カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次

弔電って一体何?送り方やマナーのポイントまとめ

四十九日法要のお坊さんの手配をご希望の方はこちら

弔電という言葉を聞いたことはあっても、実際にどのようなものなのか、どのように利用すればいいのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
親せきや知人宛など個人的に送る場合の他に、取引先の方が亡くなったときなどはビジネスでも弔電を打つ機会があります。
「○○会社の方が亡くなったから弔電送っといてね」と突然言われても、「そもそも弔電って何?」というところから始まる人は戸惑ってしまうことでしょう。

この記事では、そんな弔電について全く知らない人でも一から分かるよう、弔電の詳細について詳しく説明していきます。

弔電ってどういうもの?

弔電とは、葬儀に際しお悔やみの言葉を伝える電報の事です。
通夜・告別式が行われる場所に、葬儀の開始時間までに喪主宛に送るのが一般的です。但し、励ましの意味を込めて送る場合は、知人宛に送っても問題はありません。
故人宛に送るものではないので間違えないようにしましょう。

弔電は式中で読まれたり、親族の方々の目に入ったりすることが考えられます。自分で考えたオリジナルの文章は温かみがあっていいのですが、使うと失礼に当たる言葉もありますので、あまり独自性にこだわることなく定型の形を選ぶのが無難です。

弔電を送るのは何のためなのか

お世話になった方や知り合いの方、取引先の方が亡くなった場合など、直接葬儀に参列して最後の別れを惜しむのが、故人や遺族の方々に対する礼儀です。
しかし、仕事で海外に赴任している、健康上の理由で外出が叶わないなど、どうしても参列できない事情がある場合、喪主や遺族の方々に対して気持ちを伝えるための手段として弔電を使います。
逆に言うと、通夜・葬儀・告別式に直接足を運ぶことができる場合は、弔電を送る必要はないということになります。
弔電を送った後に急遽葬儀に参列できるようになった場合、参列しても失礼には当たらないとされています。

弔電に必要な準備は?

弔電を申し込む際に必要な情報は、必ず事前に確認しておきましょう。

まず、通夜・葬儀の日時と場所を確認しておきます。
弔電は葬儀の前日までには届くようにしておかなければならないので、日付には特に注意が必要です。
葬儀や告別式への参加が難しい場合に打つものなので、葬儀が終わってから送るのは失礼に当たります。ただ、葬儀の前日までというのは最低限のマナーであって、訃報を受けたらできるだけ早く送るようにしたいところです。

喪主の名前、故人との続柄も確認しておきましょう。
名前を間違うことは大変失礼ですので、漢字まできちんと確認しておいてください。

それから、相手方の宗教も確認しておきましょう。
宗教によってふさわしいお悔やみの言葉が変わってきます。
例えば「心よりご冥福をお祈り申し上げます」というのは仏教式であるため、キリスト教の場合はふさわしくありません。
神道の場合は神道形式の文章もありますが、他の宗教に関する言葉と忌み言葉を入れなければ問題ありません。

弔電の送り先や宛名は?

弔電は通夜・葬儀が行われる会場に送ります。
どこで行われるか分からない場合は喪主宛に送ります。喪主に送る場合は必ず事前に連絡し、確実に受け取ってもらえるようにしましょう。
宛名は喪主のフルネームが正しいですが、フルネームが分からない場合は「○○様ご遺族様」や「○○様遺族ご一同様」としてください。

宛先を喪主以外の人にする場合は、「様方」を使用すれば、喪主の名前を入れつつ希望の宛先に送ることができます。
例えば、友人の祖父が亡くなって喪主が友人の父親だった場合、お悔やみを伝えたいのはどちらかというと面識のない父親より友人の方になります。
そういった場合に、「(喪主名)様方(友人名)様」と表記すれば、友人宛に送ることが可能になります。

葬儀場は故人や喪主の名前で葬儀を把握していることが多いので、受け取ってもらえないトラブルを防ぐためにも、他の人宛の場合も喪主の名前を宛名に含めるようにしてください。

気を付けるべき弔電の書き方のマナー

弔電では故人を、喪主との続柄から見た関係の敬称で表現します。
例えば、故人が喪主の祖父であった場合は「ご祖父様」、父親であった場合は「ご尊父様」または「お父様」となります。

お悔やみの言葉を作成する際、忌み言葉を使うことがないよう気を付けましょう。忌み言葉とは、縁起の悪さを連想させる言葉のことで、お葬式の場合は連続、繰り返しを想起させる「重ね重ね」「たびたび」「次々」「再び」などが当たります。その他にも、死や苦労を想起させる「四」「九」や、「死亡」「死去」など直接過ぎる表現も使ってはいけません。

文章を作成する際、個人的な内容を含めることは避けてください。お悔やみを伝え、遺族の方々を励ます目的で送る弔電にプライベートな内容を含めるのは好ましくありません。式中に読まれたり、親族の方々に回し読みされたときに不快に思われることがないか気にしながら文章を考えてください。

使ってはいけない表現に気を付けながら、傷心の遺族の方々に心を込めてお悔やみと励ましの言葉を伝えましょう。

文章のサンプルを利用するのはあり?

最近はインターネットで検索すれば、たやすく文章サンプルを見つけることができます。
心を込めたお悔やみ、励ましの言葉を伝えるのに借りてきた文章でいいものなのか、疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。
確かに、自分で考えたオリジナルの言葉を伝えるのは素晴らしいことですが、同時に忌み言葉や使ってはいけない言葉を使用してしまうリスクが生じます。いい言葉が思いつかなかったり、相手に対して失礼にならないか少しでも不安がある場合は、例文を使って確実に相手に嫌な思いをさせないことを優先しましょう。

弔電を送るサービスを利用する際、サービス会社が用意している文例を使用することも可能です。
弔電の専門会社が作成している文章ですのでまず間違った言葉は使用していませんし、電話での受付の際は文例番号を伝えるだけでスムーズに手続きが完了するので、急に訃報があって急いでいるときなどにとても便利です。

文章サンプルを使用する場合は、その文例が送り先にふさわしい文章なのか必ず確認してください。
故人が仕事関係者なのに砕けた表現になっていないか、キリスト教なのに仏教式の文言になっていないかなど、できれば第三者にダブルチェックしてもらうのが望ましいです。
ネットで文例集を調べる際、「社長」「祖父」など故人を特定して検索できるサイトもありますので、サンプルを調べる際は故人を意識しながら探すようにしましょう。

  • 故人が友人、知人の場合の例文
    「ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます」
    「突然の悲しいお知らせに接し、悲しみにたえません。在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします」
  • 故人が仕事関係者の場合の例文
    「ご逝去を悼み、故人のご功績をたたえ、心からお悔やみ申し上げます」
    「社長様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申し上げます」
  • キリスト教式の場合の例文
    「○○様が安らかな眠りにつかれますよう、心からお祈り申し上げます」
    「神の御許に召されました○○様を偲び、ご遺族がこの悲しみに立ち向かいたくましく歩んでいかれますことをお祈りいたします」
  • 神道の場合の例文
    「ご生前の厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び謹んで哀悼の意を表します」
    「ここに眠る御霊の安らかなることをお祈りいたします」

弔電にかかる料金はいくら?

弔電の料金は3000円から5000円が一般的で、台紙の種類や文字数によって料金が決定します。
台紙はメッセージカードのみのものから、漆やちりめんで加工されたもの、花や線香が付いているものなど様々です。
花には生花やプリザーブドフラワーがあり、送る相手のことを考えながら好みのものを選ぶことができます。

弔電の台紙を選ぶ際は、亡くなった方との関係性を考慮します。
ビジネスの相手に送る場合は華美なものは避け、3000円程度の安っぽく見えないデザインのものを選びましょう。
台紙のデザインも押し花、刺繍、雲、富士山と色々ありますが、「フォーマル」や「ベーシック」など、用途別に台紙を分類してくれているサービスもあるので、そちらも参考に選ぶことが可能です。
個人で送る場合はビジネスの場合より比較的自由に好みの台紙を選べますが、香典を送るのならその金額に見合う台紙を選びます。

3000円の香典を渡す場合は1500円程度のものを、5000円の香典を渡す場合は3000円程度のものが目安です。

弔電で利用できるサービスとは?

弔電で利用できるサービスはいくつかありますが、ここではそのうちの3つを紹介します。

1つ目はNTTの弔電受付です。
NTT回線なら全国共通115番の電話番号で受け付けています。
台紙のラインナップは幅広く、500円程度から12500円までと様々な種類をそろえています。
文字数は25文字まで700円、30字まで790円、35文字まで880円、40字まで970円などとなっています。
また、NTTはD-MAILというインターネットから電報を受け付けるサービスも行っています。

2つ目はソフトバンクのほっと電報です。
ソフトバンク回線を引いていれば115番でダイヤルがつながりますが、こちらもインターネットで申し込むことが可能なサービスとなっています。
台紙は540円のものから、生花をアレンジした34560円の高価格帯まで幅広く取り扱っています。
文字料金は申し込み方法によって異なり、Web申し込みの場合は最初の25文字が702円、電話、FAXでの申し込みは756円で、それ以降は5文字増えるごとに97.2円の料金が発生します。

3つ目は日本郵便のレタックスです。
2018年にレタックスコールセンターのサービスは終了し、現在は郵便窓口かWebでの受付が主で、電話で申し込む際は郵便局に直接電話する必要があります。
こちらは通信文用紙の枚数で金額が決まっていて、1枚までは台紙料金に含まれますが、2枚目以降はWeb申し込みだと1枚ごとに31円、それ以外だと1枚ごとに100円の追加料金が発生します。
同じ台紙を申し込む場合でも、Web受付だとそれ以外より80円安くなります。

弔電を申し込むときの流れ

ここではNTTを例にとって、電話で申し込む方法とインターネットで申し込む方法を説明します。
NTTの場合、オペレーターの質問に答えることで弔電を作成することができます。
質問内容は、葬儀の場所、時間、申込者の氏名、喪主の氏名、文章、台紙になります。

台紙は事前にパンフレットやホームページで選んでおき、台紙の番号をオペレーターに伝えるようにします。
文章も文例を使用する場合は文例番号をオペレーターに伝えます。
電話の場合、オペレーターは耳の情報だけを頼りに文章を作成するので、最終確認はとても念入りに行われます。
例えば「富田」さん宛に弔電を作成する場合、「富士山の富に、田んぼの田ですね?」といった具合です。そういうわけで電話申し込みだとオペレーターとのやりとりにかなり時間がかかりますので、時間に余裕をもって行なってください。なお、115番はフリーダイヤルですので、電話料金に関しては心配せず、安心して利用してください。

インターネット申し込みの場合は、申し込み専用サイトにアクセスして手順に従って必要事項を記入していきます。
画面で台紙のデザインを見ながら選ぶことができ、オペレーターとのやりとりも必要ないので時間短縮できてとても便利です。
自分のペースで商品を選び、作成した文言をタイプして作成するので、まとまった時間が取れないときは隙間時間に作成して申し込むことが可能です。
NTTの場合は19時までに申し込めば、一部地域や商品を除いて全国に当日配達してくれます。
自分でタイプするので聞き間違いなどのトラブルを防ぐことができますが、作成内容は自己責任になるので、誤字脱字がないよう必ず念入りにチェックしましょう。

通夜や葬儀に参加できないときは弔電を送ろう!

結婚式の招待状と違い、訃報は突然受けることがほとんどです。
急に仕事を休むわけにはいかない、どうしても外せない用事が入っている、遠方に住んでいるなど、様々な事情で葬儀に出席できない場合があります。
弔電とは、そんな場合にでも相手に礼を尽くすことのできる大変便利な道具であると言えます。
せっかくそのような方法で相手をおもんばかることができるのですから、訃報を受けてやむを得ず葬儀に参加できない場合は、すぐに弔電を打ちましょう。
たとえその場に行けなくても、弔電で自らの思いを伝えることによって、喪主や遺族の方々を励ましてあげてください。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

ご利用者数No.1のお坊さん手配サービス「お坊さん便」なら、法事・法要のためのお坊さんを定額費用で手配します。
お問い合わせ・ご依頼は下のフォーム、またはフリーダイヤルにお電話ください。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

0120-541-609
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
↑ページの先頭に戻る