カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次

喪中に初詣はNG?正しいマナーを徹底解説!

四十九日法要のお坊さんの手配をご希望の方はこちら

身近な人が亡くなってしまった場合、喪に服すことで、亡くなってしまった人の死を偲びます。その期間は喪中と言われていますが、そうした時に、新年の挨拶やお祝い、年賀状を送ることなどを控えた方が良いという話は、よく聞くのではないでしょうか。
けれど、喪中の初詣はどうなのかというのは、分からない人も多いかもしれません。
喪中なのだから、控えた方が良いのか、それとも行っても大丈夫なのか。実際のところはどうなのかを知っておきたいところです。

ここでは、喪中の初詣について紹介していきます。参考にしてみてください。

喪中の初詣はしても問題ない?

一般的に知られている喪中のイメージですと、晴れがましいことを避けた方が良い、と思われているのではないでしょうか。年末に差し掛かると、新年のご挨拶を遠慮する旨を知らせる喪中ハガキが届いたり、喪中のためお祝い事を控えているなどの話を聞いたりすることがあるかもしれません。

そんな喪に服すための期間として認識されている喪中ですが、初詣には行けるのでしょうか?
実際には、喪中でも神社やお寺への初詣は可能です。ただし喪中の神社への初詣に関しては、条件付きになります。
神社に関しては、忌中の参拝が望ましくないと言われているためです。したがって、喪中の中でも、死後まもないうちの一定期間である忌中においては、神社への参拝は控えた方が良いでしょう。

一方で、お寺への参拝は喪中、忌中問わず、問題ないと言われています。そのわけは、神社とお寺で死への考え方が違うからです。
例えば、お寺では、お正月に参拝することを故人や先祖に新年の挨拶をしにいく、という捉え方をします。また、お寺の根拠となっている仏教には、死を穢れとしてとらえる考えはありません。ですから、忌中であっても、問題なくお参りすることができるのです。
お寺の中でも、特に浄土真宗では、死を成仏として捉えているため、喪中という考え方そのものがありません。そのような理由から、初詣することができます。

ですから、忌中に初詣をしたいと考えている方は、お寺で行うと良いでしょう。
お墓のあるお寺への参拝であれば、お墓参りも行うこともできますし、お寺を詣でることは、先祖の供養にもなるでしょう。

忌中で神社での初詣がNGな理由

お寺では、忌中であっても行ってもいい、と言われている初詣ですが、では、なぜ神社では、忌中の初詣がいけないと言われているのでしょうか?

それは、神社での死へのとらえかたが関係しているのです。
神社では、その根拠となっている神道から、死を穢れとしてとらえています。そのため、死に触れて間もなく、穢れが残ってる忌中のうちには、神社の敷地内に踏み入れることは、神域に穢れを持ち込むことになるため、望ましくないと考えられているのです。

「穢れ」というのは、一般的な意味の汚れという意味の穢れではなく、「気枯れ(ケガレ)」とも書き、気が枯れた状態であることを言います。
ですから、死は気が枯れてしまった状態を指し、故人はもとより、その死に触れ悲しみに打ちひしがれている遺族も、悲しみに沈みこみ、気が枯れている。つまり穢れてしまっているという考えです。

そうした理由から、穢れが残っている忌中の間には、神域である神社に詣でることや、神棚を拝むことが望ましくないと言われています。さらに、神社にまつわるもろもろの慶事も避けた方が良いと言われているのです。

忌中と喪中は何が違うの?

忌中と喪中はそもそも何が違うのでしょうか?
いずれの場合も、その期間に近親者が故人を偲び、喪に服す期間であるという点では共通しています。
忌中は亡くなった方の特に近親者が喪に服すための期間で、喪中は故人を偲ぶための期間です。

忌中とは?

忌中は、外出や外交的な行動を慎む期間になり、亡くなった方との関係によってその日数が変わります。現在では撤廃されていますが、明治7年に出された太政官布告では、忌中と喪中の期間について細かく定められてました。

現在でもその期間は1つの目安として使われており、例えば、仏教では父母が亡くなった場合、49日間が忌中期間となるという考えが定着しています。
また、宗派によって異なりますが、死後から49日目に、故人が極楽浄土へと旅立てるかどうかの裁きがくだると言われています。四十九日の法要が行われ、その後、忌が明けると考える場合が多いようです。
このように、仏教の場合には49日が忌明けの目安となっています。

一方、神道でもまた、亡くなった人との関係によって忌中の時期が異なります。
諸説あるようですが、忌中期間は父母が亡くなった場合が最も長いと言われ、50日間です。
忌中の間には、お祝い事や祭りなどにはなるべく参加せず、静かに過ごすのが望ましいと言われています。
その後、神式では五十日祭が行われ、忌明けとなります。
神式の場合、神社に参詣する目安となるのが、この五十日祭です。
五十日祭以降であれば、神社へ参詣することが可能になります。
ただし、神社はそれぞれの地域に根付いた信仰により、忌中の考え方が違う場合もあるようです。

喪中とは?

お寺も神社も、喪中に関しては、いずれも亡くなってから1年間を喪中期間とする場合が多いようです。
一周忌を迎えて、喪が明けるという考え方が浸透しています。
とはいえ、喪中は残された人たちが、その悲しみを乗り越えるための期間ですので、実際には決まった期間というわけではありません。
近年はより柔軟になっているようで、ある程度の期間を経て、その後参加する必要がある行事などがあった場合に、喪が明けたとする家庭もあるようです。

初詣でおみくじを引いてもいいのか

喪中期間は、忌中でなければ神社でもお寺でも初詣は可能であるということですが、では、初詣に行った場合におみくじをひいてもよいのでしょうか?
新年に初詣をするからには、おみくじで1年の運を占いたい、という人もいるでしょう。
しかし一方で喪中におみくじというのは不謹慎にあたるのでは?と心配になるかもしれません。

結論として、忌中を過ぎていればおみくじを引くことは、何も問題はありません。
忌中期間には、そもそも神社の境内には入ることができませんから、もちろんおみくじを引くことはできません。
もしも、忌中にどうしてもおみくじが引きたいのであれば、お寺に行きましょう。
お寺であれば、忌中であっても初詣ができますし、おみくじを引くことも可能です。

喪中の初詣で厄払いはできる?

新年の初詣では、その年に厄年にあたる人の生年の表が貼り出されていることもしばしばです。例年であれば、厄払いを考えるところであっても、喪中の場合、今年も同じように神社での厄払いはできるのか、と躊躇してしまうところもあるかもしれません。

実際に、厄払いを希望する人が忌中になっている場合には、神社での厄払いは、避けた方が望ましいと言われているようです。
忌中には穢れがあるため、忌中の人が神社に参拝すると穢れが持ち込まれる、という考えをもとにしています。
神道では、穢れを神のもとへと持ち込むことが禁止されているため、忌中の人が参拝することもまた、タブーになっているのです。
今までの慣習や、日頃の神社への信仰が篤く、神社での厄払いをしたい場合には、忌中が明けたあとに厄払いを行うと良いでしょう。

一方で、お寺での厄除けの場合には、忌中であっても問題はありません。ですので、忌中だけれど、どうしても厄年が気になる、という人は、お寺で厄除けを行うと良いでしょう。
神社の厄除け、お寺での厄除けは、その効果には優劣はなく、厄年にあたる人の普段からの信仰や意識によって自由に選ぶことができます。

神社のお守りの処分はどうすればいいのか

神社では、古いお守りや破魔矢、お札などを納めてお焚き上げをしてもらうことができます。
初詣の際に古い破魔矢やお守りを納め、代わりに新しいものを購入する、という人は多いのではないでしょうか。
そのように毎年行っていることを今年だけできないとなると、何だか落ち着かないという人もいるかもしれません。その場合、どうしたらよいのでしょうか?

忌中には神社へ入れないため、神社で昨年購入したお守りや破魔矢、熊手などのお焚き上げは、忌中の間にはできません。
ですから、お焚き上げを希望するのであれば、忌中期間が明けるのを待って、お焚き上げをしてもらうことになります。

中には、お焚き上げ料として定額小為替を同封して郵送するとお守りのお焚き上げを行ってくれる神社もあるようです。
自身がお守りなどを納めたいと思っている神社が、そうした試みを行っているのかどうか、調べてみるのも良いかもしれません。
あるいは、地域のどんど焼きなどにお札や破魔矢などを出し、燃やしてもらうことも、お守りなどを処分する選択肢としては考えられるでしょう。

また、毎年初詣のときにはお守りなどを購入しているので、今年も欲しいけれど、忌中なので行くことができない。というような場合には、神社に事情を説明し、取り置きをしてもらうことができる場合もあります。破魔矢などは一定の期間しか販売していない場合もありますから、早めに問い合わせてみると良いでしょう。
中には、郵送でお守りなどを購入することができる神社もあるようですので、合わせて聞いてみるのも良いかもしれません。

正月飾りはしてもいい?

新年あけましておめでとうございます、などの挨拶を喪中では避けることや年賀状を控えることなどは広く知られていることでしょう。
それ以外も、喪中は晴れがましいことや派手な行動を避ける期間であるため、お正月飾りである門松や注連縄、鏡餅や正月料理なども避けた方が良いようです。
ただし、故人がお祭りごとが好きな人であるとか、湿っぽい雰囲気を望まない人であった場合には、家庭の中だけで、お正月の雰囲気を出すことも、いけないことではありません。
ただ、門松や注連縄など、特に対外的に目立つものは、場合によっては、非常識、不謹慎であると思われる可能性もあるため、控えておいた方がよいでしょう。

正月料理であるおせち料理も、お祝い料理にあたるという考えがあり、あまり望ましくはないと言われているようです。
ただ、海老や紅白のかまぼこなど、派手なものをのぞいて普通の食事として食べる分には、問題ないようです。お雑煮に関しても、普通の料理として食べる分には差支えはないでしょう。ただ、いずれの場合にも、お屠蘇などでのお祝いや、祝箸などを使うことは避けておきましょう。

さらに神棚がある家の場合には、その注連縄の交換をどうすればいいのかと思う方もいるかもしれません。神道での忌中である50日間を過ぎるまで、神棚は封印し手を入れない方が良いとされています。
その理由は、神社へ参詣しない方が良い理由と同様に、神棚を穢してしまわないためです。
そのため、年末年始が忌中にかかっている場合には、忌中が明けるのを待ち、注連縄を交換します。

初詣に行かないという選択肢もある

初詣には松の内までであったり、小正月までであったりと期間が諸説言われていますが、それも住んでいる地域ごとにことなります。毎年行っている初詣なのだから、喪中であるけれど行っておきたいという方もいるかもしれません。

しかし、忌中の場合には神社に行くことができないという制限があります。
例え、忌中が明けていたとしても、まだ喪が明けているわけではなく、悲しみから立ち直っていないことも多いでしょう。近しい関係の人が亡くなった場合には特に、一定の期間が経ったからといって、すんなり気持ちを切り替えられるわけではありません。
あるいは、四十九日の法要を終え、やっとそこから本当の意味で、故人を偲ぶ余裕ができたという人もいるかもしれません。

そのような様々な理由により、忌中は明けたけれど、新年のお祝いをする気分でもない、賑やかな初詣に行く気分になれないということもあるのではないでしょうか。
そのような気持ちの場合には、無理して初詣をすることはないでしょう。毎年していることが欠けてしまうと気持ちが悪い、という人もいるかもしれませんが、その場合にも、心の整理がついたあとに、あるいは、喪が明けた後に改めて神社に詣でれば、問題ないでしょう。
初詣の期間が過ぎてから、ゆっくりと参拝することも、選択肢の一つとして考えおいても良いかもしれません。

忌中は神社への初詣は避けること!

喪中であっても、神社、お寺、どちらへも初詣に行くことができます。心が沈んでいる、悲しみがまだ癒えていないなどの問題はそれぞれ抱えているかもしれませんが、喪中の初詣に関しては、特にしきたり上の制限もありません。
ただし、故人が亡くなってからの一定の期間は、忌中となっており、神社への参拝は避けた方が良いと言われています。
神社の場合には神道上、五十日祭が終わると忌中明けになるため、神社への参拝は可能になります。
仏教の場合にも、四十九日の法要後を忌中明けとしているため、忌中に関しては、その期間を目安にすることができるでしょう。お寺への初詣であれば、忌中でも可能なため、どうしても初詣の時期に参拝しておきたい、という人はお寺に参拝すると良いかもしれません。

このように、喪中と忌中、神社とお寺でそれぞれできることが異なるため、間違えないように気をつけましょう。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

ご利用者数No.1のお坊さん手配サービス「お坊さん便」なら、法事・法要のためのお坊さんを定額費用で手配します。
お問い合わせ・ご依頼は下のフォーム、またはフリーダイヤルにお電話ください。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

0120-541-609
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
↑ページの先頭に戻る