全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額料金で手配

お盆とは

更新日
2017/10/06
カテゴリ
お盆

お盆とは?

お盆(盂蘭盆)の由来は、ウランバナというサンスクリット語(逆さに吊された苦しみという意味)という説と、イラクでは死者の霊魂のことをウルヴァンということから、イラク語が起源という説がありますが、死者が死後に苦しみを受けているのを救うため法要を行うことを言います。
「盂蘭盆経」には、目連尊者(釈尊の弟子)が、亡くなった自身の母親があの世の「餓鬼道」という場所に落ちてしまい、飢えにもがいて極楽浄土へ旅立てずにいることを知りました。その旨をお釈迦様に相談したところ、7月15日に食べ物や供物をたくさん捧げて供養しなさいと諭されたと言います。お釈迦様の助言に従ったところ、その母親は無事に往生できたと、書かれています。このことが、一年に一度死者がかえって来るという信仰と重なり、先祖の霊を迎えて供養する行事となりました。
盂蘭盆会は太陰暦(旧暦)の7月15日に、行うものとされていますが、現在では太陽暦の7月15日に行うところと8月15日に行うところなど、地域によって異なります。

お盆の時期や期間について

地域によって、お盆の時期や期間には違いが見られますが、7月もしくは8月の13日より4日間にわたって実施されます。
ところで、中国の道教においては、時期を同じとする7月15日頃に「中元」という行事が実施されます。道教では「天」「地」「水」三人の神様が誕生した日が定められており、それぞれの日に合わせて「三元(上元・中元・下元)」という儀式が営まれます。中元とは「地」の神様が生まれた日で、これまでの罪を懺悔し、火を焚いて祈りを捧げる儀式が行なわれます。同じ時期に仏教のお盆も行なわれるため、日本では三元のうち中元だけが伝わり、故人を供養し、お世話になった方に贈り物を届ける習慣がいつしか「お中元」と呼ばれるに至ったのです。
日本においては、お盆に「迎え火」「送り火」といって火を焚く習慣があり、これに由来していると考えられます。現在の日本では、お盆は「死者が年に1度この世に帰ってくる日」と信仰され、儀式が行なわれています。

お盆に行なわれる主な行事

お盆の行事は、7月もしくは8月に行なわれ、前者は旧暦、後者は新暦に従っています。

  • 13日:死者をお迎えする「迎え火」を炊きます。
  • 16日:死者をお送りする「送り火」を炊きます。
  • お墓とその周辺の掃除をし、お墓参りをします。
  • お墓とその周辺の掃除をし、お墓参りをします。
  • 「精霊棚(しょうりょうだな)」「盆棚(ぼんだな)」を飾ります。
  • お坊さんをお招きし、故人の供養を願って法要を実施します(特に、初盆・新盆)

上記にご紹介したのは、ごく一般的とされるものです。お盆に行なう儀式は地域によって違いが見受けられます。例えば「精霊流し」や「灯篭流し」はその一例です。

↑ページの先頭に戻る