7月・8月は混み合うため、事前のご予約をオススメします

通話無料
日時や場所が未定でも予約できます
0120-541-609 365日年中無休 受付時間/8:30~20:30
カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次
一周忌法要のお坊さんの手配をご希望の方はこちら

一周忌に参列いただく範囲と喪主・参列者が準備すること

この記事を読んでいる人におすすめのサービス

故人がお亡くなりになられてから1年が経つと、一周忌の法要をするのが一般的です。
しかし、不慣れな場合はどのような準備をすれば良いか、わからないことも多いのではないでしょうか。
一周忌をきちんと迎えることで、お亡くなりになられた方も残されたご遺族も、安らかな気持ちになれるでしょう。

今回の記事では、一周忌に関する基礎知識を幅広く紹介していきます。

お坊さんの手配をご希望の方はこちら

一周忌とは?

一周忌とは、故人がお亡くなりになられてからちょうど1年後の祥月命日に行う法会(ほうえ)の事を言います。
百箇日に「平等王(びょうどうおう)」による再審が行われ、一周忌では「都市王(としおう)」により、再度再審が行われます。
ただし、家族や親族の供養がなければ救済を受けることはできないとされています。

一周忌法要とは?

1年という大きな節目となる法要のため、親族や故人の友人や知人など幅広くお招きすることが一般的です。
一周忌は通常、祥月命日に執り行うものですが、日程の関係などでちょうどその日に参列者が集うのは難しいケースもあるかもしれません。
その際は前倒しにして行うのが習わしで、通常は命日の後に行うことはありません。
※祥月命日とはご逝去された同じ月、同じ日のことをさします。法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら。

一回忌と一周忌の違い

一周忌と似た言葉に一回忌がありますが、両者はまったく意味が違うものなので法要のやり方も異なります。

一回忌とは

一回忌とは、1回目のおつとめの事を言います。
1回目のおつとめとは、葬儀におけるおつとめになりますので、葬儀=一回忌となります。

一周忌とは

一方で、一周忌とは、没後の翌年に、没後から1年経ってから行われる法会の事を言います。
おつとめで言いますと、2回目のおつとめですので、一周忌=二回忌です。
周期は満年齢と同じ数え方なのに対し、回忌は数え年と同じ数え方をします。
二回忌とは言わず、一周忌と一般的に言われるのは諸説ありますが、一回忌から一年、一周したことで服喪の期間があけるという事だと言われております。

回忌にも周忌も特別に法要する年があります。
一般的に行われるのは、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌です。
こちらを見てもわかるように、ほとんどの法事が周忌ではなく回忌で行われます。ただし、一周忌だけは周忌で行われるので覚えておきましょう。

一周忌に参列いただく範囲

一周忌に参列いただく範囲、つまり一周忌にお呼びする方の範囲については、一般的には、遺族・親族・故人の友人・知人など、ごく親しい人だけとされております。
葬儀とは異なり、近親者のみで故人を偲ぶ事が目的であるためです。
ここがお葬式や三回忌以降と大きく異なる点です。

お葬式の場合は仕事関係や近所の方など、生前に故人と関わりがあった人たちに幅広く声をかけます。
一方で、三回忌以降は多くの場合には近しい親族のみで執り行われるのが普通です。
一周忌に参列いただく範囲は、そのちょうど中央だと言えるでしょう。
そのため、誰を呼ぶかを決めることは、実は一周忌が一番難しいかもしれません。

一周忌で喪主側が準備すること

続いて、一周忌を行うにあたり、喪主側が準備することを紹介します。
一周忌も立派な法要なので、施主が準備することは多くあります。ここでは7つのカテゴリに分けて詳しく説明していきます。

参列者への案内状

一周忌を行う旨の案内状を用意します。
お斎や引き出物などの準備の都合もありますので、返信用はがきを同封するか、往復はがきで出欠をいただくようにしましょう。

案内状には何を書けばいい?

案内状に書き込むべき内容は、まず故人と施主の氏名、一周忌法要である旨、日程と場所です。
これらを明記しないと、参列者が参加の可否を決めることができません。

また、会食やお墓参りの有無、卒塔婆供養や納骨があれば、その旨も記載しておきましょう。
これらがある場合には、必然的に時間が長くなります。
参列者のなかには、会食などすべてに参加はできないものの、読経だけでもという方がいらっしゃるかもしれません。
具体的に案内を書くことで、参列者側に考える余地を与えることが可能となります。

案内状のマナー

また、お悔やみごとに関する案内状を書くマナーとして、句読点を用いないことにも注意しましょう。
「、」と「。」がなくても相手に伝わるような書き方を心がけることが大切です。
さらに、二重封筒は手紙を送る際の正式なやり方とされますが、「不幸が重なる」という意味合いから、こちらもお悔やみごとには用いないのが一般的です。
返信が欲しい場合は往復ハガキを略式として使うこともできます。

菩提寺への連絡・僧侶(お坊さん)の手配

菩提寺がある場合は、菩提寺へ連絡します。
菩提寺がない場合は、初七日法要や四十九日法要をしていただいたお寺さんにお願いするか、当サイトなどの僧侶(お坊さん)手配サービスを利用しましょう。

お経をあげていただいたお礼として、僧侶へのお礼も忘れてはいけません。
会食を伴う場合は、僧侶に出席可能かを尋ねます。そのほかにも、お返しとして引き出物を用意したり、お布施を渡したりすることもできます。
また、お布施とは別に、自宅で法要を行う場合にはお車代を、僧侶が会食に出席しない場合には御膳料を包むのが一般的です。

お布施などを渡す際のマナーは、手で直接行うのではなくお盆に載せましょう。
金額はあくまで気持ちなので、相場というものはありません。
自身の経済状況や僧侶に割いていただいた時間などを考え、適切な額を見つけることが大切です。

お坊さんの手配をご希望の方はこちら

供え物、供花の手配

一周忌の法要を行うにあたり、故人の祭壇が寂しくならないよう、供え物や供花を準備しましょう。
一周忌に最適な供え物としては、果物や線香などが挙げられます。
参列者からも供え物をいただく可能性がありますが、施主側でもあらかじめ用意しておきます。

供花の選び方

また、お供えに使用する花は、一周忌の場合は淡い色が適切です。
通常、四十九日までは白を基調とした花を供えますが、時間がある程度経過した一周忌には色付きのものも選ぶことができます。
選ぶ際には生花が基本で、すでにアレンジメントされているものであれば、花瓶の用意をしないで済むので便利です。バラなどのトゲがある花は、花屋でトゲを落としてもらいます。

一周忌を行う場所の手配

施主が行うこととして、一周忌の法要を行う場所も手配します。
自宅に招く場合は外の場所を確保する必要ありませんが、自宅以外の場所で行う場合や自宅にお仏壇がない場合は、お寺さん等に相談して一周忌を行う場所の手配をしましょう。

自宅以外で行う場合

自宅以外の場合、お寺やホテル、法要会場などがよく使用されます。
会場使用料が予算にあうか、僧侶や参列者が来やすいかなどを総合的に考えて場所を決めましょう。

僧侶(お坊さん)へのお布施など

僧侶(お坊さん)へおさめるお布施を準備しておきましょう。
お布施の相場について、詳しく知りたい方は、法事法要でのお布施の目安・相場をまとめた、コチラの記事をご参照ください。

お斎(おとき)の食事の手配

法事・法要での食事を人数分、手配しておきましょう。
外部の会場・お店を手配する場合は、料理とともに、会場・お店の予約も行いましょう。

お斎の費用相場

一周忌で用意する料理の費用相場は、法事の規模によって異なるものの、ひとり当たりの金額はおよそ5000〜1万円です。
親族だけが出席する小規模な法要の場合、3000〜7000円程度でも問題ありません。

僧侶がお斎に出席される場合は、お斎のあとに、お布施・お車代をお渡しします。
もし、僧侶がお斎に欠席される場合は、お布施・お車代・御膳料の3つを、お斎の前にお渡ししましょう。

参列者への引き出物

参列者への引き出物は半返しか3分の1返しが基本です。
何を贈るべきかや、贈る際のマナーもあるので、しっかりと基本を押さえておきましょう。
とりわけ、香典返しで使用するのしの表書きには、「志」「粗供養」といった決まった書き方があります。
水引にもマナーがあるので、親族のみの法事であったとしても、のしの礼儀はきちんと行うことが重要です。
詳しくは、コチラの記事をご参照ください。

また、一周忌法要では参列者や欠席者から香典をいただくことが珍しくありませんが、その場合は引き出物ではなく香典返しとして現金で返すこともできます。
お金の場合も、相場はいただいた香典の金額のだいたい半返しか3分の1返しとなります。
会食を伴う場合は会食でかかった費用を引き、残ったも金額の半返しか3分の1返しを行いましょう。
たとえば、1万円をいただいて会食に5000円かかった場合、香典返しの額は2000〜3000円程度となります。
香典をいただく側の施主は、マナーを守ってお返しすることが大切です。

一周忌で参列側が準備すること

最後に、一周忌に参列する人が準備することを紹介します。
一周忌法要は施主だけではなく、参列者全員で良い雰囲気にする努力が求められます。ここでは、参列者がすべき4つの準備について解説していきます。

案内状の返信

喪主側から届いた案内状に返信をします。
喪主側の準備もありますので、なるべく早めに返信をしてあげるように心がけましょう。

案内状の返信方法

案内状の返信は、たいていの場合返信用の紙が同封されていたり、往復ハガキだったりするので、そちらを利用します。
返信用の紙やハガキには、「御出席」「御欠席」と書かれてあるのが通例ですが、返信の際には「御」に二重線を入れて出席あるいは欠席を丸で囲みます。
出席の場合は御欠席に、欠席の場合は御出席に二重線を入れて消すことも忘れないようにしましょう。
このほかにも、「御住所」「御芳名」など案内状に書かれているすべての「御」に二重線(御芳名の場合は「御芳」に二重線)を入れて返信をします。

その際、「御」など一文字を消す場合は斜めの二重線で、「御芳」など二文字以上を消す場合は縦書きなら縦の二重線にします。
また、出席にせよ欠席にせよ、単に丸で囲うだけではそっけない印象になるので、出席・欠席の下に「させていただきます」といった文言を書き添えると丁寧な印象です。
さらに、返信用封筒や往復ハガキの表には、施主の名前とその下に「行」と書かれていることがあります。
返信する際には「行」を二重線で消し、個人の場合は「様」に、企業など団体の場合は「御中」と書き換えるのも忘れないようにしましょう。

服装の準備

葬儀のように喪服で参列する必要はありませんが、黒のスーツなど、フォーマルな服装にしましょう。

男性の場合

男性の場合は、ベルトやネクタイ、靴下、靴なども黒で統一します。
ワイシャツは白のシンプルで光沢はないものを着用します。
時計やカバンなどのアイテムにも気を使い、時計は派手ではないものを、カバンは黒か黒に近い色のものを選ぶことがポイントです。
コートやマフラーの場合は黒がなければダークグレーなどでも構いません。
会場に入る際には事前に脱いでおくのがマナーです。

女性の場合

女性の場合も黒を基調とした服装をし、靴やカバン、ストッキングなども黒系で統一することが求められます。
光沢のある生地やアクセサリーを選ばず、派手な印象がでないものでコーディネートしましょう。
アクセサリーとして使える素材は、パールなどが適しています。

女性の場合、露出の高い格好や華美なメイクを避けることもポイントです。
夏場はどんなに暑くても肌はなるべく出さない格好を心がけます。

子供の場合

子どもの服装も基本的に黒やダークな色を着ます。
その際は、柄物を避けるのがマナーです。学生服がある場合はそちらを着用しても問題ありませんが、派手な制服の場合はスーツを着用したほうが無難です。
子どもだからといって参列の際に服装マナーを無視しても良いわけではないので覚えておきましょう。

服装について、詳しくは、コチラの記事をご参照ください。

香典の準備

法事・法要での香典について、宗教・宗派によっても異なってきます。

日本の場合、仏教、神道、キリスト教に大別されます。
いずれも独自のマナーやルールがあるので注意しましょう。
たとえば、神式では御霊串料、キリスト教ではお花料などがあります。
ただし、形は違っても香典金額の相場はだいたい同じなので知っていると便利です。

詳しくは、コチラの記事をご参照ください。

供え物の準備

一周忌で供え物を準備したら良いかどうか迷われる人も多いと思います。
あまり高価なものを準備しても、遺族側が困ってしまいますので、手土産程度の数千円程度のものを持参されると良いでしょう。
どうしても迷われる場合は、遺族側や喪主に相談しましょう。
友人として法要に参加する場合、お供えものの相場はおよそ5000円〜が妥当です。贈るものは花や果物などが一般的です。

一周忌は祥月命日であることから、お供え物も命日を意識したものにすることが大切です。
あくまでお供えものなので、故人の祭壇に飾っても違和感のないものを心がけましょう。
祭壇は焼香をする参列者が訪れる場所なので、あまりにも場違いなものをお供えものとして捧げてしまうと、マナーがなっていない人と思われてしまいます。
のしがついていると誰が何を供えたかが一目瞭然なので、きちんとしたものをお供えものとして選ぶことが重要です。

一周忌の流れ

一周忌の流れも含む、法事・法要の流れについては、コチラの記事をご参照ください。

まとめ

本記事では、一周忌とは何か、数え方や一回忌との違い、喪主・参列者それぞれの立場から準備すること・流れまで広く紹介させていただきました。
祥月命日という節目が一周忌なので、マナーをきちんと理解して執り行うことが大切です。
故人がお亡くなりになられてから1年という節目の法要。忘れないように早めに準備しておきましょう。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

ご利用者数No.1のお坊さん手配サービス「お坊さん便」なら、法事・法要のためのお坊さんを定額費用で手配します。
お問い合わせ・ご依頼は下のフォーム、またはフリーダイヤルにお電話ください。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

0120-541-609

お葬式の準備がまだの方はこちら

年間3万件のご相談をお受けしております。お葬式の依頼先にお困りの場合は、お気軽に弊社までご相談ください。24時間365日電話相談受付中。

NHKで紹介されました!12.8万円~のお葬式

※外部サイトが開きます

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (42 投票, 平均点: 3.86 )
Loading...
↑ページの先頭に戻る