全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

1.四十九日

ここでは、四十九日法要の概要やマナーについて解説していきます。

▼1.四十九日の意味と、法事・法要の種類

仏教では、逝去されてから四十九日までを「中陰」と言います。
七日おきに法要が営まれ「初七日」「二七日(ふたなぬか)」「三七日(みなぬか)」……(以下略)といった呼称が付けられています。

この間は閻魔大王による裁きか七日おきに実施され、極楽浄土へ旅立てるか否かの判定が下されるのが四十九日目にあたり、この日が忌明けとなるのです。
遺族は、七日おきの裁きに合わせて法要を営み、故人の冥福を祈ります。閻魔大王の判定が少しでも良いものになるようにと遺族が祈りを捧げることで、故人の善行を足していくという意味があり、別名を「追善法要」とも言います。一方、四十九日以降の一年おきに行なわれる法要は「年忌法要」と言います。

「満中陰」とも呼ばれる四十九日が忌明けとなります。遺族は、この七日おきの裁きに合わせて法要を営み、故人の冥福を祈るのです。

但し、大部分のケースにおいて毎回僧侶をお招きして読経をして頂くわけではありません。僧侶に読経を依頼するのは、初七日、四十九日、百か日、一周忌、三回忌といった特に大きな節目となる時のみというのが一般的です。

特に、四十九日は忌明けの法要となるため、大規模に営まれるのが通例となります。

現在では初七日をお葬式当日に併せて行なうことが多くなっており、四十九日はお葬式に続く本格的な法要としての意味合いが強まってきています。

上記のような法要の際には、僧侶を招いての読経後には会食が振る舞われ、これを「お斎(御斎)」と言います。わざわざ足を運んで頂いた僧侶や参列者への感謝の気持ちを表したお膳であると共に、遺族や参列者全員で故人を偲ぶ意味もあるのです。

※「忌明け」に関する補足

四十九日(あるいは七七日【ななぬか】)を忌明けとするのが一般的ですが、五七日(いつなぬか。三十五日目を指す)が忌明けとなる地域も見受けられます。忌明けまでの間、七日ごとに法要が営まれますが、主な節目となる初七日と四十九日を除いては遺族のみで実施されるのが通例です。

※「香典返し」に関する補足

通夜やお葬式に香典やお供え物を頂いた方に、忌明けの時期に合わせてお贈りするのが香典返しです。気持ちに一区切りついた頃、遺族が感謝の気持ちを伝える意味があり、お礼状と共にお品をお贈りします。四十九日法要とは別に行なわれます。

[四十九日の数え方]

・逝去してから百か日までについては、亡くなった日を1日目として数えるのが通例です。つまり、四十九日は亡くなってから四十八日目に実施される法要となります。

なお、一周忌だけは満1年目に営まれますが、それ以降の年忌法要については「年数-(マイナス)1」と数えて実施されます。

[四十九日に実施される主な儀式]

・忌明けの法要(別名「満中陰法要」もしくは「七七日法要」)

・納骨……四十九日に実施されるのが一般的。そうでない場合でも、三回忌までには行なわれます。

・開眼供養(別名「仏壇開き」)……仏壇を新たに購入した場合に行なわれます。

なお、法事の日取り決めの時には、予定する日が平日である場合は直前の土曜日もしくは日曜日にずらすのが通例となります。

・法事終了後に行なわれる会食はお斎(御斎・おとき)と呼ばれます。

[服装 遺族]

・三回忌までは、原則的には喪服になります。七回忌を過ぎれば略式喪服、あるいは黒やグレーなどの服装で結構です。

[服装 参列者]

・参列者については、初七日から四十九日までの期間は略式喪服、一周忌以降の年忌法要に関しては略式礼装または黒やグレーなどの服を着用します。七回忌を過ぎれば、地味なものなら平服で結構です。

[用意するもの]

・遺族…返礼品を準備します。

・参列者…御供物料(もしくは御仏前、御香料など)を持っていきます。

なお、納骨については四十九日の法要後に行なわれるのが一般的です。

※但し、浄土真宗など宗派によっては卒塔婆を用いないこともありますので、注意が必要です。

 故人の供養を願って卒塔婆を希望する際には、御供物料とは別に「御卒塔婆料(御卒塔婆供養料)」を白い封筒に入れ、施主にお渡しします。

卒塔婆の金額はおおよそ3,000~5,000円程度です。前もって施主に連絡して金額を確認しておくと良いでしょう。

卒塔婆は、施主以外でも親族や友人などどなたでも付けることが可能です。

 

※卒塔婆に関する補足……墓石の後ろに立てる、長い板状のものです。浄土真宗など、卒塔婆を用いない宗派もありますので、注意しましょう。

 

 

法要の名称
時期
法要の内容





初七日
(しょなぬか)

7日目
(葬儀当日に行なわれることが多い)

遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席します。僧侶の読経が行なわれた後、全員で焼香やお斎を行ないます。
現在では、火葬場から遺骨が戻ってきた際に遺骨を迎える還骨勤行と合同で営まれるのが一般的のようです。

ニ七日忌(ふたなぬ か)

14日目

遺族のみで営まれます。僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。

三七日忌(みなぬ か)

21日目

遺族のみで営まれます。僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。

四七日忌
(ししちにち)
(よなぬか)

28日目

遺族のみで営まれます。僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。

五七日忌
(ごしちにち)
(いつなぬか)
三十五日
(さんじゅうごにち)

35日目

遺族のみで営まれます。僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。

※宗派や地域によっては、五七日を忌明けとする場合もあります。その場合、法要の内容については、四十九日日と同様になります。

六七日忌
(ろくしちにち)
(むなぬか)

42日目

遺族のみで営まれます。僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。

七七日忌
(しちしちにちき)
(なななぬか)
四十九日
(しじゅうくにち)

49日目

遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席します。僧侶の読経が行なわれた後、全員で焼香やお斎を行ないます。

※この日を忌明けとするのが一般的です。

本位牌を仏壇に、そして白木の位牌を菩提寺に納める作業を行ないます。

※この日に納骨となる場合が大半のようです。

百か日忌、百箇日
百か日
(ひゃっかにち)

100日目

遺族のみで営まれます。僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。

 



一周忌
(いっしゅうき)

満1年目

遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席します。僧侶の読経が行なわれた後、全員で焼香やお斎を行ないます。

三回忌
(さんかいき)

満2年目

遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席します。僧侶の読経が行なわれた後、全員で焼香やお斎を行ないます。

七回忌
(ななかいき)

満6年目

遺族や親族で営まれるのが通例です。

通常は、この七回忌あたりから法要の規模が縮小されていきます。

十三回忌
(じゅうさんかいき)

満12年目

遺族のみで営まれるのが通例です。

十七回忌
(じゅうななかいき)

満16年目

遺族のみで営まれるのが通例です。
省略されるケースもあります。

二十三回忌
(にじゅうさんかいき)

満22年目

遺族のみで営まれるのが通例です。
省略されるケースもあります。

二十七回忌
(じゅうななかいき)

満26年目

遺族のみで営まれるのが通例です。
省略されるケースもあります。

三十三回忌
(さんじゅうさんかいき)

満32年目

遺族のみで営まれるのが通例です。

 

※三十三回忌は弔い上げ(とむらいあげ)とも呼ばれる行事です。

仏教において、死者は33年目にはどんな人でも無罪となり、極楽浄土へ旅立てると言われています。

戒名が刻まれた位牌を仏壇から片付け、この日以降は「○○家先祖の霊」と記された位牌を安置します。

※地域によっては、五十回忌で弔い上げとなる所もあります。

 

↑ページの先頭に戻る