通話無料
0120-541-609 24時間365日対応いつでもお電話ください
カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次
お問合せ
(無料)

二七日・三七日・四七日・五七日・六七日・七七日法要について

仏教では、人がお亡くなりになられ、あの世に旅立たれてから、49日目に次の生を受けるとされています。
初七日を終えますと、7日ごとに、二七日・三七日・四七日・五七日・六七日・七七日(四十九日)と、極楽浄土に行けるかどうかの裁きが行われます。
この次の生を受けるまでの49日間を中陰と言い、7日ごとの裁きに合わせて、故人が成仏できるよう遺族が供養(法要)を行います。この供養(法要)の事を、中陰法要と呼びます。法事・法要の日程がお決まりの方はこちら。

初七日から七七日までの裁きの種類

初七日から七七日まで、故人がどの世界に行けるか裁きを受けます。残された者(遺族や親族)が法要をつとめる事により、この世からあの世へ善を送ることができます。
法要を重ねることで、故人の善が増し、故人の罪が軽減されます。

法要の種類 時期(死後) どんな裁きを審査されるか
初七日 7日目 故人が三途の川を渡り、「泰広王(しんこうおう)」が生前の殺生について調べます。
二七日 14日目 「初江王(しょごうおう)」が生前の盗みについて調べます。
三七日 21日目 「宋帝王(そうたいおう)」が生前の不貞について調べます。
四七日 28日目 「五官王(ごかんおう)」が生前に嘘をついてないか調べます。
五七日 35日目 水晶の鏡に生前の罪状が写し出され「閻魔大王(閻魔大王)」が調べます。
六七日 42日目 「変成王(へんじょうおう)」が生まれ変わる条件を加えます。
七七日
(四十九日)
49日目 「泰山王(たいせんおう)」が六つの世界の中から故人の行く先を選びます。

各法要にお呼びする範囲と僧侶による読経

二七日から六七日までは、遺族のみの内輪で営まれますので、外の人をお呼びする事はありません。
ただ、一般的には初七日には遺族・親族・生前に故人と親しくされていた方に参列いただき、七七日(四十九日)には、遺族や親族を中心にして行われます。

初七日と七七日(四十九日)には、僧侶(お坊さん)をお呼びし読経をあげていただきます。
二七日から六七日は僧侶(お坊さん)による読経は省略される場合がほとんどですが、極楽浄土へいけるよう遺族だけでも読経をあげるようにしましょう。

各法要のお布施

二七日から六七日では、僧侶(お坊さん)の読経や焼香については省かれるのが通例となっていますが、お寺にお願いをしたら僧侶(お坊さん)により中陰法要をつとめていただけます。
僧侶(お坊さん)をお呼びする際は、お布施が必要となりますので、準備しておきましょう。
お布施の金額相場については、コチラをご参照ください。

各法要の花・お供え・香典

七日毎の法要のたびに準備をするのも大変かと思いますので、お花やお供えは遺族側はあまり負担のかからない範囲で用意するのが良いでしょう。
地域の習慣により違いますが、親戚などをお呼びする場合も、あまり負担をかけないようにしましょう。
ただ、初七日は最近では葬儀当日に行われる事も多くありますので葬儀に参列いただいた際に香典をいただくようにしましょう。
初七日法要でのお供え・香典について別記事にまとめておりますので、詳しくはコチラの記事をご参照ください。

お坊さん手配のご予約はこちら

お坊さんの手配は混雑で手配できない場合もあります。
ご予約は遅くても法要日の1ヶ月前にはしましょう。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5 投票, 平均点: 4.20 )
Loading...
↑ページの先頭に戻る