カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次

お彼岸はいつ行われるもの?時期の決まり方や目安は?

四十九日法要のお坊さんの手配をご希望の方はこちら

お彼岸をお墓参りの目安としている人も多く、家族が揃ってお墓に手を合わせ、ご先祖様に感謝をするお彼岸を恒例行事にしている家庭もたくさんあるようです。
ただ、お彼岸の時期について詳しく知っていますか。
お彼岸はいつ行われ、その時期はどのようにして決められているのでしょうか。
もし、お彼岸の時期を逃してしまった場合には、家族に何か災いが起こるのではないかと心配な人もいるでしょう。

そこで今回はお彼岸の時期について説明し、お墓参りの時期や時間帯などについても詳しく紹介します。

お彼岸が行われるのは春と秋の年2回

墓参りなどをする年中行事として知られているお彼岸は、春と秋の年2回行われます。
仏教の行事であるため、インドや他の仏教の国でも行われていると思われがちですが、お彼岸にお墓参りをする習慣があるのは日本だけです。

日本の行事というのは神道と仏教の特徴が合わさっていることが多くみられ、お彼岸の日は神道では「日願」であることから太陽神を進行する神道とも結びつき、日本の独自の文化として定着したといわれています。

また、年に2回あるお彼岸には行事食をお供えすることも多く、春のお彼岸には「ぼた餅」秋のお彼岸には「おはぎ」が供えられます。
ぼた餅もおはぎも餅米をあんこで包んだ同じような食べ物ですが、違う名前が付けられている理由にはお彼岸が春と秋に行われることが関係しています。
春は牡丹の花に由来して「ぼた餅」、秋は萩の花が咲くことから「おはぎ」と名付けられられ、その季節を代表する植物の名前が用いられています。
これはお彼岸は季節の移り変わりを感じられる時期であるというのが背景にあり、お供えにも季節感が感じられるものが取り入れらているのです。

また、お彼岸の期間にはお寺では彼岸会やお彼岸法要などが行われることが多く、お墓参りだけでなく彼岸法要に参加する人もみられます。

春のお彼岸の時期は?

お彼岸の期間は昼と夜の長さが同じになる日に行われますので、春のお彼岸は春分の日を中日とした前後3日間に行われます。

「寒さ暑さも彼岸まで」といわれるように季節の変わり目にあたり、春のお彼岸を過ぎるとようやく暖かさを取り戻すといわれています。
また、国民の祝日に定められている春分の日は法律で「自然を讃え、生物を慈しむ日」と定められていますので、春の息吹を感じ自然の偉大さに感謝する日でもあるといえるでしょう。

さらに春のお彼岸の時期は種まきの時期とも重なります。古くから稲作を行ってきた日本人にとって春は豊作への祈りを捧げる時期でもありました。

また、秋のお彼岸の時期は収穫の頃とも重なります。豊作を願う気持ちや豊かな恵みを感謝する気持ちがご先祖様への感謝の気持ちと結びつき、お彼岸にお墓参りをするようになったともいわれています。

秋のお彼岸の時期は?

秋に昼と夜が同じ長さになる日は秋分の日であり、秋のお彼岸は秋分の日を中日とした前後3日間に行われます。お彼岸の語源となっているのはサンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜多)」の意訳である「到彼岸」という説もあり、彼岸は仏教用語では涅槃や極楽(あの世)を表します。

春分の日と秋分の日は一年のうちでこの世とあの世が最も近くなる日であることから、私たちが先祖のもとに出向いて供養する日です。
お彼岸の時期に悟りを開けるように仏道修行をする期間であるともいわれ、普段から仏道修行をしていない人たちも彼岸の期間中は西の太陽に祈りを捧げることで煩悩が払えるともいわれています。なぜ西の太陽かというと仏教では極楽浄土は西にあるという教えに基づいているためです。

春分の日と秋分の日はいつ?

春分の日と秋分の日は1948年に国民の祝日に制定されました。
ただ、建国記念日や子供の日のように毎年決まった日が定められているわけではありません。
というのも春分の日と秋分の日は、昼と夜の時間が同じ長さになる日ですので太陽の動きによって決められます。

毎年国立天文台が作成する翌年の「暦象年表」に基づいて決定し、毎年2月第1平日付で来年の春分・秋分の日が公告されるといった非常に特殊な祝日でもあります。
春分の日と秋分の市の日付はその年によって異なり、秋分の日を例に挙げると天文計算での「秋分日」は1852年以降すべて9月23日でしたが、1888年以降は1896年まで閏年のみが9月22日でした。
1900年以降には閏年のみが9月23日でそれ以外は9月24日であり、1921年以降には閏年の翌年も9月23日と変則的な動きを見せています。
しかし、春分の日と秋分の日の時期はだいたい同じですので春分の日は3月中、秋分の日は9月中が目安です。

お彼岸のお墓参りはいつ行くべき?

お彼岸は春分・秋分の日の前後3日間に行われますが、お彼岸に入る日のことを「彼岸入り」お彼岸最後の日は「彼岸明け」といいます。
また、ちょうど真ん中にあたる春分・秋分の日は「中日」と呼ばれます。
お彼岸の間のお墓参りをどの日に行くという決まりはなく、お彼岸の期間中に行ければ問題はありません。7日間すべてに行く必要もなく、どれか1日だけで十分ですので天候や予定に合わせてお墓参りをするといいでしょう。
ただ、中日を選んでお墓参りに行く人も多く、中日には霊園周辺の道路などが混雑する傾向にあります。また、都合がつきやすいという理由から土日も混雑しますので時間に余裕を持ってお墓参りに行くのがおすすめです。

お墓参りには特別な作法はなく、ご先祖様に感謝し手を合わせるという行為が大切とされています。しかし、ある程度の心得や手順は覚えておくのがいいでしょう。

派手な色やスタイルの服装は避け、できるだけきちんと身支度を整えていきます。
用意していくものは、生花や線香、ろうそく、お供え用のお菓子や飲み物とそれを置くための半紙があるといいでしょう。
さらに数珠、マッチかライターといったろうそくや線香に火をともせるものと、花ばさみ、お墓を掃除するためのたわしやほうき、ゴミ袋などが必要です。ひしゃくや手桶といったものは寺院や霊園にはたいていの場合備えてありますが、共同墓地などでは持参する場合も多くみられます。

寺院墓地ではお寺に着いたらまず本堂のご本尊をお参りしましょう。住職に挨拶し、「彼岸会法要」を行っていればなるべく参加します。

お墓に向かう際には手桶に水を汲んでおき、合掌礼拝してから掃除を始めます。掃除が終われば花立てに水をいれ花を飾りましょう。

お供え用のお菓子や飲み物は半紙を敷いた上に置き、線香に点火して香炉に立てます。
線香の火は息を吹きかけて消すのではなく、手であおいで消しましょう。というのも、人間の口はけがれやすいものであるため、仏に供える火を消すのには向かないといわれているためです。地域によってはろうそくを立てるところもありますので、地域の風習に従いましょう。

お参りは、故人と縁の深い人からはじめます。墓石にたっぷりと水をかけ、正面に向かい合掌します。

合掌の際には手に数珠をかけ、胸の前で左右の手のひらをあわせて軽く目を閉じます。
頭を30度ほど前に傾け、ご先祖様への感謝の気持ちとともに、報告したいことなどを心のうちで語りかけましょう。

全員の合唱が終われば、花と線香以外のお供え物はカラスなどに食い散らかされる心配がありますので必ず持ち帰ります。

お墓参りの時間の決まりはある?

古くからお墓参りに行くのは午前中がよいとされてきました。
地方によっては「昼以降にお墓参りに行くと霊がつく」という言い伝えが残されていることもあり、そういった地方では午前中にお墓参りをする人が多くみられます。

ただ、一般的に午前中がよいといわれているのは、他の用事を済ませてからお墓参りをするというのではなく、お墓参りを優先し、まずはそのための時間を確保しようという心構えが先祖を敬う気持ちにもつながると考えられてきたためです。

しかし、現代では仕事などで午前中に時間が取りづらい人も増え、さらにお墓のそばに住む人も少なくなったことで午前中にお墓参りに行くのが難しくなりました。
午前中にこだわってしまうことでお墓から足が遠のくことも懸念されるようになり、現代では午後でもよいといった考え方が一般的に広まっています。
ですのでお墓参りに行く時間も日付と同じように特別な決まりはありませんので、午後からお墓参りに行っても問題はないといえるでしょう。
家族そろってお墓参りに行くのが好ましいといわれているため、家族が揃う時間であれば午前、午後に関係なくお墓参りができます。

しかしながら、お墓に眠るご先祖さまとゆっくり向き合う時間を作るためにはあまり遅い時間は好ましくないともいえるでしょう。
というのもお墓参りの際にはお線香やお花を供えて合掌するだけでなく、お墓の掃除も行うのが一般的です。
墓石の汚れをふき取り、区画に生えた草を抜くといった作業は時間も手間もかかりますので明るい時間である方が掃除しやすいともいえるでしょう。
その他にも古い霊園や墓地の場合には足場が悪いところもあります。暗くなると足元が見えにくくなり転倒してしまうなどといった危険も考えられますので、安全面から考えても暗い時間帯のお墓参りは避けるのがおすすめです。
霊園によっては開園時間帯が決められているところもあり、お寺の場合にはお寺が閉まった時間にお墓参りをするとお寺にも迷惑がかかってしまいます。そのため、お墓参りはできるだけ夕方までに済ませておきましょう。

お彼岸以外にお墓参りをしても大丈夫?

仕事の都合でどうしてもお彼岸の期間中にお墓参りができないという人や、遠方に暮らしていることが理由でなかなか決まった時期にお墓参りができないという人もいるでしょう。
お彼岸の時期にお墓参りに行かないと自分や家族の身に不幸や災いが起こってしまうのではないかと心配する人も見られますが、お墓参りはご先祖様を大切に思う機会です。
そのため、決まった時期にお墓参りに行かなかったからと言ってなにかが起こってしまうことはありません。
お墓参りに行けなかったとしても普段からご先祖様への感謝の気持ちを忘れず、この世に生を受けたとこをありがたく思うことが大切です。帰省した際や、近くに立ち寄れた際にお墓参りをすれば問題はありません。

お墓はご先祖様を供養するところであり、祈りの象徴です。
それと同じくお墓に眠る人と縁がある人にとって精神的なよりどころでもあると考えられています。これまで長きにわたって受け継がれてきた命のつながりを感じさせてくれる場所であり、自分をあらしめてくれた全ての人に感謝する場所でもあります。

これまでお墓は集落の近くの山あいや屋敷のすぐ近くなどに設けられていましたので、お墓とともに暮らしてきた日本人にとってお墓参りは生活の一部でもありました。しかし、時代とともに家族から離れて暮らす人も増え、生活からお墓が切り離されたことでお墓参りも年に数回というスタイルへと変化しています。

一般的にお墓参りをする期間として知られているのは1年間に16回あり、祥月命日・月命日の計12回に加え春・秋のお彼岸、お盆さらにお正月です。
この期間のうちの2~3回を目安にお参りをする人が多くみられます。
ただ、お墓参りに行ってはいけないという日はありません。お墓参りには家族の幸せを祈るという意味も込められていますので、子供の進学が決まったことや、自分が就職したこと、結婚が決まったといった人生の節目に報告を兼ねて家族揃ってお参りをし、喜びを分かち合うのもいいものです。

お彼岸の時期を把握しておこう

1年の間、春と秋に2回訪れるお彼岸は、仏教が深く関係していながらも日本古来の神道と交じり合った日本独特の考え方が息づいている文化です。「生かされていることへの感謝」や「ご先祖様を大切に思う」節目であると考えられているため、お彼岸にはお墓参りをしてご先祖様と向き合うのがいいでしょう。

ただ、時代の移り変わりとともに暮らし方や家族構成も変わり、お墓がそれほど身近なものではなくなりました。
そのため、お彼岸にお墓参りをする時間や時期についてそれほど神経質になる必要もないといわれています。

しかしながら、お彼岸は家族が集まりご先祖さまとゆっくりと向き合える良い機会でもありますので、お彼岸の時期を把握してスムーズにお墓参りをしましょう。お彼岸の日程は毎年異なりますのでカレンダーなどをチェックしておくのが大切です。
お彼岸の日程がわかると家族と時間をあわせて一緒にお墓参りの計画もできるでしょう。お彼岸は日本人としてこれからも大切に行っていくべき文化のひとつです。家族そろってお墓参りをし、ご先祖様に感謝の気持ちを伝えましょう。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

ご利用者数No.1のお坊さん手配サービス「お坊さん便」なら、法事・法要のためのお坊さんを定額費用で手配します。
お問い合わせ・ご依頼は下のフォーム、またはフリーダイヤルにお電話ください。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

0120-541-609
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
↑ページの先頭に戻る