カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次

一周忌に参列いただく範囲と喪主・参列者が準備すること

四十九日法要のお坊さんの手配をご希望の方はこちら

一周忌とは?

一周忌とは、故人がお亡くなりになられてからちょうど1年後の祥月命日に行う法会(ほうえ)の事を言います。
百箇日に「平等王(びょうどうおう)」による再審が行われ、一周忌では「都市王(としおう)」により、再度再審が行われます。ただし、家族や親族の供養がなければ救済を受けることはできないとされています。1年という大きな節目となる法要のため、親族や故人の友人や知人など幅広くお招きすることが一般的です。
※祥月命日とはご逝去された同じ月、同じ日のことをさします。
法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら。

一回忌と一周忌の違い

一回忌とは、1回目のおつとめの事を言います。1回目のおつとめとは、葬儀におけるおつとめになりますので、葬儀=一回忌となります。
一方で、一周忌とは、没後の翌年に、没後から1年経ってから行われる法会の事を言います。おつとめで言いますと、2回目のおつとめですので、一周忌=二回忌です。
周期は満年齢と同じ数え方なのに対し、回忌は数え年と同じ数え方をします。
二回忌とは言わず、一周忌と一般的に言われるのは諸説ありますが、一回忌から一年、一周したことで服喪の期間があけるという事だと言われております。

一周忌に参列いただく範囲

一周忌に参列いただく範囲、つまり一周忌にお呼びする方の範囲については、一般的には、遺族・親族・故人の友人・知人など、ごく親しい人だけとされております。葬儀とは異なり、近親者のみで故人を偲ぶ事が目的であるためです。

一周忌で喪主側が準備すること

続いて、一周忌を行うにあたり、喪主側が準備することを紹介します。

参列者への案内状

一周忌を行う旨の案内状を用意します。お斎や引き出物などの準備の都合もありますので、返信用はがきを同封するか、往復はがきで出欠をいただくようにしましょう。

菩提寺への連絡・僧侶(お坊さん)の手配

菩提寺がある場合は、菩提寺へ連絡します。菩提寺がない場合は、初七日法要や四十九日法要をしていただいたお寺さんにお願いするか、当サイトなどの僧侶(お坊さん)手配サービスを利用しましょう。

供え物、供花の手配

一周忌の法要を行うにあたり、故人の祭壇が寂しくならないよう、供え物や供花を準備しましょう。

一周忌を行う場所の手配

一周忌の法要を行う場所も手配します。自宅に招く場合は外の場所を確保する必要ありませんが、自宅以外の場所で行う場合や自宅にお仏壇がない場合は、お寺さん等に相談して一周忌を行う場所の手配をしましょう。

僧侶(お坊さん)へのお布施など

僧侶(お坊さん)へおさめるお布施を準備しておきましょう。
お布施の相場について、詳しく知りたい方は、法事法要でのお布施の目安・相場をまとめた、コチラの記事をご参照ください。

お斎(おとき)の食事の手配

法事・法要での食事を人数分、手配しておきましょう。
外部の会場・お店を手配する場合は、料理とともに、会場・お店の予約も行いましょう。

僧侶がお斎に出席される場合は、お斎のあとに、お布施・お車代をお渡しします。もし、僧侶がお斎に欠席される場合は、お布施・お車代・御膳料の3つを、お斎の前にお渡ししましょう。

参列者への引き出物

参列者への引き出物は半返しか3分の1返しが基本です。詳しくは、コチラの記事をご参照ください。

一周忌で参列側が準備すること

最後に、一周忌に参列する人が準備することを紹介します。

案内状の返信

喪主側から届いた案内状に返信をします。喪主側の準備もありますので、なるべく早めに返信をしてあげるように心がけましょう。

服装の準備

葬儀のように喪服で参列する必要はありませんが、黒のスーツなど、フォーマルな服装にしましょう。
服装について、詳しくは、コチラの記事をご参照ください。

香典の準備

法事・法要での香典について、宗教・宗派によっても異なってきます。詳しくは、コチラの記事をご参照ください。

供え物の準備

一周忌で供え物を準備したら良いかどうか迷われる人も多いと思います。あまり高価なものを準備しても、遺族側が困ってしまいますので、手土産程度の数千円程度のものを持参されると良いでしょう。
どうしても迷われる場合は、遺族側や喪主に相談しましょう。

一周忌の流れ

一周忌の流れも含む、法事・法要の流れについては、コチラの記事をご参照ください。

まとめ

本記事では、一周忌とは何か、数え方や一回忌との違い、喪主・参列者それぞれの立場から準備すること・流れまで広く紹介させていただきました。
故人がお亡くなりになられてから1年という節目の法要。忘れないように早めに準備しておきましょう。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

ご利用者数No.1のお坊さん手配サービス「お坊さん便」なら、法事・法要のためのお坊さんを定額費用で手配します。
お問い合わせ・ご依頼は下のフォーム、またはフリーダイヤルにお電話ください。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

0120-541-609
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (20 投票, 平均点: 4.45 )
Loading...
↑ページの先頭に戻る