カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次

初盆(新盆)に必要なお布施はいくらなの?渡すために必要なマナーは?

四十九日法要のお坊さんの手配をご希望の方はこちら

初盆(新盆)は日本において特に重視される節目の法要であり、僧侶に依頼して特別に供養してもらうケースも多いです。
この場合、自宅や葬儀会館、お墓の前など様々な場所で読経してもらうことになるのですが、その際に渡すことになるのが「お布施」です。
お布施は僧侶へのお礼として渡されるものですが、いくら包めば良いのか分かりづらいので困りがちです。故人に恥をかかせないためにもスマートに渡したいところなので、お布施に必要な金額や渡す際のマナーについて詳しく見ていきましょう。

初盆に必要なお布施って何?

初盆に限らず、法要や法事で僧侶を招いて読経してもらった場合には、僧侶が所属するお寺へ謝礼金を渡す必要があります。
いかにお寺といえどもボランティアでありがたいお経をあげてくれるわけではないので、きちんとお礼を差し上げなければなりません。この謝礼金がお布施と呼ばれるもので、実際には僧侶やお寺に対して渡しますが、本来は仏様などのご本尊に対して捧げる感謝のしるしを意味します。

お寺は、受け取ったお布施をもとに法務を行ってご本尊をお守りします。また、お布施はご本尊を守るために活動する僧侶や家族の生活を助けるためにも用いられ、最終的にはやはりご本尊のために使用されます。
お布施はあくまでもお礼という意味合いが強いため、一般的なサービスの対価のように金額が決まっているわけではありません。地域によってはお金ではなく品物を渡すところもあり、檀家の感謝の気持ちを示すものだと覚えておきましょう。
現実的にはお金による謝礼が行われるのが一般的で、初盆の場合は特に重要な法要なので金額も高くなることが多いです。お布施の内容や金額については地域ごとに特徴が異なるため、事前に確認しておきましょう。

初盆のお布施の相場はいくら?

初盆のお布施としていくら必要になるかは、宗派やお寺によってそれぞれ異なります。
お布施はお礼という意味合いが強いため、明確な料金表などは存在していません。仏様へ対する感謝の気持ちを金額に変えて包むのが基本とされ、実際に金額についてお寺に尋ねても明確に提示されないことが多いです。
こうなると施主としては悩んでしまいますが、いくら気持ちで良いとは言われても、1,000円だけ包むなどということはあり得ません。初盆は初めてのお盆の法要であり、故人を亡くしてから時間もあまり経っていないため、特に重要な供養だと考えられています。このことはお寺も僧侶も十分承知しており、通常の法要以上に入念に供養を行ってくれます。ここで不十分なお礼をしてはお寺に対して失礼ですし、何より故人の面目まで潰してしまいます。このため、初盆のお布施の相場については正しく理解しておくことが大切です。

一般的な法要の場合、規模にもよりますが約5,000円から20,000円程度が相場です。
これに対し、初盆だと親戚や知人などにも声をかけて法要を行うため、かなり大掛かりなものになります。僧侶が自宅まで来てくれたりお墓の前まで足を運んでもらったり、お寺の本堂を借りて行うなど形態は様々ですが、いずれも手間や労力がかかります。このため初盆のお布施は金額も上がり、約30,000円から50,000円前後を包むのが一般的なマナーとされています。
金額が高いと驚く人もいるでしょうが、お盆の法要は毎回これだけかかるというわけではなく、あくまでも初盆の時だけの特別な金額です。一度きりの特別な法要なので、必要経費としてしっかり支払うようにしましょう。
地域によっては読経の後に僧侶も交えて食事会が開かれたり、折詰弁当やお土産などを渡すこともあります。この場合はお布施の金額からその分を差し引いて良いのかと思いがちですが、お布施は読経や法要全般に対する謝礼であり、食事代やお土産代とは別に考えなければなりません。食事などを振る舞ったとしても、お布施の金額を減らせるわけではないので注意しましょう。
ちなみに、お寺の本堂や集会場などを借りて初盆の法要を行った場合、お寺の関係者が参列者に飲み物やお菓子などを配ってくれることもあります。この場合は手間や費用も余分にかかっているので、相場よりも若干多めにお布施を包む必要があります。

30,000円から50,000円というのはあくまでも相場なので、必ずこの範囲に収めなければならないわけではありません。経済的に厳しければ20,000円でも仕方ありませんし、故人の生前もお世話になっていたなど感謝の気持ちが大きければ100,000円包んでも構わないのです。
最終的に金額を決めるのは施主なので、相場を参考にして包める金額を考えていきましょう。包んだ金額によって後日お寺から何か言われることもないので、安心してください。ただ、あまりにも相場より低い金額では、今後のお寺との付き合いに溝が生まれてしまう可能性もあるので注意しましょう。

忘れてはならないお車代と御膳料

お寺以外で法要を行う場合、僧侶に現地まで足を運んでもらう必要があります。
自家用車やバイクで来る僧侶が多いのですが、このような場合はお布施以外にお車代も必要になります。お車代は交通費のようなものですが、実際にかかる交通費よりもかなり多めに包んでください。
一般的には約5,000円から10,000円ほどを包むことが多く、単なる実費というより出張費としての意味合いが強いです。
お寺で法要を行う場合は僧侶が移動する必要もないので、お車代は必要ありません。車やバイクを使わない場合はタクシーで来ることもあるので、事前に移動手段を確認しておきましょう。タクシーの場合は施主側が送迎の手配を行い、タクシー料金も確認したうえで事前もしくは当日に支払っておきます。

また、初盆の法要では読経の後に参列者全員で食事を行うのが通例ですが、この席には基本的に僧侶も招くことになります。
食事をしながら故人の思い出話をしたり、僧侶のありがたいお話を聞いたりするのですが、実際には食事会に僧侶が出席することは滅多にありません。初盆の時期は短いので他の多くの家庭も法要を希望しており、1日にいくつもの会場を回って読経しなければならないためです。
また、他人がいては気を遣わせてしまうという配慮から、予定が無くても食事会を辞退する僧侶も多いです。このような場合は、食事会に参加する代わりに御膳料を受け取ってもらいます。御膳料は食事の代わりではありますが、金額は実際の食事の内容に関わらず5,000円から20,000円前後を包むのが相場です。

お車代や御膳料は初盆の法要に付随するものであり、本来の供養とは別に考えます。このため、供養に対する謝礼であるお布施とは分けて用意しなければなりません。くれぐれも、お布施からお車代や御膳料の金額を差し引いたりしないでください。
ちなみに、用意するお金は新札でも旧札でも構いません。葬儀や通夜の場合は、急なことで時間が無かったという哀悼の意を示すためにも旧札を使いますが、お布施はあらかじめ必要になるのが分かっているので新札でも問題ないのです。不祝儀事に新札を使うのがどうしても躊躇われるという場合は、新札を軽く中央で折ってから封筒に入れると良いでしょう。こうしておけば新札扱いにはなりませんし、旧札ほど汚れていることもないので、お寺へのマナーとしても最善です。

お布施を渡すための袋の書き方

通常、慶弔事でお金を入れるものといえばのし袋ですが、お布施を入れる場合に限ってはのし袋は使いません。市販されている普通の白い封筒で構わないので、新品を用意しましょう。たまに内袋が付いて二重になっている封筒もありますが、不幸が重なるという意味に繋がるので避けた方が無難です。

封筒を準備したら、黒く濃い墨で「御布施」や「お布施」、「御経料」のいずれかを表書きします。葬儀関連の表書きは全て薄墨を使うと誤解している人も多いですが、薄墨はあくまでも急な葬儀や通夜で墨が準備できなかった、悲しくて涙で墨が薄くなったという意味で用いられます。お寺へ渡すお布施には薄墨を使う必要はありませんし、初盆はいつ必要になるか分かっているものなので黒い墨を使いましょう。
封筒の上段には表書きを記し、下段には施主のフルネームか名字を記します。名字の最後に「家」を付けておくと、より正しい書き方になります。

裏面には特に何も記す必要はありませんが、お寺や僧侶との親交がなかった場合は、施主名や住所、電話番号などを記載しても構いません。
これまでにも法要を行うなどしてお寺と顔なじみになっている場合は、わざわざ名前や住所を記さなくても良いでしょう。お布施の金額も特に必要ありませんが、書く場合はアラビア数字ではなく旧字体の漢数字や単位を用います。慶弔事のお金は一や三などの一般的な漢数字ではなく、壱や参というように旧字体で記すので注意してください。

お車代や御膳料の袋の書き方

初盆の法要のお車代や御膳料を包む場合も、基本はお布施の封筒の書き方と同じです。白く新しい封筒を用意し、黒い墨で表書きなどを記します。表書きは封筒の上段に記し、そのまま「お車代」や「御膳料」と書いてください。お布施とは違い、下段に施主のフルネームなどは必要ありません。どうしても名前を書きたい場合は、裏面に住所や連絡先と一緒に名前を記しましょう。こちらも金額を書かなくても構いませんが、記す場合は旧字体を使うようにしてください。ちなみに、お車代と御膳料はどちらも支払うことが多いので、同じ封筒にまとめて入れても構いません。この場合は、封筒の上段にお車代と御膳料の表書きを連記してください。

お布施を渡すときのポイント

お布施は単純に封筒にお金を入れて手渡せば良いわけではなく、重要な法要らしくマナーを守った渡し方を心掛けなければなりません。まず、封筒にお金を入れる段階から注意を払いましょう。お札は表側を向け、福沢諭吉が上の方に来るように入れるのが正しい入れ方です。封筒から取り出した時に、すぐに福沢諭吉が見えるようにしておきます。

法要後に僧侶に渡す際には、直接封筒を持って手渡しするのはマナー違反です。
切手盆と呼ばれる小さなお盆に乗せたまま渡すのですが、切手盆がない場合は小さめのお盆でも構いません。お盆の大きさにはこだわらない僧侶が多いので、あまり気にしなくて良いでしょう。
使えそうなお盆が全くないという場合は、袱紗の上に乗せて渡します。ただし、袱紗は結婚式で使うような赤など派手な色ではなく、黒や紫といった地味な色を使いましょう。
今後も法要などが立て込んでいたり、お寺や僧侶との付き合いが続いていく場合は、切手盆を購入しておくと便利です。
お布施以外にお車代や御膳料を一緒に渡す場合は、まず一番下に御膳料で真ん中にお車代、一番上にお布施という順番で乗せてください。また、渡す時は必ず表書きの向きを受け取る側に合わせましょう。自分の方に向けたまま渡すのは失礼なので、僧侶が表書きを読めるような向きで渡すことがポイントです。また、暑い中読経のために来てくれた僧侶を労わるためにも、お布施だけでなく冷たい飲み物なども一緒に出すと良いでしょう。忙しい場合は手を付けないことも多いですが、労わりの気持ちが見えると僧侶も喜んでくれることが多いです。感謝の気持ちを伝えるためにも、実践してみてください。

最後に渡すタイミングについてですが、一般的には法要が終わった後、帰る直前に渡します。ただ、初盆の時期は僧侶も忙しいことが多く、読経が終わるとすぐに帰ってしまうことも珍しくありません。帰る直前にもたもた準備していると、渡しそびれたまま僧侶が返ってしまう可能性もあります。
このため、法要が始まる前、僧侶が到着したタイミングを見計らってお布施を渡すという方法もあります。この場合、「お暑い中お越しいただきましてありがとうございます。本日はよろしくお願いいたします」など一言添えてから渡すようにしましょう。もちろん、法要後に渡す場合も「本日はありがとうございました」とお礼の言葉を添えつつお布施を渡します。黙ってお布施を渡すだけでは社会人としてのマナーが疑われるので、必ず挨拶をしてから渡してください。

お布施をスムーズに渡せるようにしよう

初盆は準備することが多いですが、その中でも法要の主軸となる読経へのお布施は特に重要なものです。お布施を正しく準備できなければ供養してくれた僧侶を嫌な気持ちにさせてしまい、残念な記憶が残る法要になってしまいます。初盆はたった一度きりなので、故人のためにも滞りなく済ませてあげたいと思う施主が多いでしょう。そのためにも、肝心のお布施で気まずい思いをすることのないよう、知識をつけておくことが欠かせません。いざというときにスムーズにお布施を渡せるよう、マナーや基礎知識を徹底的に覚えておきましょう。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

ご利用者数No.1のお坊さん手配サービス「お坊さん便」なら、法事・法要のためのお坊さんを定額費用で手配します。
お問い合わせ・ご依頼は下のフォーム、またはフリーダイヤルにお電話ください。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

0120-541-609
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (13 投票, 平均点: 3.85 )
Loading...
↑ページの先頭に戻る