初盆(新盆)の意味って何?知っておくべき初盆の知識まとめ

更新日
2018/04/23
カテゴリ
お盆

お盆は先祖の魂が帰ってくる時期として、お墓参りをしたり先祖の霊を迎え入れる準備をしたりする家庭が多いでしょう。家族や親せき、親しい友人などが亡くなった後初めて迎えるお盆の際にはどうすればいいのでしょうか。通常のお盆と同じでいいのか、それとも特別な供養の方法などがあるのかと悩んでいる人も少なくありません。今回は、親しい人が亡くなった後初めて迎えるお盆、初盆(新盆)の意味やどのようなことをするのかといった事について解説します。

初盆とはどういう意味なのか

初盆とは、人が亡くなってから四十九日を過ぎた後、初めて迎えるお盆のことを言い、地域によっては新盆と呼ばれることもあります。
お盆というのは亡くなった人が年に一度家族のもとに帰ってくる日と認識されていて、故人の供養をする上で大切な行事の一つですが、特に初盆は故人が亡くなってから初めて迎えるお盆ということで、通常のお盆よりも念入りに供養の行事が行われるのです。
遺族や親族以外にも故人と生前親しくしていた友人などを招いて、きちんとした法要を営むというケースが多くなっています。具体的には、住職を呼んで読経をあげてもらって供養をしてもらい、参列者の焼香のあとにお墓参りをしたり精進料理などでもてなすというのが一般的です。

初盆の場合には通常のお盆とは違ってやることや手配することが多くなっています。
通常は精霊棚やお供え物、盆提灯などを用意して住職に供養してもらうことになりますし、家族だけでなく親せきや親しい人を招く場合には法事の案内状なども用意しなければなりません。
お盆の時期は住職も忙しくなる時期ですから、初盆の場合には遅くとも1カ月前までには住職に確認をとって予定を押さえてもらっておくようにしましょう。
精霊棚や提灯などの手配も忘れないようにしてください。
また、法要の後に会食をするのならその手配、住職に渡すお布施の準備などをしておく必要があります。初盆をきちんと行うためには事前の準備が大切になりますから、必要な物や手配する物をしっかり把握して準備を進めるようにしましょう。

初盆と新盆の違いって?

地域によっては四十九日後初めて迎えるお盆のことを、初盆と言ったり新盆と言ったりしますが、この二つに何か違いはあるのでしょうか。嫁ぎ先では実家と呼び方が違うけれどなにか意味も違うのだろうか、することに違いがあって失礼があったら大変、と悩んでいる人も多いでしょう。

まず、初盆と新盆に意味合い的な違いがあるのかというと、これはありません。この二つに意味の違いはなく、どちらも「四十九日後初めてのお盆」のことを指しています。つまり、ただ呼び方が違うだけと思ってもらって構いません。
呼び方は地域によって分かれていて、西日本では「初盆」と呼ぶことが多く、東日本では「新盆」と呼ぶことが多いようです。しかし、同じ関東でも市や県によって細かく違っていたりします。ですから一概に東と西で分けられるものではないので、大体このような分け方というような大雑把な認識で大丈夫です。
また、その読み方も各地域によって違いがあり初盆なら「はつぼん」「ういぼん」、新盆なら「あらぼん」「にいぼん」「しんぼん」などと地方ごとに違ってきます。どれも意味合いやするべきことに違いはありませんから、聞きなれない呼び方でも安心してください。

なぜこのように読み方がバラバラなのか、ということについてはわかっていないのですが、メディアや放送関係などでは「初盆(はつぼん)」「新盆(にいぼん)」と呼んだり書いたりすることが多いので、この二つがメジャーな呼び方ということでしょう。

普段のお盆とは何が違うのか

普段のお盆でも故人の霊を迎え入れるためにお供え物や提灯などの準備をしますが、初盆と普段のお盆の違いとはなんなのでしょうか。
大きな違いとしてあげられるのは、親族や友人などを招いて、住職に読経をあげてもらい供養をするということになります。通常のお盆では親せきなどを呼ぶことはなく家族のみで行いますし住職を招いて読経を上げてもらったりというような法要を行うこともありません。
しかし、四十九日後初めてお盆の場合には、念入りに供養をするために家族以外の親戚や友人、住職を招きしっかりとした法要を行うというのが特徴です。

初盆の時に用意するものとしては宗派によって細かな違いはありますので一概には言えませんが、一般的には精霊棚、精霊馬、盆提灯などを用意する必要があります。

精霊棚は、先祖の霊を迎え入れるために必要な棚のことで、この棚にお供え物や精霊馬、位牌などを安置することになります。
地域によっては盆棚と呼ばれることもありますが、どちらも意味は一緒です。この精霊棚の飾りつけというのは地域や宗派によって違いがありますし、宗派によっては精霊棚を飾らないという場合もあるので、特定の宗派を持っている方はそのやり方に従って行うようにしましょう。
一般的には、仏具店などで売られている精霊棚のセットを買う、もしくはレンタルをして飾ることが多くなっています。精霊棚はこの先のお盆でも使うことになりますので、セットで買っておいた方が後々のことを考えればいいでしょうが、スペースがないという場合にはレンタルでも構いませんし、初盆より後のお盆は棚を使わずに小さい机などを利用した簡易的な飾りつけでも構いません。精霊棚にはお供え物を飾りますが、これも宗派によって違いはありますが基本的には団子を作ってお供えするというケースが多いのが特徴です。

次に精霊馬ですが、これは精霊棚に飾る馬と牛をかたどった人形のことです。こちらは、初盆でなくても飾るという家庭も多いでしょう。割り箸や爪楊枝などをキュウリやナスに刺して作ります。この精霊馬を飾る意味としては、先祖が返ってくる時に馬に乗って早く帰ってこられるようにという意味と、帰りは牛に乗ってゆっくり帰ってほしい、という遺族側の思いが込められているのです。基本的にはキュウリで作るのが馬、ナスで作るのが牛とされています。

盆提灯は通常のお盆の際には絵柄のついた盆提灯を使いますが、初盆の場合には白提灯を飾ります。清浄無垢の白で故人の霊を迎えるという意味から、白木でつくられた白紋天の提灯を使うのが一般的で、玄関先や軒先、仏壇の前などに吊るすという飾り方するのです。吊るすタイプではなく、玄関先に置くタイプもありますが、マンションなどで場所を取れないという家庭も多いので、吊るすタイプの方が一般的でしょう。
盆提灯の場合には二つ一組で飾るのが一般的ですが白提灯は一つあればいいので、対にして飾ったりいくつも飾る必要は基本的にはありません。
しかし、これも宗教や宗派によって違いがあるため、特定の信仰を持っている場合にはその宗派のやり方に従ってください。この白提灯は初盆が終わったあとに燃やして処分したり菩提寺に供養してもらったりすることになりますので、菩提寺があれば白提灯はどうすればいいのかということを相談してみてください。初盆で読経を上げてもらう依頼をした時に、一緒に白提灯の処分方法について聞いておくとスムーズでしょう。
また、絵柄の入った盆提灯を親せきなどから贈られていた場合には、精霊棚のわきに飾ってもらって構いません。数についても制限はありませんから、飾ることのできるスペースに応じて決めてください。この絵柄付きの盆提灯は初盆だけでなく毎年使うものになりますから、お盆が終わったら綺麗に掃除してしまっておくようにしましょう。

初盆で提灯を飾る意味

お盆には、精霊棚を仏壇の前に飾って、先祖の霊が迷わずに帰ってこられるように目印となる盆提灯を飾るといった風習が一般的にはあります。
先祖や故人の霊が迷うことなく帰ってくるための盆提灯は、迎え火・送り火という大切な役割があるのです。また目印としてだけではなく、盆提灯は故人の冥福を祈ったり感謝の気持ちを表して供養するという意味合いもあります。
お盆の度に使われる絵柄のついた提灯は二つ対で飾られるもので、親族や友人などから贈られることが多いのが特徴です。絵柄の入った盆提灯はいくつ飾ってもいいとされているので、スペースさえあるのなら贈られたものすべてを飾っても構いません。

一方白提灯は、初盆のためだけに使う提灯になっています。盆提灯と同じく初めて帰ってくる故人の霊が迷わないよう、玄関先や軒先などのわかりやすいところに目印として吊り下げるのが一般的です。
この白提灯は初盆の時にだけ飾る提灯ですので、初盆が過ぎた後の通常のお盆の時には使いません。
絵柄のついた盆提灯は親せきや友人から贈られることも多いでしょうが、初盆で使う白提灯の場合は、故人の親族が一つ用意して、白提灯に家名や家紋を入れて飾るのが一般的です。白提灯に使われる木の部品は白木で作られていて、清浄無垢を表しているとされています。

なぜ白提灯を使うのかということについては、いくつかの理由があると言われています。
まず、亡くなって間もない故人の霊を、清浄や無垢を表す「白」で華やかな色彩を避けてお迎えするためという説です。
もう一つの説は、地域や宗派などによって、戒名や経文を白提灯に書いて軒先に飾るため、というものです。

諸説ありますが、家名や家紋が入った白提灯を飾っておくのが初盆を執り行う上では一般的ですから、初盆を迎える前に用意しておきましょう。
家紋などを入れる場合には、初盆の1カ月ぐらい前には注文しておくようにした方が無難です。手配が遅くて初盆に間に合わなかったということではいけませんから、早めの準備を心がけるようにしましょう。

初盆の時期はいつ?

初盆の時期は、通常のお盆の時期と変わりなく多くの地域では8月13日~16日となっています。一部の地域では7月に行われることもあるようですが、多くの地域では8月13日~16日というのが主流です。

まず、13日には迎え火といって先祖をお迎えする日になります。
この迎え火の時には午前中に精霊棚の飾りつけやお供え物の準備などをして、先祖を迎えるための用意をします。
仏壇から位牌を取り出して、精霊棚の中央に置きましょう。この時、仏壇の扉は閉めておきます。準備が終わったらお墓参りをしてお墓の掃除を行いましょう。日が暮れてきたら、盆提灯に火を灯して先祖の霊を迎え入れます。

14日~15日の間に、初盆の供養を行うという家庭が多くなっています。親族や友人などを招き、住職を呼んで読経を上げてもらって焼香などをする法要を行うのです。
お墓が近くにあるのなら揃って墓参りをするというケースもありますが、この辺りは地域によって違いますので、それぞれの慣習に従ってください。お墓参りのあとに、自宅または用意した会場で会食を行うといったことが通例です。

16日は先祖をお送りする送り火の日になっています。先祖をお送りするのは夕方になりますので、日中は最後のお供え物をしたりお祈りをするなどして、先祖の供養をしましょう。夕方には送り火を焚いて先祖をお送りしますが、この時に白提灯を一緒に燃やす場合もあります。マンションや住居環境から火を焚くのが難しい家庭が多いので、白提灯の処分は後日という場合が多いでしょう。

このように、初盆の場合には4日を掛けて先祖のお迎え、お送りをして丁寧に供養するというのが一般的な発問になります。
また、初盆は亡くなって四十九日が経った後初めて迎えるお盆ということになっていますので、亡くなった時期によっては次の年が初盆というケースもあります。たとえば、7月の半ばに亡くなったという場合だとお盆を迎える時にはまだ四十九日を迎えていませんから、その場合には初盆は次の年のお盆の時期ということになりますので覚えておいてください。

初盆の時期を間違えないようにしよう

このように初盆にはきちんとした意味や用意するもの、手順などが存在しています。大切な家族が亡くなって初めて迎えるお盆ですから、しっかりと準備をして故人の魂をお迎えするようにしてください。そうすることで、故人への感謝を表すことにもなりますし供養にもなるでしょう。
また、亡くなった時期によっては亡くなった翌年が初盆ということもあります。四十九日があけていないタイミングでお盆がきた場合には初盆の供養は行わず、その翌年に初盆を執り行うことになります。四十九日があけていないのに間違えて初盆を行ってしまう、次の年に初盆を執り行うのを忘れてしまうと言ったことがないように、くれぐれも初盆の時期には注意してください。

お坊さん手配のご予約はこちら

お坊さんの手配は混雑で手配できない場合もあります。
ご予約は遅くても法要日の1ヶ月前にはしましょう。

①ご利用は初めてですか
はい いいえ
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 投票, 平均点: 3.50 )
Loading...
↑ページの先頭に戻る