全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

お坊さん便の四十九日法要の口コミ・評判-岐阜県群上市 今井様-

お名前 今井様
住所 岐阜県群上市
ご利用サービス 四十九日法要の読経
故人様との間柄 お父様

岐阜県郡上市に家族でお住まいの今井様。離れて名古屋で二人暮らしをされるご両親のうち、お父様に肝臓がんが見つかったのが今年3月。お父様は入院はせずに名古屋の自宅で自宅療養を決断。他の病気もあり、治療はうまく進まず、11月に永眠。病気が見つかって8ヶ月の命でした。

main

懇意のお寺さんが別の宗派で対応できないと断られインターネットで探すことに

お坊さん便をどのように知りましたか?

名古屋に父親の懇意のお寺さんがあって、告別式もそこで行いました。

でもその懇意のお寺さんは、郡上の私達とは別宗派だったので、49日法要はそのお寺さんでは出来ないと言われ。

そんな冷たい対応をする寺院では49日法要は任せられないと、頼めるお坊さんをネットで検索しました。

 

当サイトで依頼される際、他と比較されましたか?

インターネットで「法要」とかで検索しました。

他はお寺さんがやってるサイトしかなかったですね。

ここは電話の対応も良かったし、資料も送ってくださって、信用出来そうだからお願いしようと決めました。

 

信頼できるお坊さんに出会えました

お坊さんの対応はいかがでしたか?

素晴らしいお坊さんでした!本当に信頼出来る方だったので、一周忌もお任せする予定です。

 

定額制のお布施はいかがでしたか?

良いと思います。基本的にお坊さんにいくら包めば良いのかとか、お寺さん関係のお金ってわからないので。

 

今後も、法要の際に利用しようと思いますか?

はい。今後、母親の際も是非お願いしようと思います。

 

がん宣告を受けて自宅療養中だったにも関わらず、子供の野球の大会を見に来てくれて…

お父様との思い出をお聞かせいただけますか?

img1

盆暮れ正月、父親母親含め1年の間にみんなで何回も旅行をしていたんですよ。それくらいみんな仲良しでした。喧嘩も沢山したけど、それも今となっては良い思い出です。

父はがん宣告されたけど、入院せずに自宅療養だったので、私達の住む郡上から、両親の住む名古屋までお見舞いに何度も通ってたんですよ。でも、見てて、そんなに長くないなとは気づいてました。生気がどんどん無くなっていってたから。

そんな中、亡くなる一週間前、父親と母親が両親揃って、名古屋から郡上までわざわざ子供の野球の大会を見に来てたくれたんですよ。


 

でも、正直、いつもの気迫が無かった。

今となっては、ああ、と。そうか、と。

でも最後に家族が顔を合わせられて良かったです。みんなで並んで座って、子供の野球の応援して。みんなでご飯を食べて。みんな笑顔で。大笑いで。まさかそれが最後になるとは思いもよりませんでしたけど。

子供もおじいちゃんが亡くなったと言う事も、わからないなりに、素直に受け入れている様子です。

最後の野球の大会、本当に良い思い出が出来て良かったです。タイミングに、全部に、感謝ですね。本当に、感謝です。

 

お母様はお父様と二人で暮らしていたということでしたがご心配ですね。

もちろん、一人残された母親に逢う回数は今まで以上に増やそうと思います。大事に、大事にしなくちゃね。寂しく、寂しくさせないようにしなくちゃね。

実は、父親と母親、病気がわかって、より二人の時間が愛おしくなったみたいで、最後は本当に仲睦まじくって言うのはああいうのを言うのかな。二人の寄り添う姿は見ていてこちらも温かい気持ちになる風景でした。 

あと・・・そうですね。母親には残りの人生を好きなように生きて欲しいですね。(今までは父親がいて家をあけられなかったから)自分の兄弟と旅行とかね。

 

父親が他界はしたけど、今は「魂が側にいる気がします」。

法要を終えてられて感じたことはございますか?

今まで物理的に住む距離が離れていたけど、今はいつでも父親が近くにいる感覚があります。そっと、守られてる感覚。見守られてる感覚。安心、という感じすらします。

それに、例えば、自分がいるのは父親と母親がいてくれたから。子供がいるのも先祖がいるから。だからそういう「繋がり」を強く思ってゆきたいなぁと強く思うようになりました。

そして・・・そうですね。父親が亡くなって、本当に本当に「子供」が今まで以上に凄く凄く大事になりました。

家族。うん。家族。

それ以上のものってないよなぁと。

これからも家族を大事に大事に、暮らしてゆこうと思います。もちろん、先祖へ、父親への感謝も忘れずに。

みんな、みなさん、ありがとうございますって。

 

last

 

今井様、貴重なご意見、ありがとうございました。 

↑ページの先頭に戻る