全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

1.法事・法要の案内状

ここでは、法事・法要の日時や場所を知らせる案内状の書き方について、具体的な文例を取り上げて解説いたします。あくまでもお知らせですから、そう堅苦しく考える必要はありません。

法事・法要とは、亡くなられた方の冥福を祈って、供養をする仏教の儀式です。

四十九日をもって、忌明けとなるのが通例です(地域によっては、五七日【いつなぬか】が忌明けとなる所もあります)。本来は、四十九日目まで七日ごとに法要がありますが、初七日と四十九日を除いては遺族のみで営まれるのが一般的です。

通常は四十九日をもって忌明けとし、この日以降は年忌法要となります。

 

▼1.亡くなってからの日数の数え方と法事の名称

亡くなってからの日数の数え方は、百か日の前後で変わってきます。

百か日以前の追悼法要については、亡くなった日を1日目とします。

(つまり、四十九日法要の場合、亡くなった日を1日目、翌日を2日目……と数えるため、亡くなった日の前日の曜日と同じ曜日に当たります。法要案内時の参考としてください)

また、一周忌のみ満一年目に営まれますが、それ以後の1年ごとの年忌法要については「年数-(マイナス)1年」と数えて実施されます。

ちなみに、毎年の亡くなった当日と同じ月日を指すのが「回忌」であり、祥月命日(しょうつきめいにち)と同義です。三回忌は二年目、七回忌は六年目に当たります。

四十九日法要や一周忌については、親族以外にも案内状を送付します。

(以下に表記した★印の法事・法要には、親族以外にも案内状を送付するのが通例になります。七回忌、及び十三回忌以降については、親族のみで営まれるケースが増えてきているようです)。

日取り決めの際、法事・法要を行なう予定の日が平日となる場合には、直前の土曜日もしくは日曜日にずらすのが通例です。

 

 

法要の名称
時期
案内状
日数の数え方










初七日 (しょなぬか)

7日目
(葬儀当日に行なわ
れることが多い)

 

亡くなった日を1日目として数えます。

ニ七日忌(ふたなぬ か)

14日目

三七日忌(みなぬ か)

21日目

四七日忌
(ししちにち) (よなぬか)

28日目

五七日忌 (ごしちにち) (いつなぬか)
三十五日 (さんじゅうごにち)

35日目

六七日忌
(ろくしちにち)(むなぬか)

42日目

七七日忌(しちしちにちき)(なななぬ か)
四十九日 (しじゅうくにち)
まれに七七忌とも。

49日目

百か日忌 (ひゃっかにち)

100日目

 

 



一周忌 (いっしゅうき)
一回忌(1回忌)とも言う

満1年目

亡くなってからちょうど一年目となる祥月命日(しょうつきめいにち)に営まれます。

三回忌 (さんかいき)

満2年目

「亡くなってからの年数-(マイナス)1年」と数えて実施されます。

つまり、三回忌が行なわれるのは満二年目、七回忌が行なわれるのは満六年目となるのです。

七回忌(ななかいき)

満6年目

十三回忌(じゅうさんかいき)

満12年目

 

十七回忌(じゅうななかいき)

満16年目

 

二十三回忌(にじゅうさんかいき)

満22年目

 

二十七回忌(じゅうななかいき)

満27年目

 

三十三回(さんじゅうさんかいき)

満32年目

 

 

※仏教式以外の法要、キリスト教式や神式については、前述の5.キリスト教式の追悼、神式の霊祭で詳しく説明致しておりますのでそちらの方をご参照ください。

【ワンポイント知識】法事・法要は、宗教はもちろん、宗派によっても違いがあります。例えば、浄土宗の法要には、仏教の法要(先述のような亡くなられた方を供養するための仏教行事)のみならず、浄土宗特有の儀式(主なものとしては御忌会が挙げられる)が存在します。

 

▼2.法事の案内状の書き方

通常、法事・法要の案内状やはがきの場合、文中に句読点は付けません(例文参照)。

法事の流れとしては、以下のようなものがあります。

1. 法要(僧侶による読経など)

2. お墓参り

3. お斎(食事)

4. 卒塔婆供養

5. 納骨

 

これらの流れについて、別ページにてそれぞれ紹介していきます。

↑ページの先頭に戻る