通話無料
0120-541-609 24時間365日対応いつでもお電話ください
カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次
お問合せ
(無料)

利用者が増えている!納骨堂のメリットと種類

先祖代々のお墓がなかったり、お墓を継ぐ人がいなかったりする人のために、一般的なお墓よりも負担が少なくて済む納骨堂が用意されています。
墓石や墓地を購入する代わりに、納骨堂へ遺骨を収蔵することを考えてみるのも良いでしょう。供養の仕方は、時代と共に多様化しています。納骨堂を新しいお墓として改葬する人も少なくありません。

それでは、納骨堂を利用することのメリットはどこにあるのか?納骨堂に関する基礎知識をまとめつつ、詳しく解説していきます。

納骨堂とは?もともとは一時保管の場所

納骨堂とは、遺骨を収蔵するために作られた室内施設のことを言います。遺骨を埋葬せずに骨壺でそのまま保管するというところが、一般的なお墓とは大きく異なる点です。

昔は一時的にしか遺骨を保管できなかった

昭和初期頃まで、納骨堂は墓石が建て上がるまでの間一時的に遺骨を保管する場所でしかありませんでした。
それが現代では時代のニーズに合わせ、恒久的に遺骨を収蔵する施設へと変化しました。
生涯独身者や核家族が増加したことで、納骨堂を利用する人は年々増えています。それに伴い、納骨堂も多様な進化を遂げました。

運営管理の種類

納骨堂の運営管理の主体となっているのは、寺院、公営、民営の3つになります。それぞれ、寺院納骨堂、公営納骨堂、民営納骨堂と呼ばれ、特徴も異なります。
寺院納骨堂は、寺院が運営管理を行っていると言っても檀家になる必要はありません。そのため、お布施や寄付金を求められないのが特徴です。
公営納骨堂は、自治体が運営管理を行っています。納骨堂の利用希望者が多い場合は、抽選が行われることもあります。
民営納骨堂では、宗教法人や財団法人、社団法人が運営管理を行っています。民営納骨堂は基本的に誰でも納骨することが可能です。

お墓の代わりに利用者が増加している現代の納骨堂

納骨堂の主な利用者は、独身者や核家族の人々になります。
お墓の継承者がいなかったり、子孫が墓を管理する負担を軽減したいという考えから、納骨堂を利用を選んでいるようです。また、ご先祖様が埋葬されているお墓があったとしても、自分の代から納骨堂に「改葬」しようと考える人も多くいます。

先祖代々のお墓に入らず、納骨堂に遺骨を収蔵してもらう場合は、生前に「墓じまい」をしておくことをおすすめします。
「墓じまい」とはお墓を撤去することです。「墓じまい」した後、埋葬されていた遺骨は、寺院や霊園が供養してくれる永代供養や散骨などを行うことになります。
また、自分と同じように納骨堂に遺骨を収蔵することももちろん可能です。しかし納骨堂を利用する場合は、遺骨を収蔵した後も管理費用が発生しますから、その点に注意しましょう。

お墓にはない納骨堂のメリット1.お参りしやすい

納骨堂の最大のメリットはお墓参りがしやすいことです。お墓は、子孫や身内に供養してもらうためにあるものですから、お墓参りしやすいかどうかというのは非常に重要です。

天気に左右されない

納骨堂はほとんどの場合、室内に設置されています。
そのため、天気の悪い日でもお墓参りすることが可能です。傘を差しながら線香や花、供物などを持ってお墓まで向かうのはなかなかの重労働。それが高齢者1人でのお墓参りとなれば尚更です。その上、お墓の手入れや周辺の掃除もする必要があります。
盆休みや命日など、この日しかお墓参りに行けないという日に天気が悪いと、お墓参りに向かうのもつい躊躇ってしまいます。その点、室内にある納骨堂は天気に左右されることなく、いつでもお墓参りすることが可能です。
また、お墓の手入れや周辺の掃除も必要ないため、高齢者1人のお墓参りでも負担が少なくて済みます。

交通アクセスが良い

納骨堂は都心部であったり、駅の近くであったりと交通アクセスの良い場所に建てられていることも多いです。墓地のように場所を取りませんから、「行きやすさ」も考慮されて建設されているようです。
高齢になればなるほど、遠方までお墓参りするのは大変になります。子孫や身内に自分のお墓参りを将来の負担にさせないため、納骨堂にするというのも良い選択でしょう。
自分を供養してくれる子孫や身内のことを気遣うのも大切なことです。納骨堂に遺骨を収蔵する際は、掛かる費用だけでなく交通アクセスの良さについても考えておくようにしましょう。

お墓にはない納骨堂のメリット2.料金が安い

納骨堂のメリットは他にもあります。納骨堂の利用は、一般的にお墓に納骨するよりも納骨料が安く済みます。
お墓に納骨する場合、先祖代々のお墓ではなく新しく自分のお墓を用意するのであれば、まず墓石と墓地の購入が必要です。
墓石の相場価格が170万円前後、墓地の使用料には100万円前後掛かります。つまり、墓石と墓地の購入だけでおそよ300万円必要ということです。
これに対して納骨堂への遺骨の収蔵は、1人当たり総額50万円前後で済みます。管理費は、年間で2千円から1万5千円ほどです。また、家族や親戚など、親族の遺骨も一緒に納骨する場合は、およそ100万円から200万円ほどが相場価格となります。

前述した通り、寺院納骨堂を利用する場合であっても、檀家になる必要はないため、お布施や寄付金も必要ありません。
お墓に遺骨を埋葬する際は、檀家になることが求められ、檀家料と入檀料が掛かります。檀家料は年間でおよそ5千円から2千円。入檀料は、檀家になる際におよそ10万円から30万円程度必要となります。このような檀家になるための費用が掛からないというのも、納骨堂の利用がお墓よりも安く済む理由の1つです。

また、公営納骨堂への納骨は、寺院納骨堂や民間納骨堂を比較して、全体的に費用が安い傾向にあります。
ただし、公営納骨堂は利用希望者が多かった場合抽選になるため、必ずしも利用できるというわけではないということは覚えておきましょう。

お墓にはない納骨堂のメリット3.宗派を問わないケースが多い

納骨堂は、基本的に宗派を問わずに利用できるというのも、大きなメリットと言えます。現在と過去の自分の宗派はもちろんのこと、無宗教であっても納骨堂の利用は可能です。

宗派を気にせず遺骨を収蔵する納骨堂を選べるということは、お参りしやすい場所を積極的に探すことができるということ。お墓参りしやすいことのメリットについては前述した通りです。自分を供養してくれる親族のことを思えば、なるべくお墓参りに行きやすい場所に納骨するのが良いですね。

運営主体に関係なく、納骨堂は宗派を問わないケースが多いですが、寺院納骨堂の場合は注意するべき点が1つあります。それは、供養や法要についてです。納骨堂の利用は宗派を問わずに行えたとしても、供養と法要はその寺院の宗派に沿って執り行われることがほとんどです。ただし、寺院納骨堂であっても供養と法要を執り行わない寺院もありますから、その場合は特に問題ありません。

それに対して民間納骨堂と公営納骨堂は、供養と法要に関しての義務が基本的にありません。供養や法要などの宗教儀礼について、こだわりがないのであれば、民間納骨堂と公営納骨堂は寺院納骨堂よりも利用しやすいと言えるでしょう。

納骨堂の種類1.ロッカー式

納骨堂のデザインも時代と共に多様化し始め、様々なタイプの納骨堂から遺骨を収蔵する場所を選べるようになりました。その中でも特に費用を安く抑えることができるのが、ロッカー式の納骨堂です。
ロッカー式の納骨堂というと駅構内にあるようなコインロッカーをイメージする人もいるかもしれません。確かに以前までは、そういった見た目の納骨堂がほとんどでした。
しかし、近年ではロッカー式の納骨堂もデザインが改善され、華やかで魅力的なデザインのものが増えてきています。納骨檀の扉を開けると、そこに仏壇が置かれているタイプの納骨檀もあり、これならしっかりと気持ちを整えたうえでお墓参りすることができますね。

ロッカー式の中には、供物を備えることのできるタイプのものもあります。
このタイプの納骨堂であれば、故人が生前愛用していた物を遺骨と共に収蔵することもできます。ロッカー式であっても、一般的なお墓に納骨する場合と同じように丁寧な供養をすることが可能です。

納骨堂の種類2.仏壇式

様々な種類がある納骨堂の中で、もっとも広いスペースが設けられているのが仏壇式の納骨堂です。
これは1つの納骨檀が2段に別れており、基本的に上段に仏壇を設置、下段に遺骨を収蔵します。下段には遺骨の他に供物を備えることも可能で、花や遺影写真など比較的大きなものでも収蔵することができます。遺影写真を遺骨と共に収蔵しておけば、故人の顔を見てお墓参りできるようになりますね。

ロッカー式でも仏壇を設置できるタイプのものはありますが、納骨檀に納まる小さな仏壇しか設置することができません。それに対して、この仏壇式であれば、立派な仏壇が初めから用意されています。
ただし、仏壇式の納骨堂は他の納骨堂に比べて掛かる費用が高めになります。納骨料金については、注意が必要です。

納骨堂の種類3.自動搬送式

自動搬送式の納骨堂は、利便性に特化した造りになっています。
お墓参りをする際は、専用のICカードが必要で、これを機械に通すことで遺骨を参拝スペースまで呼び出してくれます。
この自動搬送式の納骨堂は、24時間いつでもお墓参りできる場所が多く、仕事が忙しい人でも会社帰りにお墓参りすることが可能です。

また、自動搬送式は、1つ1つの納骨檀に場所を取らないため、1つの納骨堂に何千もの遺骨が収蔵されています。この納骨堂自体が狭い土地でも建設可能であるため、駅近くのビルに自動搬送式の納骨堂が設置されていることも多いです。
お墓参りに行く時間がなかなか取れない人や、交通アクセスの良い駅近くにお墓をつくりたい人におすすめです。

納骨堂を選ぶときのポイントとは?

遺骨を収蔵する納骨堂を選ぶ際は、納骨堂の種類だけでなく、他にもチェックしておくべき項目があります。

料金形態のチェック

まずは料金形態についてチェックしましょう。
納骨堂の利用で発生する費用は、基本的に永代使用料と管理費の2つです。
永代使用料は、納骨堂の種類によって大きく異なります。基本的には、仏壇式の納骨堂が最も費用が高くなると考えて良いでしょう。
管理費は、年間で払うものと一括で払えるものの2種類があります。承継者がいない場合や、自分で納骨檀を購入して子孫には負担を掛けたくないという人は、一括払いできる納骨堂がおすすめです。

永代供養の管理の年数

永代供養での納骨は、一定期間を過ぎると遺骨は合祀墓に移されます。
納骨堂を利用して永代供養する場合は、その際の管理年数についてあらかじめ調べておきましょう。
多くの納骨堂では、13回忌か33回忌を過ぎると合祀墓に移されるようになっています。管理期間は納骨堂によって変わります。

宗派は自由か

前述した通り、納骨堂での遺骨の収蔵は基本的に宗派を問いません。
しかし、すべての納骨堂にこれが当てはまるとも言い切れないため、宗派が自由かどうかについては最初に調べておくといいでしょう。
運営主体が民間と公営ならば、まず宗派は問わないと思って大丈夫ですが、寺院が運営主体となっている場合は注意が必要です。
また、遺骨を収蔵した際に供養や法要を執り行うかどうかも、納骨堂を選ぶときのポイントになります。

お墓より負担が少ない納骨堂

納骨堂を利用することのメリットは、

  • お墓参りがしやすい
  • 費用が抑えられる
  • 宗派を問わない

この3つになります。簡単にまとめてしまうと、納骨堂は一般的なお墓よりも手軽に遺骨を収蔵できます。しかし、供養というものに関して手軽さを良しとするかどうかは、人それぞれです。
先祖代々が眠るお墓がある人にとっては、そのお墓に入ることが自然でしょうし、手軽さだけを求めて納骨堂を選ぶこともありません。
あくまで納骨堂は、遺骨を収蔵するための1つの手段として存在していることを覚えておいてください。

納骨堂は基本的に、菩提寺がない、お墓を継ぐ人がいない、経済的な理由からお墓が建てられないという人のために用意されています。
ご先祖様からのお墓が既にあり、お墓を管理してくれる子孫もいるのであれば、わざわざ納骨堂に改葬する意味はあまりありません。改葬をするのにも、それなりに費用が掛かります。

埋葬して土に返さず、納骨堂に遺骨を収蔵するという供養の仕方に、抵抗感を覚える人も少なからずいることでしょう。
しかし、時代の変化と共に供養の仕方も変化してきました。宗派の自由が許されるのと同じように、供養の仕方についても多様化が認められるべき時代です。
大切なのは故人を敬う心ですから、供養の仕方については生前に親族で話し合っていくと良いでしょう。

お坊さん手配のご予約はこちら

お坊さんの手配は混雑で手配できない場合もあります。
ご予約は遅くても法要日の1ヶ月前にはしましょう。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
↑ページの先頭に戻る