全国の葬儀、法事・法要にお坊さん(僧侶)を定額のお布施で手配

お坊さん便の一周忌法要の口コミ・評判-東京都 太島様-

お名前太島浩様
住所東京都渋谷区恵比寿
ご利用サービス一周忌法要の読経
故人様との間柄お父様
故人が亡くなった日2012年2月

東京都渋谷区にお住まいの大島浩様。4年前に脳梗塞で倒れられてから、3年間の闘病期間を経て2012年2月に亡くなられたお父様の一周忌法要の際に「お坊さん便」をご利用頂きました

実際にお坊さん便をご利用されたお客様の声です

main

近い場所で長く付き合えるお寺を探したかった

今回ご利用になられた経緯を教えてください

4img1年前に父が脳梗塞で倒れ、何度か発作を繰り返しながら少しずつ弱っていき、倒れてから3年後の昨年の2月7日に息を引き取る形となりました。
父は川崎に住んでおり、最期に看取った病院も川崎だったので、葬儀は向こうであげました。


 

一周忌の際に葬儀のお坊さんとは別に新しくお坊さんを探された理由はなんですか?

葬儀の際は、病院の方で紹介してもらった川崎の葬儀社に頼み、そちらで僧侶の方も紹介してもらったのですが、思いがけず千葉の方にお住まいの方で、場所もかなり遠く、49日の法要も同じ方に頼んだものの、その時からもしかしたら新しく探さないといけないな、と感じてはいました。今回、なかなか日程の調整もつかなかったこともあり、妻がインターネットで近くのお寺を探していた際に見つけてくれた「お坊さん便」にお願いしました。

実際に「お坊さん便」を選んだ理由は?

妻がHPを見た時は、抱いている不安にピンポイントで答えてくれるわかりやすい構成になっていて信用出来そうだということで教えてくれました。自分自身、最初はネットでお願いするというのは正直半信半疑という部分もあり、「どういう感じなのかな」「大丈夫かな」とも思っていましたが、実際に相談してみるときちんと自分と同じ宗派(曹洞宗)のお坊さんを紹介していただき、凄く安心してお願いすることが出来ました。とてもしっかりした方で、お話もとても面白く、これからもまたお願い出来ればと思っています。

近くのお寺を当たってもみた

今回の法要で特に希望されたことはありますか?

私たちは菩提寺というものがないので、出来ればそういう形でこれからお付き合い出来る方だといいな、というのが一番の希望でした。もともと住んでいた港区からこっちに越してきたのですが、港区にも渋谷区にもお寺が多く、実はなんとかなるだろうと楽天的に考えていたんですね。ですが、実際に妻が中心となって近隣で当たってくれたところ、やはり檀家さん優先ということで、あまり感触も良くなく、門前払いという感じを受けたところもありました。そういう意味でもこれからも末長くお願い出来る方に巡り会えたと思っており、少し暖かくなったら一度御挨拶に伺いたいと思っています。

 人が好きだった父。親身になってもらえて本当によかった

実際の法要の際、印象に残っていることは?

生前の父は、とても賑やかな人というか、人との付き合いが凄く好きな人でした。今回、法事が終わった時にお坊さんから「天国で非常に親しかった人たちと仲よくしていると思いますよ」というお話をいただき、そういうお気遣いがとても嬉しく、お願いして良かったな、と心からそう思えました。

スタッフの対応はいかがでしたか?

非常にスムーズにしていただきました。インターネットでお坊さんを探すのもこれがはじめてだったのですが、とても親身になっていただけました。わからないこともいろいろと細かく教えてもらえましたし、抱いていた不安も解消出来ました。

無事に終えて今は本当に安心している

一周忌の法要を終えて、今のお気持ちをお聞かせください。

img2一番は安心したな、というのが正直な気持ちです。とにかく亡くなった日を過ぎるわけにはいかないので「なんとかしないと」と焦る思いもありましたし、愛知に住んでいる妹の嫁ぎ先のお母さんの法事と日程が重なっており、大丈夫かな、という不安もずっとありました。無事に終えたことにとてもほっとしていますし、これから近いところで長くお付き合い出来そうな僧侶の方とお寺に出会えたことにも安心しています。戒名も素晴らしいものをいただいたのですが、そのことにもふれていただき「きっとたくさんの人に愛された方だったのでしょうね」などとも言ってもらえ、とても嬉しかったですね。


 

今、お父様にかけてあげたい言葉はありますか?

の子供はもう二十歳を越えており、父にとっては2歳になったばかりの自分たちの娘が本当に久しぶりの孫でした。子供が出来た(妊娠した)ことは父も知っていて、本当の涙ぐんで喜んでくれたのですが、産まれる時には既に脳梗塞の大きな発作を起こした直後で、物心ついた頃はだいぶ認知症なども発症していました。思い返せば、自分の子供の頃も本当に子煩悩な父だったので、もっと一緒に遊んだり、孫との時間を楽しませてあげたかったな、と少し心残りな部分もあります。でもまあ、ゆっくり休んでほしいというのが今の一番の気持ちですね。

不安に思わず積極的に相談を

HPをご覧いただいている方に何か一言お願いします。

自分たちもそうですけど、都会に暮らしていると、どうしてもお世話になる機会いうものがなくて、探すのにも苦労している人が多いと思います。実際に利用してみたら、本当にとてもいい方を紹介していただけました。インターネットという現代的な手法ですが、形は違っても、故人に安らかに眠ってほしいという気持ちが一番大切なので、形式にこだわることはないと思います。不安にならずに積極的に相談してみて欲しいですね。

last

太島様、本日はお忙しい中、ご協力ありがとうございました。

↑ページの先頭に戻る