カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次

喪中の正月の過ごし方は?正しいマナーを紹介

四十九日法要のお坊さんの手配をご希望の方はこちら

年始に年賀状を送る際、相手が喪中である事を思い出した経験はありませんか?
喪中の場合はお祝い事や挨拶など、色々な事に気を遣います。
いざ自分に身内の不幸が起こってしまった時、どのように正月を過ごせば良いのかご存知の人はどれくらい居るでしょう。相手の喪中に気を遣う事はあっても、自分の事となるとどうしたら良いか分からない人も多いでしょう。

今回は自分が喪中の場合、どのように正月を過ごすのが良いかを解説します。
何かと慌しい年末年始ですから、正しい知識を身につけて落ち着いた正月を過ごせるようにしましょう。

おせち料理は食べてもいいのか

身内が亡くなった後の期間には、大きく分けて「忌中」と「喪中」の2つがあります。
忌中とは神道に基づく考え方で、故人の死後五十日間を死を忌む期間として仕事を控え自宅で謹慎する時期とされていました。
喪中は忌中よりも長く設定されてり、喪に服して慶事などに出席しない期間とされています。忌中・喪中共に故人との続柄で期間が変動する事にも留意しておきましょう。

仏教では忌中という言葉こそ用いられないものの、故人は死後四十九日で魂の行き先が決まると考えられている事から四十九日法要を以って忌明けとなります。
基本的に喪中(忌中期間を含む)の間は、新年をお祝いする料理であるおせちは食べない方がベターです。
ただし、四十九日法要が終わって忌明けになっていれば、食べても構わないというのが一般的な認識になっています。

忌明けにおせちを食べる場合に注意したい事

喪中におせちを食べる際には、故人に配慮して気をつけたいポイントがいくつか存在します。

まずお祝いを意味する紅白の食べ物や鯛、伊勢海老などは避けるようにしましょう。
喪中のおせちにはかまぼこや黒豆、栗きんとんなどを中心にしたものを用意するのが一般的です。
おめでたさを演出する重箱を使わずにお皿に盛る、お酒は控える、お祝い箸は使わないなど食事中のマナーにも気を配りましょう。

年越しそばやお雑煮は大丈夫?

年末年始といえば年越しそばやお雑煮など、特有の食べ物が登場する時期でもあります。
これらの食べ物にもそれぞれに意味があり、喪中に食べても良いものか気になる人も多いでしょう。

お雑煮は元々高級な食べ物として用いられており、お祝い事や記念日などの特別な日に食べるものでした。
しかし現在ではごく一般的な食べ物として浸透しているので、喪中の正月に食べても問題ありません。
ただしこの場合もおせちと同様に、豪華にしてお祝いの雰囲気を出す事は避けるのがマナーです。紅白色のかまぼこや花型に切ったにんじんなどは入れず、出来るだけシンプルにまとめたお雑煮を用意するようにしましょう。

年越しそばの由来には諸説ありますが「長いものを食べて健康と長寿を願う」「1年間の厄を切り落とす」という意味合いで食べるものとされています。新年を迎えるお祝い的な意味は含まれていないので、喪中でも気にせず食べて問題ないと言えるでしょう。こちらもお祝い事を連想させる食材を入れるのは避けてください。
お雑煮にしても年越しそばにしても、出来るだけ普段通りの食事の一環として用いるのが好ましいです。

親戚同士の集まりはしても問題ない?

正月には親戚同士が集まって新年の挨拶を交わしたり、久しぶりの再会を楽しむ場が設けられるケースが多いでしょう。親戚の集まりには「自分が相手の家を訪問する場合」と「自分の家に親戚が集まる場合」の2通りが考えられます。

自分の親族が亡くなった後の正月に配偶者の家を訪問するケースでは、特に気にする事はありません。配偶者側の親族が亡くなっている場合には、相手方の意向に従いましょう。

一方で喪中である自分の家に親戚を招く場合には「集まりの趣旨」に注意しておきたいところです。親戚を招いて「新年をお祝いする」のではなく「旧年中に亡くなってしまった故人を偲ぶ会」であるという旨を親戚にそれとなく伝えていきましょう。
あまり重たい雰囲気にしてしまう必要はありませんが、ちょっとした意識を持ってもらうだけでも集まりの意義は変わってくるものです。

喪中のお年玉について

自分に子どもが居たり親戚に子連れが多い時に気になるがお年玉です。
子ども達にとってお年玉は年始の楽しみなイベントですから、がっかりさせたくはないところでしょう。

本来であれば新年のお祝い金という意味合いがあるので避けるべきものではありますが、喪中の都合で子ども達までがっかりさせてしまわぬようお年玉は配る家庭が多いです。
その際は普段のお年玉で用いる様な紅白の水引きではなく、無地や地味なポチ袋に入れて渡すと良いでしょう。表書きも「お年玉」ではなく「お小遣い」や「文具代」など、特別感の薄い書き方をすると尚良いです。

正月飾りはしてもいいのか

クリスマスが終わると街中のイルミネーションも片付き始め、年末年始に向けて飾りつけを施す家も増えて来ます。
門松やしめ縄などの正月飾りは歳神様を迎え入れる為のもので、1年間を無事に過ごす事が出来た事に感謝して新年をお祝いして迎える為に飾られるのです。身内が亡くなるという不幸が起きてしまっている以上、「無事に過ごす事が出来た」というポイントと矛盾してしまう事になります。
忌中が過ぎていれば飾り付けを行うという家もありますが、喪中はお祝い事を避ける事が一般的なので基本的には正月飾りも一切行わない方が無難と言えるでしょう。

鏡餅は例外?

お手軽な正月の飾りつけとして親しまれているのが「鏡餅」です。
鏡餅も基本的には避けた方が無難ではありますが、忌中明けの喪中であれば鏡餅だけは置いておくという家庭も少なくありません。
これは、鏡餅が福を与えてくれる神様にお供えするものであり、不幸が訪れてしまった家に今度は福をもたらしてくれるようにとの願いが込められている為と言われています。

これはあくまで一説なので、家庭によって考え方が異なる可能性が大きいです。
喪中に鏡餅を飾る際には、事前に家族に相談するようにしましょう。

喪中の正月に初詣へ行ってもいい?

正月と言えば初詣に出かける人も多いでしょう。
初詣の行き先にはお寺と神社がありますが、基本的に忌明けの喪中であればどちらに参拝しても問題ありません。
ただし四十九日法要前などの忌中期間中の場合には、訪問先によって少し事情が異なって来ます。

神社の場合は神道の考えに基づいているので、死は穢れとして忌み嫌われるものです。
従って忌中期間のうちは神社への参拝はNGとされています。

対してお寺の場合は仏教に基づいた考えなので、死は穢れではなく極楽浄土への旅立ちという扱いです。
仏閣では葬儀なども執り行いますし、多くのお寺では一部がお墓になっています。こうした事から、忌中であってもお寺に参拝するのであれば問題は無いというのが一般的な認識です。

忌中や喪中の場合はお墓参りに行くという手も

初詣に関する基本的な考え方は上記の通りですが、細かい認識は宗派毎に異なる場合があります。
気になる場合は家族に相談してから初詣に行くかどうかを決めると良いでしょう。

忌中・喪中の中で宗教的な理由を気にせずお参りする先として、故人のお墓へお参りするという選択肢が挙げられます。冬場はお盆から時間が経過して枯葉などでお墓の周りが汚れている場合が多いので、世間が初詣で賑わっているうちに掃除してしまうのも良いでしょう。
故人を偲ぶという意味でも、喪中の行事として相応しいと言えます。
霊園によっては閉園日となっている事もあるので、お出かけ前に確認するように心がけましょう。

新年のあいさつはどうしたらいいの?

正月は友人や親戚など、様々な人と顔を合わせる機会の多い時期です。
普段の正月であれば「あけましておめでとうございます」の挨拶から話が始まるところでしょう。
しかし喪中の場合は祝い事は厳禁なので「おめでとう」という言葉は使えません。
自分が喪中だと知らない相手がかけて来た新年の挨拶につられてしまいがちなので気をつけましょう。

喪中の場合は自分から「おめでとうございます」などのお祝い言葉を使わなければ問題ありません。
この場合は「昨年はお世話になりました。本年もよろしくお願いします」といった具合に、それとなくお祝い言葉を避けた挨拶を使用しましょう。

喪中である事はさりげなく伝えた方が良い場合も

例えば相手が喪中だと知らずに「あけましておめでとうございます」と声をかけた時、その相手が「今年もよろしくおねがいします」とだけ返して来たら違和感を覚えてしまう人もいるでしょう。
その時に相手が喪中だと気が付ければ良いですが、気付いたとしても「知らなかったとは言え、なんだか悪い事をしたかな」とバツが悪くなってしまう可能性もあります。

喪中だと知らない相手からの「あけましておめでとう」には「今年は喪中だから挨拶できないけど、今年もよろしく」程度に、軽く喪中である事を相手に伝えた方が変に気を遣わせずに済む事もあるのです。
相手との間柄に応じて、必要であれば喪中である事をそれとなく伝えてみましょう。

年賀状が届いてしまったときの対処法

正月と言えば新年の挨拶として年賀状のやり取りが行われるのも通例です。交友関係が広ければ届く年賀状も多く、遠方の知人からの挨拶も増えるでしょう。

通常、身内に不幸が起きてしまった場合には交友関係のある家に「喪中ハガキ」を送付してその旨を伝えます。
基本的に喪中ハガキが届いた相手からは、次の正月に年賀状が届く事はありません。しかし身内の不幸後は何かとバタバタするもので、うっかり喪中ハガキを出し忘れたり相手方の住所が変わっていたりで喪中ハガキが届いていない相手が居ることも珍しくないです。
この場合は当然相手は喪中である事を知らずに年賀状を書いてくれるでしょう。また、年末近くに喪中ハガキを送った場合には行き違いで年賀状が届いてしまうケースも考えられます。

こうした喪中の間に年賀状が届いてしまった場合には、「寒中見舞い」という手紙を用いて対応しましょう。
元来寒中見舞いは1月5日頃から2月4日頃にかけて送る挨拶状でしたが、喪中における年賀状の代用品としても利用されています。

寒中見舞いを送る場合には、松の内(1月7日)と呼ばれる期間が終わってから出すようにしましょう。
これは松の内に届く手紙の事を総じて「年賀状」と呼ぶので、年賀状と寒中見舞いをハッキリと区別しておく為です。

また、寒中見舞いに用いる文章は「丁寧な新年のご挨拶を頂き恐縮です。ご挨拶が遅れて申し訳ありませんが、本年は喪中の為新年のご挨拶を控えさせて頂きます。今年もよろしくお願い致します。」などが良いでしょう。
「せっかく年賀状をくれた相手へのお礼」「返事が遅れたお詫び」「喪中である事の連絡」がポイントとして挙げられます。

キリスト教の喪中はどうすればいい?

日本は宗教信仰が自由な国である為、様々な宗教が同居しています。
神道・仏教に次いで多いと言われているのがキリスト教であり、全体の割合で言えば1%ですが200万人近い信者が日本にも居るのです。

キリスト教の「死」に対する考え方は前向きなもので、神様に導かれた天国で再び出会う事が出来るとされています。
その為、死を穢れたものとして扱う事はなく、忌中・喪中やお悔やみと言った概念も存在していません。仏教や神道の様に故人を偲ぶ期間も特別に設けられていないので、故人の死後にある行事に対する禁止事項というものもないのです。

年末年始に程近いクリスマスはキリスト教のイベントであり、家庭によっても様々ですが基本的には身内に不幸があった年でも通常通りケーキを食べたりプレゼント交換をしたりして過ごします。
の流れで正月も従来通りに新年をお祝いして、家族や親戚と共に過ごすケースが一般的と言えるでしょう。キリスト教の場合は萎縮せずに、普段通りに振舞う事が通例なのです。

喪中ならではの正月の過ごし方を意識しよう

身内の不幸は遺族にとってデリケートな問題でもあり、ちょっとした認識の違いから思わぬトラブルに発展してしまう事も考えられます。
おめでたい正月を穏やかに過ごすには、喪中ならではの過ごし方をしっかり把握しておく事が重要です。
また、細かい考え方は家庭によって異なる場合もあります。
鏡餅の飾りつけや親戚の会合などはケースバイケースと言えるので、無用なトラブルを避ける為にも喪中の場合は家族とよく相談しておくようにしましょう。

喪中で大切なのは「故人を偲ぶ」という気持ちです。自分がよかれと思った振る舞いでも、他の人が気持ちよく故人に思いを馳せる事が出来なければその気持ちも台無しになってしまいます。
人と人との関わり合いが多くなる正月ですから、しっかりとマナーを身につけて喪中に相応しい振る舞いで正月を過ごしましょう。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

ご利用者数No.1のお坊さん手配サービス「お坊さん便」なら、法事・法要のためのお坊さんを定額費用で手配します。
お問い合わせ・ご依頼は下のフォーム、またはフリーダイヤルにお電話ください。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

0120-541-609
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
↑ページの先頭に戻る