四十九日法要について

四十九日法要とは

四十九日法要とは七七日(なななのか)ともいい、七七日はご逝去当日から数えて49日目(地域によってはご逝去の前日から数えて49日目)をさします。

四十九日では最後の審判が行われます。この日は、「泰山王(たいせんおう)」が六つの世界(六道)の中から行き先を選びます。
また、故人が亡くなってから来世へ転生する準備期間の最後にあたる法要でもあります。この間、故人はこの世と彼の世の間を彷徨っているとされています。
これまでの「生」と新しい「生」との中間的な時間とされ、「中陰(ちゅういん)」または「中有(ちゅうゆう)」といいます。「忌日法要(きじつほうよう)」は「初七日(しょなのか)」~「六七日(むなのか)」と続き、これらの法要を「中陰法要」といいます。そして、「七七日(なななのか)」の四十九日目の忌日を「満中陰(まんちゅういん)」といいます。
また、四十九日は忌日法要の最後にあたることから「忌明け(きあけ)」とも呼ばれます。なお、浄土真宗では、亡くなった人は直ちに極楽浄土するという考えに立っており、中陰を転生の時間とは考えませんが、中陰法要も故人を偲び仏法に親しむためのものとされています。

この四十九日の期間は遺族にとっても大切な時間となります。故人の死を受け容れ、死別の悲しみを癒やし、回復するための時間とされます。
また、遺族がきちんと法要を執り行い祈ることで、故人がよりよい来世を迎えることができるとされています。とても重要な法要ですので、親類縁者を招き、丁重に執り行いましょう。※宗派によりさまざまな考え方があります。

料金

法事の読経

初回 35,000
お坊さん便の利用が2回目以降 45,000円
  • 全国で手配可能
  • 仏教主要宗派を手配可能

料金に含まれるもの

  • 読経法話
  • 開眼法要
  • 納骨法話
  • 宗派指定料
  • 心づけ
  • 御車代
  • お膳料
  • 仮位牌のお焚き上げ

追加料金がかかる場合

  • 仏前+墓前など2箇所での法要
    +10,000円

  • 複数名の法要を同日に行う場合
    +10,000円

ご依頼から法要までの流れ

  • 1 お問い合わせ

    お電話またはウェブフォームからお問い合わせください。お坊さんの手配に必要な情報を伺わせていただきます。

  • 2 お坊さんの決定報告

    当日お勤めいただくお坊さんについてご報告いたします。ご不明点やご質問等ございましたら、お聞かせください。

  • 3 手配報告書の郵送

    ご依頼いただきました内容と当日お勤めいただくお坊さんについて記載された「手配報告書」を郵送にて送付させていただきます。内容をご確認ください。

  • 4 お坊さんから挨拶連絡

    お坊さんから挨拶の連絡が入ります。法要の時間や用意するもの、当日の詳細な打ち合わせ等、ご相談いただけます。

  • 5 法要の準備

    法要の準備をお願いいたします。
    ・納骨法要を行う場合
    →石材店にお声掛け頂く必要がありますので、ご確認ください。
    ・仏壇や位牌の開眼法要を行う場合
    →仏壇や位牌が当日までにお手元に届くようにご調整ください。

  • 6 法要当日

    法要を執り行います。位牌・仏壇開眼、仮位牌引き取り、納骨法要をご希望の方は、あらかじめ当社へ依頼の際にお伝えください。
    法要・法話がおわりましたら、お坊さんに料金を直接お支払いください。

ご利用いただいたお客様の声

お客様のインタビューを紹介

お客様の評価

ご利用いただいた方のサービス満足度平均 4.7
↑ページの先頭に戻る