全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

お葬式の読経

お葬式の読経

菩提寺がすでにある方(檀家になられている方)は事後トラブルになる場合がありますので、
必ず菩提寺の許可を頂いた後に当社をご利用ください。菩提寺にお墓がある場合は、後になって納骨の許可が頂けない場合がございます。

 

お葬式の種類によりお布施料金が異なります

一般的相場とお坊さん便の価格比較表

火葬式の読経について

火葬式とは

火葬場 戒名授与(信士・信女(しんし、しんにょ)に限る)・お車代・お膳料・心づけ込 総額55,000円(税込)

一般的な通夜や告別式、初七日を行わず、火葬のみで故人を送る葬儀です。
火葬前に親近者の皆さまにお集まりいただき、火葬場の炉前にて僧侶さまが読経されます。
葬儀場のご準備や移動の必要がなく、読経は5分程度とお時間もかかりません。
近年、残された方のご負担が少ない葬儀として、ごく親しい方のみで静かに故人を送りたいとお考えの皆さまや、年配の皆さまによく選ばれています。

一日葬の読経について

一日葬とは

祭壇 戒名授与(信士・信女(しんし、しんにょ)に限る)・お車代・お膳料・心づけ込 総額85,000円(税込)

通夜は行わず、告別式、火葬、初七日を1日で終える葬儀です。
近年増えている一日葬では、通夜を行いませんので、僧侶さまの読経は告別式、火葬、初七日の計3回になります。
告別式、火葬、初七日は、同日中に行われますので、僧侶さまのお勤めは1日のみとなり、ご遺族のお布施のご負担も小さく済ませられます。

一般葬の読経について

一般葬とは

祭壇 戒名授与(信士・信女(しんし、しんにょ)に限る)・お車代・お膳料・心づけ込 総額160,000円(税込)

通夜の翌日、告別式、火葬、初七日を行うご葬儀です。
参列者の人数に関わらず、多くの方に選ばれている現在最も一般的なご葬儀のスタイルです。
告別式の前日に通夜を行いますので、延2日のご葬儀となり、ゆっくりと落ち着いて故人を送ることができます。
ただし、初七日は、後日ではなく告別式当日に日程を繰り上げて行われます。

ご依頼はこちらから

↑ページの先頭に戻る