全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額料金で手配

1.お盆・初盆

1.お盆・初盆

ここでは、お盆(初盆、新盆)の準備や概要について解説していきます。

1.お盆とは

お盆とは、故人を祀る儀式のことです。サンスクリット語の「盂蘭盆(うらぼん)」「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という仏教用語に由来しており、旧暦の7月15日に実施されます。

その昔、お釈迦様の弟子の一人が、亡くなった自身の母親があの世の「餓鬼道」という場所で飢えにもがいて極楽浄土へ旅立てずにいることを知りました。その旨をお釈迦様に相談したところ、7月15日に食べ物や供物をたくさん捧げて供養しなさいと諭されたと言います。お釈迦様の助言に従ったところ、その母親は無事に往生できたという話が伝わっています。現在でも、供物を手向け、死者の供養を願う仏教行事として浸透している所以がここにあります。

[お盆の時期や期間について]

地域によって、お盆の時期や期間には違いが見られますが、7月もしくは8月の13日より4日間にわたって実施されます。

ところで、中国の道教においては、時期を同じとする7月15日頃に「中元」という行事が実施されます。

道教では「天」「地」「水」三人の神様が誕生した日が定められており、それぞれの日に合わせて「三元(上元・中元・下元)」という儀式が営まれます。中元とは「地」の神様が生まれた日で、これまでの罪を懺悔し、火を焚いて祈りを捧げる儀式が行なわれます。

同じ時期に仏教のお盆も行なわれるため、日本では三元のうち中元だけが伝わり、故人を供養し、お世話になった方に贈り物を届ける習慣がいつしか「(お)中元」と呼ばれるに至ったのです。

日本においては、お盆に「迎え火」「送り火」といって火を焚く習慣があり、これに由来していると考えられます。

現在の日本では、お盆は「死者が年に1度この世に帰ってくる日」と信仰され、儀式が行なわれています。

[お盆に行なわれる主な行事]

※お盆の行事は、7月もしくは8月に行なわれ、前者は旧暦、後者は新暦に従っています。

・13日……死者をお迎えする「迎え火」を炊きます。

・16日……死者をお送りする「送り火」を炊きます。

・お墓とその周辺の掃除をし、お墓参りをします。

・「精霊棚(しょうりょうだな)」及び「盆棚(ぼんだな)」を飾ります。

・盆提灯を飾ります。

・僧侶をお招きし、故人の供養を願って法要を実施します(特に、初盆・新盆)

上記にご紹介したのは、ごく一般的とされるものです。お盆に行なう儀式は地域によって違いが見受けられます。例えば「精霊流し」や「灯篭流し」はその一例です。

2.初盆・新盆の法事・法要の準備~精霊棚の飾り付け~

告別式を終えて四十九日が経ち、初めて迎えるお盆のことを「初盆(はつぼん)」もしくは「新盆(にいぼん)」と言います。

四十九日よりも先にお盆が来る場合は、翌年を初盆とします

初盆では、親族のみならず知人や友人も参列し、僧侶の読経や一同による焼香を終えた後、精進料理が振る舞われます。

寺院にとっては繁盛期となりますから、一ヶ月以上前に予約を入れておくのが確実です。

[精霊棚について]

「精霊棚(しょうりょうだな)」とは、お盆の際に供養を願って行なう飾りつけのことです。

あくまでも、故人の供養を願う気持ちが大事なのであり、何もかもしきたり通りに行なわなければならないものではありません。ここでは、ごく一般例を取り上げていきます。

◆精霊棚を飾る時期
8月12日頃に飾るのが通例です。

仏壇から位牌を取り出し、飾りつけを行ないます。その後、仏壇の扉は閉めた状態にしておきます。

◆最初に棚を備えつける。

「真菰(まこも)」を敷いた棚を用意し、台の四隅に笹で出来た支柱を立て、笹の上部に縄を張って作るのが本来のものですが、足の付いた台にそれぞれ背の高い笹を括りつけ、そこに綱を渡すという簡易な方法でも良いでしょう。

◆盆花を飾る

盆花は、地域によって違います。主なものとしては、ほおずきや栗の葉、ガマの穂、枝豆、サトイモ、粟、桔梗、みそはぎなどが挙げられます。

逆さに吊るすのが一般的ですが、花立てに飾る地域もあります。

◆棚の上の飾りつけ

最前列に旬の食べ物やお供え物を飾り、その後ろには燭台、香炉、鈴、さらにその後方には仏茶器、仏飯器、高坏が飾られます。位牌は棚の中央に配置します。

◆様々なお盆のお供え物

「水の子」と呼ばれる、お盆特有のお供え物をご存知でしょうか。これは、賽の目に切った茄子、もしくは、賽の目に切った胡瓜と茄子を洗ったお米に混ぜたものを蓮の葉に飾ったものです。蓮の葉が無い場合には、お椀で代用できます。賽の目に切った茄子やお米は、百八つの煩悩を意味していると考えられます。

◆胡瓜の馬と茄子の牛

お盆には、胡瓜で作った馬、そして茄子で作った牛も飾られます。胡瓜の馬には「早くお迎えしたいので、どうぞ馬に乗っていらっしゃって下さい」というメッセージが、そして茄子の牛には「お帰りの際には、牛に乗ってなるべくゆっくりとお戻りください」というメッセージが込められています。

なお、馬や牛を真菰(まこも)というイネ科の植物で編み、それを飾る地域もあります。真菰は、古事記や日本書紀と言った日本古来の書物にも登場しており、出雲神社のしめ縄にも用いられているものです。古くから神事や仏教行事に使われているこの植物は、仏教においてもお釈迦様が病人を治療する際に真菰で編んだ筵(むしろ)に寝かせていたという話があり、盆舟や盆ゴザの原料にも使われています。

[盆提灯について]

故人の魂が迷わず戻ってこられるよう、目印となるのが盆提灯です。盆提灯には「白提灯」と「絵柄の入った提灯」という2つのタイプがあり、このうち「白提灯」は初盆(新盆)専用となります。

盆提灯といえば、昔は喪家の親戚が購入するのが通例でした。しかし、現在では住宅事情やスペースなどの問題があり、不祝儀袋に「御提灯代」を入れて遺族に渡し、そのお金で喪家が必要な個数を購入するというシステムに変わってきています。

白提灯については、お盆が終わったら送り火と共に燃やしたり、菩提寺に供養を依頼したりするため、1つだけ購入すれば良いと考えられます。玄関先、もしくは縁側の軒先などに飾りましょう。

一方、絵柄の入った提灯については、精霊棚あるいは仏壇の左右に飾るものですから、複数個必要になります。こちらは、お盆が終わっても供養せず、箱に入れて保管しておき、毎年使います。片付ける前に埃を払い、よく拭いておきましょう。防虫剤を入れた方が良いものもあります。

なお、納骨は四十九日あるいは百か日法要に併せて実施されるのが通例です。忌明けとなる四十九日に納骨も行なわれることが大半です。

★以下に、お盆の法要に関する遺族の準備について解説しています。

法事・法要の準備(遺族)

寺院の予約、返礼品の準備、会食の手配などを行ないます。
7月にお盆を行なう地域と、8月にお盆を行なう地域があります。

1.お盆のスケジュール

時期

準備するものと内容

〜1ケ月以上前までに

寺院の予約
(詳細は下記4参照)

寺院にとって、お盆は繁盛期にあたります。
先方の都合を伺い、予約しましょう。

〜12日までに

お盆用品の購入・組み立て
[初盆・新盆の場合]
灯篭、盆提灯の購入
精霊棚の組み立て
お供物の準備など

[2年目以降]
精霊棚の組み立て
お供物の準備など

盆提灯を箱から出し、組み立てます。
この時点では飾りつけは行ないません。

蝋燭やお線香など新たに購入するものはこの時期までに準備しておきます。迎え火や送り火を炊く際に必要となる松の割木も、購入します。

時期

準備するものと内容

13日

お迎えの日(迎え火を焚く日)

[午前中]
精霊棚の飾り付け
お供物・盆花のお供え。

・位牌を仏壇から精霊棚中央へと移します。
・精霊棚の飾り付けを行ない、お供物や盆花をお供えします。

[日中]
お墓参り

・地域によっては、お墓まで霊をお迎えに行くという風習があります。お墓参りをし、墓前で提灯に火を灯します。そして、可能であればその火を消さぬよう自宅まで持って帰ります。

[夕方]
迎え火を焚く
提灯に火を灯す

・松の割木や麻幹(おがら)を焚き、迎え火をします。
・盆提灯に火を灯します。(日中、お墓から火を灯した提灯を持ち帰った場合を除く)

14〜15日

お墓参り
法要及び会食

・お盆期間中、ぜひ一度は家族揃ってお墓参りを実施したいところです。
・初盆に僧侶を招いて読経を行なう法要は、14日~15日に実施されます。
・故人の魂が帰ってきている間は、灯明を絶やさぬようにし、水や食べ物は毎日新しいものと取り替えます。

時期

準備するものと内容

16日

お送りの日(送り火を焚く日)

[午前中]
最後のお供えものをする

・故人の魂が家で過ごす最後の朝となります。心をこめてお祈りしましょう。

[夕方]
送り火を焚く

・「また来年もいらっしゃってください」という願いをこめてお送りします。初盆・新盆で使用した白提灯は送り火と共に燃やすか、菩提寺に供養を依頼します。

法事・法要の準備(遺族)

2.寺院への連絡

・特に初盆の場合には、できるだけ早い時期に菩提寺に予約を入れます。

・先祖代々の墓をお願いしている寺院を菩提寺と言います。菩提寺がない場合には、お葬式でお世話になった寺院に依頼をするとスムーズです。

・白提灯の供養方法についても確認をとっておきましょう。

3.会食の手配をする

・法要のあと会食を予定している場合には、料理の手配もしくは準備をします。

・仕出しなどを利用する際には、お祝いのイメージがある伊勢海老や、鯛などの食材は避けた方が無難です。予約の際にはお盆の法事である旨を伝えておくと良いでしょう。

4.案内状の手配

・親族のみで実施する際には、電話連絡でも可です。
・初盆(新盆)のみ、親族の他にも知人・友人にも参列頂くのが通例です。葬儀の際に記帳頂いた会葬者名簿を基に案内状を送付します。初盆(新盆)以外は、親族だけで実施します。

・初盆(新盆)や、会社関係などで実施される大規模なお盆の法要では、往復はがき(もしくは返信用はがきを封筒に入れて)で案内状を作成し、出欠を伺います。

 

 

法事・法要の準備(遺族)

5.返礼品の手配

・返礼品は、列席頂いた方に対するお礼の一つです。法要後に会食をもてなす場合には、この会食もお礼の一つになります。
・熨斗については、黒白もしくは双銀の結び切りの水引を用います。
・返礼品としては、生活消耗品や食品の他、タオルや石鹸など実用品を用いるのが一般的です。遠方から足を運ばれている方もいらっしゃいますから、かさ張るものや重いものは避けた方が良いでしょう。カタログギフトの利用も多くなってきています。2,000円~5,000円の範囲内で用意するのが通例です。

・返礼品における熨斗の表書きは「粗供養」「志」が一般的です。黒白か銀の結び切りの水引が使われます。

・法事の終了後に会食を振る舞わない場合には、折詰のお弁当と日本酒が入った小瓶を返礼品と共に参列者の方へお渡しします。

6.御布施(お布施)などを用意しておく

・僧侶にはお礼を用意しますが、法要後の会食(お斎)に同席頂ける場合にお渡しするのは「御布施(または御経料)」と「お車代」です。
一方、会食を遠慮されるようであれば「御布施(または御経料)」と「お車代」の他に「御膳料」も添えてお渡しします。

・金額の目安は以下の通りです(平成19年12月現在)
__御布施(または御経料)は、約30,000円。
__お車代は、5,000円~10,000円程度。
__御膳料は、5,000円~20,000万円程度。

・御布施を入れる封筒の表書きには、薄墨ではなく通常の濃い墨を用います。
半紙で中包みをし、さらに奉書紙を使って慶事の上包みを施すのが最も丁寧な形式とされますが、市販の白封筒でも結構です。郵便番号欄が印刷されていない、無地の封筒を使いましょう。

・御布施は、小さなおぼんに載せた状態で僧侶にお渡しします。直に手渡しや床に置くようなことは無礼です。お盆の準備もお忘れなく。

 

 

3.法事・法要の流れ

法事・法要の流れ(初盆の仕方)

法事・法要の流れに決まった型はありませんが、典型的な例について解説していきます。

式次第

新盆法要 仏式の作法など

1.僧侶入場

お仏前に僧侶が座る場所を用意しておきます。
遺族は、故人との関係が深い人ほど前の方に座ります。お仏前中央にあたる僧侶の真後ろには、施主が着席します。
僧侶が来たら、お仏前の中央にお招きします。

2.施主の挨拶

[施主の挨拶(初盆の挨拶)例]
「本日は、ご多用のところご列席くださいまして、誠にありがとうございます。それでは、これより○○○○(戒名)の初盆(新盆)の法要を執り行ないたいと思います。
(僧侶に顔を向けて) それでは、よろしくお願いします。」
開始の挨拶は、上記のように簡潔に行ないます。

3.僧侶の読経

 

4.ご焼香

施主から始め、前の方に座っている方から順に焼香を行ないます。

5.法話

 

6.僧侶退場

僧侶が退場される際に「御布施」と「お車代」と「御膳料」をお渡しします。但し、法要後の会食(お斎)に僧侶が同席される場合には、ここでの退場はなく「御膳料」は必要ありません。「御布施」と「お車代」を包んで会食(お斎)後にお渡しします。
僧侶がお斎を遠慮されるようであれば「御布施」「お車代」の他に「御膳料」もお渡しします。

封筒を直接渡すのではなく、小さな「おぼん」に載せた状態で僧侶に差し出します。「おぼん」も忘れず準備しましょう。

7.墓参り

墓地が遠方であれば、行ないません。

8.施主の挨拶
(会の閉じ方)

[施主の挨拶例]
「本日は、ご多用のところご列席頂き、誠にありがとうございました。父の一周忌の法要に、このような多くの方々にお越し頂いて、故人もきっと喜んでいることと思います。
皆様方には今後も故人同様お付き合い頂き、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。
心ばかりではございますが、別室にてお膳をご用意させて頂きました。お時間が許します限り、ごゆっくりくつろいでいらして下さい。本日は誠にありがとうございました。

4.法要後の会食「お斎(おとき)」

法事の終了後、施主が列席者を招待して行なう会食の場をお斎(おとき)と言います。

お斎を省く場合には、予め折詰のお弁当の小瓶を準備し、僧侶の読経が終わって施主が挨拶を行なう時のその旨を告げ、返礼品と共にお渡しします。

 

5.初盆に招かれたら(初盆の服装や持参する不祝儀(香典))

仏教においては、四十九日以降は熨斗袋の表書きが変わるのが特徴です。

四十九日が済んで初めて迎えるお盆が「初盆(新盆)」となりますから、不祝儀を送る際には熨斗袋の表書きは「ご霊前」から「御仏前(御佛前)」へと変化します。

盆提灯については、近親者から贈られる地域も見受けられます。

現在では、住宅事情やスペースなどの問題から現物ではなく現金を包む場合が多くなっていますが、提灯をお贈りする場合には地域によって風習が違いますので確認が必要です。例えば、関東では初盆のみ白い提灯を用いるしきたりがあります。また、喪家の家紋を入れる場合や、絵が入った提灯を用いる場合もあります。飾る日程を配慮し、お盆の1~2週間前には届くようにしたいものです。

喪家に飾るスペースなどの都合を伺った後で、喪家がある地域の仏具店や葬儀会社などに依頼すれば、その地域の風習に従った提灯を手配して頂けます。

 

↑ページの先頭に戻る