全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

お坊さん便の墓石開眼供養の口コミ・評判-東京都 山川様-

お名前山川様
住所東京都
ご利用サービス開眼法要の読経
故人様との間柄お父様

お父様の墓石開眼供養でお坊さん便をご利用いただいた山川様。インターネットでお墓も購入されたという山川様は、お坊さん便の利用に関しても「全く抵抗がありませんでした」とのことでした。ただ「ネットであるがゆえの不安もある」とのお話をいただきました。どのような不安で、何を改善していけばもっと安心してお坊さん便をご利用いただけるのか。今回は山川様にお話を伺ってまいりました。

実際にお坊さん便をご利用されたお客様の声です

main

 

父の納骨と墓石開眼供養のためにお坊さんを手配する必要があった。

ご利用いただくまでの経緯を教えていただけますでしょうか。

平成21年に父が亡くなりました。当時、お墓をどうしようかと考え、都立多磨霊園の抽選に応募したところ幸運にも初めての抽選で利用できることになりました。ただ、お墓を建てるための費用的なものもありましたので、同霊園のみたま堂に父の遺骨を一時的に預かっていただいておりました。

みたま堂の使用期限が2013年の12月中に来てしまうため、その使用期限に合わせてお墓を建てることにしたのです。今回は父の納骨と墓石開眼供養でお坊さんを手配していただくことにいたしました。

 

納骨の方法をネットで探していたところ、お坊さん便を見つけました。

お坊さん便はどのようにお知りになったのでしょうか。

img1お墓を建てて納骨するのですが、一体どのようにすればよいのか分かりませんでした。

石屋さんからは「納骨をお手伝いします」と言っていただいたのですが、やはり供養の1つとしてお坊さんにお経は読んでいただきたいと思っていました。

インターネットでいろいろ情報収集していると、どこのページを見ていたのかは忘れてしまったのですが、ページの横にお坊さん便の広告を見つけたのです。

納骨の期限も迫っていることに加えて、私の出張なども重なってしまいとにかく時間の調整が難しい状況でした。このため父の葬儀でお願いしたお坊さんの手配も付きにくそうだったので、とにかくメールでお坊さん便にコンタクトすることにしました。

ネットでお坊さん便を見た時に「今の世の中、こういうサービスがあるのだ」と感心しました。他にも同じようなお坊さんの手配サービスがありましたが、結局最初に拝見したお坊さん便にお願いすることにしたのです。


 

 

お墓もネットで購入しましたので、お坊さん依頼は抵抗がありませんでした。

インターネットでお坊さんを依頼するということに抵抗はありませんでしたか。

実は今回建てましたお墓もインターネットで調べて、ネット経由で発注し契約しました。お墓というかなり大きな金額の買い物をネットでした時、最初は交渉している相手が見えず心配をしましたが、分からないところがあればメールで真摯に回答をしていただきましたし、肝心な点になれば電話で連絡を取り合うことができたので最後まで安心してお任せできました。

ですから、インターネット経由でお坊さんの手配をお願いすることに抵抗はありませんでしたし、家族からも不安な思いや抵抗はありませんでした。むしろ母は、私がお墓をインターネット経由で購入するということの方に不安を持っていたようです。

ありがとうございます。スタッフの対応はいかがでしたでしょうか。

全く問題ありませんでした。

メールで問い合わせると、スタッフの方からは「すぐに手配させていただきます」というご連絡をいただきました。その後、1、2日してから直接お坊さんからもお電話をいただきました。

 

来ていただいたお坊さんは、とても丁寧で穏やかな方でした。

派遣でお願いしたお坊さんが来るまで不安はありませんでしたか?

既にお坊さんとは日程調整の件で事前にお話しをしていましたので、その時にある程度人柄や雰囲気は分かりました。電話でお話しした時もとてもしっかりした対応だったので不安はありませんでした。

実際に来ていただいたお坊さんは、とても丁寧で穏やかな感じの方で、説法もとても心に染み入るものでした。

 

3万5千円という定額料金についてはいかがでしょうか。

遠くから来ていただいているということもあり、値段の問題でもないというなかなか悩ましい部分もありますが…。もう少しリーズナブルでも良いかなと思います。今回の供養の日に来ていただくお坊さんが、私たちの前に多磨霊園で違う供養があるということをたまたま聞いてしまったのもあるのですが、掛け持ちならもう少し安くてもいいかなと。
遠くから来られることも考慮して、気持ち良く「ありがとうございます」と言える金額は、今の金額の7割ぐらいかなと思いました。

 

派遣のお坊さんが分かるようにWEBに載せるという方法もあるのでは。

全体を通して課題はありましたでしょうか。

img2お坊さん便は直接お坊さんにお会いしてお願いするのではなく、当日にお坊さんが来られるまでどんな方が来られるのか分からないという部分があります。そんな不安を解消する方策の一つとして、来ていただけるお坊さんをWEBに載せるというのも一つの方法かと思います。

お墓をインターネットで購入した際には、送られてきたお墓のカタログに営業の方の写真が全て掲載されていました。それを見れば交渉相手が分かるので安心した記憶があります。

ネットであるが故の不安をどう取り除くかということが重要なことかと思います。


 

 

お坊さん便は今時のニーズに合ったものだと思います。

お坊さん便をご利用いただいて感じたことなどがありましたらお願いいたします。

私は国内外の転勤があり一つの土地にじっとして、そこのお寺にお世話になるということができません。このように土地に縛られない方が特に都市部では増えているのでないでしょうか。しかし、お寺とのお付き合いはなくなっても、お坊さんとのつながりがなくなるというものではありません。お坊さんのありがたさや重要性は絶対あると思っていますので、そういった意味ではお坊さん便は今時のニーズにあったものだと思います。

last

山川様 本日は貴重なお話しどうもありがとうござました。

↑ページの先頭に戻る