日程や場所が決まっていなくても、事前にご予約が可能です

通話無料
日時や場所が未定でも予約できます
0120-542-918 365日年中無休 受付時間/8:30~20:30
カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次
お坊さんの手配をご希望の方はこちら

仏壇屋ではどのようなサービスをしているの?詳しく紹介

この記事を読んでいる人におすすめのサービス

仏壇屋がどのようなサービスをしているのかご存知ですか。
仏壇や仏具の販売だけでなく、修復や修理サービス・永代供養の紹介・法要などのアドバイスもしています。仏事に関することは礼儀やマナーが大切になるので、詳しく教えてくれるサービスがあると安心できるでしょう。
店頭だけでなくオンラインショップの仏壇屋を活用することもできます。
これから、仏壇屋のサービス内容を具体的にご紹介しますので、参考にしてみてください。

商品選びのポイントを紹介している

仏壇屋では、仏壇を選ぶ時に迷わないためのポイントを紹介しています。
例えば、仏壇を置く場所や大きさ・タイプ・購入時期などです。仏壇の購入は、慎重に検討する必要があります。なぜなら、簡単に買い替えるものではなく、今後も継続して保有するからです。
家柄や部屋の大きさ・地域の風習によっても、仏壇の種類は変わるでしょう。そのため、仏壇購入時に知っておきたい知識を教えてもらう必要があります。

仏壇を選ぶ際には、まず置く場所を決めることが大切です。
今までは仏間や床の間がある家もありました。
しかし、マンションにはそのような部屋がないことも多く、リビングや和室に設置するケースもあるでしょう。
そのため、仏壇を置くスペースを検討し、それに合った種類の仏壇を勧めることが仏壇屋のサービス内容です。
通常は仏壇の扉を開いた状態にしておきます。礼拝やお給仕をする空間も必要です。照明を使う時には、近くにコンセントがあるのも条件になります。
仏壇を置ける場所の寸法や間取り、コンセントの有無などをメモしていくと、それに合った仏壇を提案してくれるでしょう。
また、仏壇のタイプもさまざまです。床の上に置くタイプだけでなく、専用の台やサイドボードの上に置く小さな仏壇も出てきています。
デザインは、金箔や唐木・家具調などがあるので合うものを選ぶといいでしょう。
仏壇を購入する時期について相談することも可能です。

仏壇を購入する時期とは、特に決まっていません。
葬儀で使う白木の位牌は四十九日まで使いますが、それは仮の位牌です。忌明けになると、本位牌を用意することが一般的でしょう。
白木の位牌から本位牌にする時が、仏壇の購入時期といわれています。
しかし、心の拠り所で仏壇を置くので、納得できるものが見つかるまで探しても構いません。納得できる仏壇が見つかるまで相談やアドバイスなども、仏壇屋では行っています。

仏壇の修理や修復サービスも!

仏壇屋では、仏壇の修復や修理・点検などのサービスも行っています。
依頼者と仏壇屋が相談をして見積もりを出し、納得できる修復や修理をしていることが特徴です。
仏壇はろうそくの煤や線香の灰などで、汚れてしまうことがあります。漆塗りなどでは表面が剥げてくることもあるでしょう。
仏壇は長く使うものなので、経年劣化による傷みは避けられません。汚れや傷みがある状態を放置しているのは、さらに傷んでしまう原因です。
そこで、仏壇屋では希望や予算に寄り添いながら見積もりを出して、修復などのサービスをしています。
例えば、クリーニングプランの場合、自宅に出張して掃除してもらうことが可能です。特殊な洗剤で落とすので、塗装の変色や剥げることはありません。
部分修復や修理の場合は、気になる部分のみを直すことができます。金箔の剥がれや小さな傷の修復・欠けた部分の補修などが対象です。仏壇の障子を張り替えるなどもしています。
完全修復をする場合は、購入した時のような状態まで直すことが可能です。仏壇自体を解体し、傷んだ場所の補修や交換をしながら組み立てています。

買い替えに関する情報を提供!

仏壇は継続的に同じものを使うと思われがちですが、買い替えても構いません。
家を新築するように、悪いことではなく祝い事として考えてもいいとされています。
その時に、買い替えに関する情報を提供するのも、仏壇屋のサービス内容です。
買い替えの理由は、仏壇が古くなった、引っ越しをするのでスペースに合うものに替えたいなどがあります。それらの希望を聞き、合う仏壇をアドバイスしてくれるでしょう。仏壇を購入する時と同様に、置く場所や大きさ・タイプなどを参考に、希望に沿う仏壇を教えてくれます。
また、アフターフォローもしてくれるので、そのようなサービスがある仏壇屋にするといいでしょう。
今まで使っていた仏壇の供養処分をしてくれる仏壇屋もあります。
買い替えを検討している時には、今までの仏壇のリメイクを提案されることもあるでしょう。
大切な仏壇を継承したいが大き過ぎるという悩みの場合に有効です。
今までの仏壇の彫刻などを活かして、希望の大きさになるようにリメイクしてくれます。
仏壇にはそのようなリメイクやオーダーメイドもあるので、それらのサービスを紹介して納得できる買い替えにしてくれるのも、仏壇屋の仕事です。

ライフスタイルに合う仏壇を多数揃えている!

仏壇屋には、ライフスタイルに合わせた仏壇が多数揃っています。
仏間や床の間だけでなく、リビングなどに仏壇を置かないといけない状況の人もいるでしょう。そのような状態に合わせた仏壇も取り扱っています。
デザインも家具調のものにすれば、リビングに馴染みやすいです。
基本的には仏壇の扉は開けていますが、扉を閉めるとタンスのように見える仏壇もあります。
狭い場所でも置ける「上置仏壇」「台付き仏壇」などにすれば、棚や台の上などに置け、リビングのスペースを使い過ぎることもありません。例えば、高さが約60cmで幅は約40cm、奥行きが約30cmの上置仏壇などです。
宗教や宗派に関わらず、自由に祈れる仏壇もあります。
壁掛け式の仏壇は、通常の仏壇よりも薄型です。
しっかりとした造りの壁なら、どのような場所でも設置することができます。モダンなライフスタイルの家庭に合う仏壇です。

仏壇にまつわる儀式の情報を提供!

仏壇屋では、仏壇にまつわる儀式の情報も提供しています。
例えば、初めて仏事を行う場合、分からないこともあるでしょう。仏壇屋では、新盆の迎え方や準備内容・流れなども説明しています。
新盆などは、礼儀やマナーを大切にする行事です。そのため、故人や参加者に失礼がないように、必要な知識は知っておきましょう。
故人が初めて迎えるお盆とは「初盆・新盆」です。8月13日~15日をお盆と言いますが、新盆は8月7日~15日までに行います。

新盆をするためには、仏壇周りだけでなく他の準備も必要です。
一般的には、精霊棚を設置してからゴザを敷き、お盆の間に新霊が住む位牌堂なども置きます。野菜や果物のお供え物や、提灯・牛・馬・ホオズキなどの飾りもするでしょう。
迎え火をしながらお迎えし、新霊が迷わないようにします。最終日には、送り火を焚いてお見送りです。

新盆のためには、それに適した仏具があります。
その仏具の説明やアドバイスをするのも仏壇屋のサービス内容です。
新盆の場合は、「白紋天」と呼ばれる新盆用提灯があります。
新盆以降は、置き型提灯や吊り型提灯など、ライフスタイルに合わせて選択できるでしょう。それらの知識がない時は、仏壇屋が説明してくれます。

永代供養の施設を案内

仏壇屋では、永代供養の施設案内や情報提供をしているところもあります。
永代供養とは、霊園やお寺が家族に代わって、位牌や遺骨の管理・供養・法要などを行うことです。
永代供養にする時には、墓じまいをする必要もあります。墓じまいの相談や永代供養先を紹介してもらうのも、仏壇屋にお願いしてもいいでしょう。
永代供養は、お墓を持っていない場合や墓地の管理が困難な時・遠方でお墓参りが出来ない時などに利用されます。お経が聞こえるところに納骨したいという理由もあるでしょう。
永代供養なら、無縁仏になる心配もなく、低価格で維持管理をしてもらえます。
生前契約も可能なので、身寄りがない人にはいいでしょう。
維持管理費が掛かるのは、施設によって異なります。公共墓地のようなところは、ほとんど費用は掛かりません。

仏壇屋では、これらの希望に沿って、合った永代供養先を紹介してくれます。
宗派などを限定しているところもあるので、仏壇屋に相談すると早く永代供養先が見つかるでしょう。
永代供養の種類として、「永代供養塔」「納骨堂」「樹木葬」「散骨」などがあります。
永代供養塔では、寺院や霊園内に仏塔や観音像を建てて、遺骨を安置する方法です。不特定多数の遺骨がある合祀型になっています。納骨堂は屋内に設置され、仏壇型やロッカー式などです。
それぞれ個人的に祀られているため、年間の維持管理費が必要になることもあります。
樹木葬は、大きなシンボルツリーなどに祀る方法です。一定期間になると、合祀墓の中に入って永代供養されます。
散骨は海や山など、故人が好きだったところや希望の場所に、砕いた骨を撒くことです。
全てを散骨しない場合は、永代供養塔などに納めます。
最近では、ペットの遺骨と一緒に入れるお墓もあるため、依頼する人の希望で選択することができるでしょう。

法事や法要についてもアドバイスしてくれる

仏壇屋のサービス内容には、仏壇の販売だけでなく法要に関する情報の提供もあります。
法要の仕方や流れ・参加者への通知方法などをアドバイスしてくれるでしょう。仏事に関する内容と共に、仏具の選択も手伝ってくれます。

法要に関しては、1回忌や3回忌・7回忌などがあり、その時に適した法要相談が可能です。
参加者への法要日時の通知は、親しい親戚や数人しかいない場合は、電話でも構いません。しかし、手紙などで通知すると間違いはないでしょう。
参加者がその日の予定を空けるためにも、1ヶ月以上前に通知することが必要です。電話か返信はがきで参加の有無を聞きます。

僧侶や法要会場を選ぶことも必要です。
法要の会場は自宅でも構いませんが、お寺などを手配することが一般的でしょう。
会場や僧侶などの手配方法がわからない時は、仏壇屋に相談することでアドバイスや紹介をしてもらえます。

仏壇の飾り方を教えてもらおう!

仏壇を購入した時は、仏壇屋から飾り方を教えてもらいましょう。
飾り方に関しては、マナーなどもあるので最初に教えてもらう必要があります。
購入した時以外でも教えてくれますが、購入時に不安なことは聞いておきましょう。

仏壇の飾り方は、宗派によって異なることもあるので、それに準じることが大切です。
一般的には、最上段の真ん中にご本尊を置き、左右に掛け軸などをかけます。
位牌はご本尊が隠れないように置かなければなりません。よって、位牌は左右か下の段に置くといいでしょう。
次の段には中央に仏器膳を置き、左右に高月を置きます。
最下段に置くのは、花立や火立・香炉などです。
このような配置場所を間違っていると、恥ずかしい思いをする場合があります。そのため、仏壇の購入時に聞いておくことが大切です。

オンラインショップの仏壇屋も活用しよう!

仏壇を扱っているお店は、店頭だけではありません。
オンラインショップでも仏壇を購入できるので、活用してみるのもいいでしょう。

オンラインショップでは、さまざまな種類の仏壇を取り扱っていることが特徴です。
宗教や宗派によっては、近くの仏壇屋に置いていないこともあり、ライフスタイルでも希望する仏壇のタイプは異なります。
多くのタイプを取り扱い、それらに関する詳しい情報も記載しているので選びやすいでしょう。仏壇屋に行って説明を聞くと、時間がかかってしまいます。必要な情報を取得するため、無駄な時間ではありません。しかし、仏壇を選ぶ時に、時間や手間を少なくして希望に合ったものを選択したい人もいます。
そのような場合には、オンラインショップの活用は有効です。 購入後にアフターフォローがあるところを選べば、オンラインでも安心して購入できます。

仏壇屋は仏事の専門家!分からないことは聞いてみよう

仏壇屋は仏事に関しての専門家です。
仏壇の購入だけでなく、修理や修復・点検などもしてくれます。
また、買い替えをする時には、適したアドバイスをしてくれるでしょう。

仏壇はライフスタイルによっても、大きさやタイプ・デザインが変わります。
上置仏壇や台付仏壇・壁掛け仏壇などもあり、床に置くタイプの大きな仏壇にする必要はありません。リビングなどに置く場合は、スペースの大きさや間取り・コンセントの有無などで相談してみるといいでしょう。家具調のものにすれば、リビングの雰囲気に合わせることもできます。

さらに、仏壇屋では新盆や法事・仏壇の飾り方についての情報提供もしています。
礼儀やマナーがいる仏事に関しては、仏壇屋からのアドバイスは重要でしょう。
これを参考に、仏壇屋で仏事に関するさまざまなことを聞きながら、仏壇を購入・設置してみてください。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

ご利用者数No.1のお坊さん手配サービス「お坊さん便」なら、法事・法要のためのお坊さんを定額費用で手配します。
お問い合わせ・ご依頼は下のフォーム、またはフリーダイヤルにお電話ください。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

0120-542-918

お葬式の準備がまだの方はこちら

年間3万件のご相談をお受けしております。お葬式の依頼先にお困りの場合は、お気軽に弊社までご相談ください。24時間365日電話相談受付中。

NHKで紹介されました!12.8万円~のお葬式

※外部サイトが開きます

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 投票, 平均点: 5.00 )
Loading...
↑ページの先頭に戻る