所が準備できている場合は、忌明けである四十九日法要にあわせて納骨を行うのが一般的ですが、必ずしも四十九日に納骨しなければいけないわけではありません。
ご遺族の気持ちの整理がついてから、お墓の準備をはじめても遅くはありません。
新たにお墓を建立する場合は、一周忌法要や三回忌法要の際に、お墓の開眼法要とあわせて納骨を行うことも多く、またお彼岸やお盆にあわせることもあります。

 

houji_49

 

ご依頼はこちらから

四十九日法要では、位牌を、仮位牌から本位牌へ移しますが、お仏壇や、お墓も、この四十九日法要に合わせて準備・購入される方が多いようです。
↑ページの先頭に戻る