全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

戒名の授与

各宗派の戒名を授かることができます

戒名には階級があり、「信士・信女(しんし、しんにょ)」が一般的で最も多くの人が授かる戒名です。
それより上は「居士・大姉(こじ、たいし)」、「院居士・院大姉(いんこじ、いんたいし)」、その他、各宗派で異なった戒名があります。
順に戒名料が上がっていき30万円程度、50万円程度、100万円程度が一般的に相場のようですが、地域や寺、宗派によって異なります。
「お坊さん便」では信士・信女の戒名を2万円で授与することができます。

 

戒名料一覧

お坊さん便では、格安の費用で戒名を受け取ることができます。
ご自分の宗教に合わせてご希望をお申し付けください。

 

戒名授与の流れ

電話orメールで戒名依頼
戒名が必要な方は、当社の依頼フォームかお電話にてご依頼ください。
依頼後、お坊さんからご連絡
担当の僧侶から電話がきますので、戒名についての打合せを行います。
振込でお支払い
お坊さんの指定の口座に入金が出来ましたら、正式依頼となります。
戒名授与
お坊さんが戒名をお付けし、授与証と合わせて郵送いたします。

※戒名のみの依頼の場合、お坊さんとは電話のみでのやりとりとなります。
※葬儀の読経とセットでご依頼の場合は、お布施は手渡しになります。

 

こんなに安くてちゃんと戒名が付けてもらえるの?
はい、もちろん問題ありません。当社の信頼基準に従い、正式に僧籍をお持ちのお坊さんのみをご紹介差し上げています。戒名の授与後には、僧侶から授与証をお客様に発送しますのでご安心ください。
戒名授与の際にこちらで準備することはありますか?
戒名被授与者様の生前のご趣味やお人柄等をお伺いし、故人様にふさわしい戒名をお付けいたします。特別な準備は必要ありませんので、僧侶との打ち合わせの際にお話しいただければ結構です。

 

 

戒名の階級

浄土宗、真言宗、曹洞宗、臨済宗、天台宗、日蓮宗

本来、戒名(法名)は二文字で表されます。どんな身分の人でも、仏の世界では平等であることが表現されています。
位牌に書いてある文字は、「院号、道号、戒名、位号」に分かれますが、全体を戒名と呼ぶことが多いようです。
院号
生前に一寺を建立するほど寺院に尽くしたり、社会的に高い貢献をした人に付けられます。
道号
戒名の上のつけられる名前ですが、号とか字(あざな)に相当するものです。
戒名
本来はこの2つの戒名の意味に相当する部分。俗名(生前)の名前から一字とって入れることが多いです。
位号
戒名の下につけられる位の意味では昔は階級を表していました。性別、年齢なども位号であらわされます。
位号の種類 位号の意味
信士・信女 一般的でもっとも多い名称 【例】▲▲◆◆信士(信女)
居士・大姉 特に信仰心が篤い者    【例】▲▲◆◆居士(大姉)
一般的な戒名の最高位   【例】●●院▲▲◆◆居士(信女)
 

浄土真宗

浄土真宗は、戒名ではなく「法名」といい、これはお釈迦様の弟子という意味です。
法名に必ず使われている「釈」の字はお釈迦様の「釈」からとったもので、女性につけられる「釈尼」の尼は
尼僧のことではなく、仏教に帰依した女性だということをあらわしています。

釋□□、○○院釋□□のように、釋を含めて法名は3文字か6文字から成ります。以前は女性の場合、釋尼□□とつけられていた風潮がありました。
他の宗旨と同じように、「院号」はつけられる場合はありますが、浄土真宗では、全ての人は平等という考え方から、道号や位号がありません。

法名の種類 法名の意味
釋/釋尼 釈迦の略で、お釈迦さまの弟子、すなわち「釈尊の家系に入る」という意味で釈(釋)の字を姓とします。
【例】釋□ □
院釋/院釋尼 浄土真宗では位号である信士(信女)や居士(大姉)は授与しませんが、地域的な慣習や各寺院の内規によって先祖に位号が付いている場合に授与します。 【例】○○院釋□□居士(大姉)

 

戒名のよくある質問 

戒名ってなに?どうして付けるの?

大部分の方は、戒名(法名)と言えば「人が他界した際に付けられる名前」と解釈していることでしょう。これも決して誤りではありません。しかし、元々「戒名」「法名」は仏教に帰依した僧侶や信者のみに与えられる名前でした。

現代の日本における戒名としては、僧侶が出家する際に師僧からつけられる出家者の戒名と、死後に付けられる順修戒名、そして出家していない人が在家の仏教者としてつけられる生前戒名(逆修戒名)の3種類があります。これらのうち、私達にとって最も身近なのが2つ目の順修戒名と言えるでしょう。

それでは、どうして出家をしておらず、仏教者でもない人が、亡くなってから戒名を授かるのでしょうか。それは、死後に戒名をつけられることで、僧侶として死後の世界に旅立つことが出来るという思想に由来しています。つまり、駆け込み出家の形で僧侶としてあの世へ向かうことで、仏の力にあやかって極楽に往生する、悟りを開くという希望が込められているのです。

戒名と法名は違うのか?

戒名とは、その名の通り「戒」を受けて授けられる名前です。しかし、浄土真宗には「戒」が存在しません。その代わりに、得度式を経て僧侶になった者、もしくは帰敬式を受けた者に対して与えられる名前として法名が与えられるのです。

一般的には、宗派による呼び名の違いと捉えて差し支えありません

戒名は必ず必要なのか?

勿論、必ず付けなければいけないというものではありません。

仏教徒以外はもちろん、仏教徒であっても必ず授からなければならないというものではないのです。

現在使われているような葬儀用の戒名が世間に広まったのは近世以降で、それ以前の戒名といえば出家得度しなければ授かれないものでしたし、出家しないでつけてもらうにしても身分の高い人や権力者に独占されており、とても民衆が授かれるものではありませんでした。

当時、戒名を授かるためには修行が必要なだけでなく、多額の費用や寺院への貢献が必要だったのです。

戒名は、仏教的な死生観に基づいて授かるものですから、そういった思想を持っていない人、仏教の教えによる来世観や救済観に意味を感じない人などには必要ないと言えます。

仏教に興味がない人には、戒名は不要なのです。

戒名はいつ・どこで使うか?

現代社会における一般的な日本国民であれば、大部分の人が葬儀の前に戒名をつけられます。そして、この戒名は下記のような4つの場面で使われるのです。

  1. お葬式で引導を授ける時
  2. 位牌に書き込む時
  3. お墓(墓誌)に彫刻する時
  4. 寺院の過去帳に書き込む時

戒名の付け方の構造とは?

元々の戒名というのは二文字で、生前の名前である俗名から一文字、仏典から一文字取ってつけるというのが一般的でした。しかし、現代においては戒名の前後に院号や道号、位号などが付帯し、それら全体を戒名と呼んでいます。

「○○院××△△居士」という戒名の例を見てみましょう。まず「○○院」が「院号(印伝号)」であり、その次にある「××」が道号、さらにその後の「△△」が戒名(法名・法号)、最後の「居士(大姉・信士・信女など)」が「位号」と呼ばれるものです。

通常、戒名といえばこの全体を意味しますが、元々の戒名は位号の前にある漢字二文字のみであり、その他は社会的な地位や財力を表す修飾文字になります。つまり、文化的な都合でふ化されるようになったものなのです。

以下に、それぞれの意味を簡単にまとめておきます。

「院号」
◆当初は皇族のみに許される最高位の称号でした。時代の流れに沿って、皇族でなくとも私財を投じて寺院を建立するなど大きな貢献を残した人にも授与されるようになりましたが、それでも一国の大名や家老以上の身分でないと適いませんでした。ところが、現在では寺院の運営に貢献した人や社会的に偉大なる業績を上げた人、もしくは金品の寄贈などがあった人などに広く授与されるようになっています。

なお、院号よりも上位の呼称として「院殿号」がありますが、これは足利尊氏が「等持院殿」と称したことが起源と言われています。元々は院号に次ぐ称号でしたが、現代においては字数が多いところから、院号よりも上に位置付けられています。当初は文字通り殿様や大名にだけ授与されていましたが、現代に置き換えれば首相や大臣経験者、大企業の社長などがそれに相当し、実際にこういった人達の多くが「院殿号」を与えられています。

「道号」
◆戒名の上につけられる称号。生前の人柄や職業、趣味、特技等をイメージさせる文字を用いることが多く、例えば作家など執筆活動を行なっていた人の場合には大部分が「文」の字を当てています。

元々の道号は中国で使われていた尊称で、主に仏教を修得した高僧に授けられるものでした。

「戒名(法名・法号)」
◆「○○院」から始まり「居士(大師・信士・信女など)」で終わる一連の文字を「戒名」と呼ぶことが多いですが、本来の戒名はこの2文字のみでした。前述の通り、生前の俗名から一文字、仏典から一文字取ってつけられます。

「位号」
◆戒名の下につけられるもので、仏教徒としての階級を意味します。性別や年齢で称号が変わり、男性の場合には「信士」「居士」「院居士」、女性の場合には「信女」「大姉」「院大姉」などがあり、児童や未就学児には「童子」「童女」(7歳~15歳程度)、乳幼児には「孩子」「孩女」(2歳~6歳程度)、「嬰児」「嬰女」(0歳~2歳程度)がつけられます。
なお、流産・死産した子につけられるのは「水子」です。

位号にも位があるのか?

位号を位の低い方から高い方へと並べてみると、以下のようになります。

「信士・信女」→「居士・大姉」→「院居士・院大姉」
※その他、各宗派で異なった戒名があります。

「信士・信女」
◆5つの戒律を守る清信の仏弟子に授与される呼称。

「居士・大姉」
◆かつては貴族や武家の家柄にのみ許されており、一般には付けられない位号でしたが、現在は、人格や人徳に優れ、一般の信徒に比べて信仰心が篤く、社会や教団、菩提寺に貢献をした成人男女にも付けられるようになりました。

「院居士・院大姉」
◆退位した天皇が移り住んだ御所を「○○院」と呼んだことがはじまりで、後に、社会的身分の高い方や社会に対して特別な貢献をした方、檀家となっている寺院に対して特別大きな貢献をした方の他、仏教への信仰心が大変篤く、一寺院を建立するほどの貢献をした方などにも付けられるようになりました。さらに高貴な尊称として、時の権力者が用いた「院殿号(いんでんごう)」もありますが、一般的な戒名に付けられる尊称としては、「院」が最高位と言えます。

宗派による戒名の特徴とは?

戒名によく付けられる文字は、各宗派によって違いがあります。

浄土宗には、この宗派独自のものとして「誉号」があり「○誉○○」という形で表されます。

日蓮宗系では「日」や「妙」「法」「蓮」「華」がよく使われており「○○日○」という形で表されます。

浄土真宗においては「道号」「位号」「法名」は用いず「法名」の上に「釈号」を付け、男性であれば「釈○○」、女性であれば「釈尼○○」となるのが通常です。この「釈号」は、お釈迦様の弟子であることを示しています。

真言宗では、大日如来を表すサンスクリット文字の「ア」を戒名の頭に付けることが多いです。

なお、天台宗、曹洞宗、臨済宗には、特有の文字をつける傾向はありません。

戒名は誰がつけるのか?

戒名の授与には、下記のような4つのパターンが考えられます。

  1. ◆檀家となっている寺院の僧侶による授与。
  2. ◆檀家ではないが、付き合いがあり、教えを説いて頂いている僧侶・師僧による授与。
  3. ◆自分でつける(自誓戒)
  4. ◆葬儀に手配された僧侶による授与。

先述の通り、戒名とは本来、戒律を受ける際に本人のことをよく知る戒師(仏教の先生・師僧)から授けられるものでした。

ところが、現在のように普段は寺院との付き合いがなく、葬儀になって初めて紹介された僧侶、もしくは近所の寺院の僧侶から形式的な戒名を頂くという4つ目のパターンが最も多く見受けられるところかもしれません。

なぜ死者に戒名をつけるのか?

亡くなった人に「戒名」や「法名」を授ける習慣は、日本以外の国にはない独特の仏教文化と考えられます。

本来は生前に授かる戒名を死後に受けるという方式が、いつどうやって始まったのかも分かっていません。

但し、亡くなる直前に僧形になって仏の加護を受けるという考え方は遥か昔からあり、位の高い人達の間で伝統的かつ盛んに行なわれていました。それが平安期の末法思想や十王信仰、地蔵信仰の全盛と重なり、日本独自の葬送儀礼が誕生するに至ったのです。

つまり、日本における戒名は大衆と僧侶が共に生み出してきた文化遺産とも言えるものであり「民衆を救いたい」という仏教における慈悲の思想と「死後の世界への恐怖を解消したい」という大衆の願いとが相互に作用して誕生した文化と言えます。「戒名」は、私達の祖先が千年以上に亘る歴史の中で育んできたものなのです。

戒名を付けるときはどんな文字を付けるの?

現在における戒名は、俗名と呼ばれる故人の生前の名前から一文字取ってつけられます。また「道号」には、生前の人柄や生き様を表す文字が使われるのが一般的です。

最近では『戒名大辞典』という書籍や『法名戒名作例大辞典』というCD-ROMも発売されており、僧侶も参照しているといいます。戒名に使用出来ない文字というのは基本的にはありませんが、なるべく使わない方が良い、戒名に適さないであろう文字は存在します。そんなに難しい決まりはありませんから、常識的に見てイメージが良くない文字や表現、難字や奇字を避ける程度で良いのです。

なお、世間では「良い文字を用いると戒名料が高くつく」などと言われることがありますが、そんな事実はありません。仏教の精神に基づけば、絶対にあってはならないことです。

戒名や法名は漢字に限らず、平仮名や片仮名を使っても構いません。戒名はインドで発祥したものだからです。文字の形は本質的な問題ではありません。つまるところ、常識的な見地に立って文字を選べば良いのです。

戒名は男性と女性では違うのか?

戒名も名前の1つですから、老若男女で違いがありますし、生前の人となり、社会的地位や立場、背景などを表す文字が当てられます。しかし、戒名によって仏教の救いに格差が生じるということはありません。

例えば、俗名では、立派な名前だから頑張りもせず成功を収められるとか、利益が増えるなどということはあり得ません。それと同じく、良い戒名がついただけで救われるということもないのです。

また、日本では戒名に居士・大姉・信士・信女などの位階がつきますが、これらも仏教の救いという面から見れば、何の違いもありません。あくまでも、寺院にどれだけ貢献したかという証しでしかないのです。

自分で勝手に戒名をつけていいのか?

「戒名は誰がつけるのか?」の項目でも書いた通り、自分で戒名をつけることを「自誓戒」と言います。この自誓戒は「普段、仏教や寺院に関わりはないけれど、お葬式では伝統に従わなければ」と考える人たちに多く見受けられます。ただ流れのまま伝統に従うのも納得がいかないので「せめて戒名くらいは自分でつけたい」と行動を起こすのです。これは、無宗教であると認識している多くの日本人に当てはまる課題であると言えます。拠り所となる来世観や死後の世界観をイメージ出来ない人たちが、宙ぶらりんな状態のまま伝統に従うしかない空しい現実の表れと言えるのかもしれません。

戒名料の相場は?

大本山とか総本山と呼ばれる地位の高い寺院を除きますが、通常、戒名料と言われるものには、戒名の命名料だけでなく、お通夜や本葬における読経料なども含まれています。しかし、実際には読経の回数は僧侶によって違いますし、経費についても依頼する寺院の規模や宗門内における地位などによって変わってくるため、一概に「戒名料の相場は○○円」と言えるものではありません。

よく、著名人が亡くなると「戒名料は1000万円」「これが数百万円の戒名だ」などと報道されることがありますが、並外れた金額だからこそ話題に上るのであり、一般的な戒名料からはかけ離れたものであると捉えるべきです。無論、その金額には法要にかかる経費等も含まれています。

ごく一般的な地方の寺院で言えば、導師に10万円、衆僧には1人当たり5万円程包むのが通例であり「信士・信女」つきの戒名で5万~20万円「居士・大姉」つきで5万~30万円、そして「院号」つきで50万~100万円といったところが、大体の相場と考えて良いでしょう。但し、都市部になればこれより何割か高くなります。

実際の金額を知りたいのであれば、旦那寺や詳しい人に聞いてみるのも良いでしょう。そういった伝手がない場合でも、葬儀会社に希望額を伝えれば考慮してくれます。

戒名料を高いと思うか、そうでないかは、その人の仏教に対する考え方に起因していると考えられます。仏教に全く関心がなければ金額を問わず「無駄なもの」に過ぎませんし、逆に仏教を信仰している人や知識を深めたいと考える人であれば、適切な額が自ずと見えてくるはずです。

戒名の字数は多いほど尊いってホント?

先述の通り、戒名は元々2文字でした。時代の流れと共に修飾語が付帯され、現代においては六字戒名や九字戒名が通例になっています。さらに、文字数が多いほど社会的地位や財力が上であることを示すような流れまで出てきて、僧侶側の「お布施は高い方が良い」という背景も重なり、語感や外観、意味に価値を持たせて高額の戒名料を取る現実があるのは事実です。

もちろん、これは仏教における戒名の意味からすれば、あってはならないことですし、仏教の教えに反することとも言えます。戒名の字数が多いほど尊いというのは全くの嘘です。文字によって金額が変わるというのも誤り、文字数には何の意味もないことであると理解しておきましょう。

戒名料は住職の収入になるのか?

戒名の授与は宗教活動の1つに当たり、もちろん寺院の収入になります。しかし、寺院の収入がそのまま住職の収入になるわけではありませんから、戒名料が住職の懐に入るわけではありません。

しかし、多くの寺院は住職の手で運営されていますから、寺院の収入=住職の収入となる場合も少なくないでしょう。

その上、税金面で優遇されている宗教法人となれば、高額の戒名料を不当に請求する僧侶もいて、ニュースになることもあります。但し、それはごく一部に過ぎず、大部分の寺院は兼業寺院でないと運営していけないのが現状です。参考までに、寺院専業の場合には、400軒ほどの檀家がないと切り盛り出来ないと言われています。

戒名がないとどうなるか?

戒名がなければ、仏教における「成仏するための条件」が整っていないということになります。戒名は仏教徒であることを示すものであり、それを持って修行に励み、仏教が説く救済の世界に向かうのです。つまり、戒名がなければ仏教的な救済を受けられず、成仏が出来ないということです。

ペットの戒名はあるんですか?

道理から言えば、ペットの戒名は存在しません。今まで述べてきた通り、戒名というのは仏教に帰依してきた人につけられるものだからです。最近では、ペット専用の霊園や墓地も数多くありますが、戒名については仏教の本質に関わる問題となるため、戒名という言い方で犬や猫に命名している寺院はないようです。

但し、あくまでもペットの供養という観点から、戒名に似せたものを作って位牌に刻んでくれるところはあると言います。

 

ご依頼はこちらから

↑ページの先頭に戻る