通話無料
0120-541-609 24時間365日対応いつでもお電話ください
カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次
お問合せ
(無料)

いつまでも一緒にいたい!ペットのお墓の基礎知識

自宅でペットを飼う人は年々増えてきています。子どもの手が離れた中高年になってからペットを飼う人も多くいます。ペットを飼うことが可能なアパートやマンションも多くあり、一人暮らしをしながらペットを飼う人もいます。
犬や猫などのペットを飼っている人の中には、ペットの死を経験した人もいます。犬や猫の平均寿命は人間よりも短く、飼い主より先に死ぬことは多いのです。

ペットが亡くなったとき、ペットをどのように埋葬・供養すればよいのでしょうか。
「ペットをきちんと供養してやりたい」「一緒の墓に入ることはできないのか」などと考える人は、ペットのための墓を用意しましょう。
ペットの墓についての基礎知識を解説します。

ペット霊園での納骨方法1.合同供養塔合祀

ペットの墓を作る場所として、ペット霊園があります。
ペット霊園とは、ペット専用の墓があり、ペットを供養するための施設です。ペット霊園は大小様々なものが全国各地にあるので、自宅の近くで探すとよいです。
ペット霊園の主な設備としては、墓地や納骨堂、葬儀施設、火葬施設などがあります。
ペットをきちんと供養したい、手軽にお墓を作りたいという人には、ペット霊園はおすすめなのです。

ペット霊園には、いくつかの納骨方法が用意されています。
その中のひとつに合同供養塔合祀があります。
火葬方法については、合同か個別かを選べる施設は多いです。
ただ、合同の場合は家族による立会いは基本的にできません。
納骨方法として合同供養塔合祀を選択した場合は、火葬した後、他のペットたちと一緒に合同供養塔へ埋葬されます。そして、他のペットとともに合祀されるのです。

合同供養塔合祀を選択した場合は、施設のスタッフに納骨までを任せる形となるため、家族の立会いはできません。しかし、個別に納骨を行うより費用を抑えることができます。
合同供養塔に合祀された後は、施設のスタッフによって、定期的に供養が行われます。
供養塔へのお参りはいつでもできますので、自分の都合に合わせて気軽にお参りするとよいです。

ペット霊園での納骨方法2.納骨堂

ペット霊園での納骨方法は他にも様々あり、納骨堂を選択することもできます。
納骨堂は、ロッカーや棚形式の屋内施設です。
骨壷や写真立て、花などが一緒に納められており、好きなときにお参りすることができます。
多くのペット霊園や寺院は納骨堂の形式をとっているので、納骨方法として納骨堂を選ぶ人は多いです。

納骨堂のメリットとしては、天候に左右されずにいつでもペットの供養を行えるところです。
ただ、納骨堂での遺骨の保管には期限があります。
一定期間、納骨堂で遺骨を保管した後、合同供養塔に埋葬されることになります。
初期費用と年間使用料を払うことで、永代に遺骨を個別保管してくれる施設もあります。
個別の納骨堂で永代供養をする場合は、合同埋葬よりも値段は割高になります。
ペット霊園での供養の方法は施設によって様々あり、値段も異なります。
そのため、事前に色々調べた上で、ペット霊園を利用することが大切です。そして、自分たちに合うやり方で、火葬・納骨・埋葬をしてもらいましょう。

自宅でペットだけのお墓を作る方法がある?

「亡くなったペットをいつまでも身近に感じていたい」「遠くの場所に埋葬するのは嫌だ」などと考える人は、自宅にペットの墓を作ることを考えてみましょう。

ペットの遺骨を引き取り、自宅に墓を作って供養する方法があるのです。
「墓を作るには広い場所が必要なのではないか」「自宅に墓を作るには費用がかかるのではないか」と不安に思う人もいるでしょう。
しかし、不安に思う必要はありません。自宅だからこそ、墓を作る場所を工夫することや費用を抑えることができるのです。
広い庭がなくても、自宅に墓を建てることは可能です。
狭い場所でもペットの墓は作ることができるのです。
例えば、ペット用の仏壇というものがあります。仏壇には骨壷を納めることができ、写真を飾ることもできます。
ろうそくや花瓶などがセットになっているものもあります。
それを利用すれば、大きな墓を作らなくてもペットの供養を自宅ですることができるのです。
もちろん、マンションや賃貸住宅でもペットの墓を作ることはできます。

ペット霊園を利用することにもメリットはありますが、亡くなったペットをいつでも身近に感じたいと思う人には、自宅にペットの墓を作ることがおすすめです。

自宅でお墓を作るメリット1.個別のお墓が作れる

自宅にペットの墓を作るメリットとは何でしょうか。
まず挙げられるのは、個別の墓を作ることができることです。
ペットを埋葬し供養するためにペット霊園や寺院を利用する人は多いです。
ペット霊園や寺院では、専門のスタッフの手で埋葬や供養をしてくれるので安心感があり、手間がかかりません。しかし、一定期間が過ぎれば、他のペットたちとともに合同埋葬されてしまいます。
ペット霊園や寺院で個別の墓を作ることも可能ですが、費用が高くかかってしまいます。
自宅にペットの墓を作る場合、予算に合わせて個別の墓を作ることができます。
自分のペットだけを大切に埋葬することができ、いつでも好きなときに墓にお参りすることも可能です。
個別の墓を自宅に作れば、他人に気兼ねすることなく、ペットを供養することができるのです。

自宅でお墓を作るメリット2.室内でも屋外でもOK

自宅にペットの墓を作るメリットは他にもあります。
室内でも屋外でもペットを供養できるということも自宅に墓を作るメリットです。
墓を作る場所は自宅のどこでも構いません。庭でも居間でもよいのです。
庭のない家や賃貸物件に住んでいる人でもペット用の仏壇を利用すれば、自宅でペットを供養することができるのです。

ペット用の仏壇を置かなくても、骨壷を部屋に置いておくだけでもよいです。
かわいいデザインの骨壷もあるので、部屋のインテリアと合わせて選んでみましょう。
手元に大切に置いておくだけでもペットの供養になります。

他に、ベランダでのお花供養という方法もあります。
ペットの遺骨をパウダー状にして、土と混ぜ、プランターに埋葬するのです。プランターに植物を植えて、花を咲かせると供養にもなります。
ハムスターや小鳥などのサイズの小さな動物の場合は、火葬せずそのまま土に埋めて埋葬することが可能です。
そのため、サイズの小さな動物は、ベランダでプランターに埋葬することもひとつの手です。
庭がある家ならば、庭に穴を掘り、骨壷(サイズの小さな動物の場合は遺体のままでもよい)を埋めることが可能です。
庭に墓を作る場合は、墓石を置いて、線香や花を供えてもよいです。

このように、自宅ならば室内でも屋内でも好みのやり方で墓を作り、ペットを供養することができるのです。ペット霊園を利用することをためらっている人は、自宅にペットの墓を作ることを検討してみましょう。
マンションや賃貸住宅でも工夫すれば、ペットの墓を作ることは可能なのです。

ペットのお墓のタイプ1.墓石

ペットの墓を作るときに、墓石を置きたいと思う人もいるでしょう。
例えば、庭にペットの墓を作り、墓石を置く場合、どのようなものを選べばよいのでしょうか。
川や海岸から大きめの石を拾ってきて、それを置いても構いません。きちんとした墓石を置きたいという人は業者から購入するとよいです。
ペット用の墓石というものが販売されていて、様々な種類があります。人間のお墓と同じような、小さなサイズの墓石を作ってくれる業者もいます。
自宅近くの石材業者の中から探してもよいですし、通販でも購入できます。ペット墓石専門のサイトなどもあるので、色々探して気に入った業者を見つけましょう。

墓石を購入することが決まったら、気になるのは値段です。
人間の墓は高いものが多いですが、ペット用の墓石はサイズが小さいため、人間の墓石よりも格安で購入することができます。デザインも色々な種類があります。石に足跡を彫ったものやペットの写真を墓石にレーザーで印刷したものなど様々です。また、墓石の形も四角だけでなく、丸みがあるものやハート形などがあり、自分の好みのものを選ぶことができます。

ペットのお墓のタイプ2.骨壷に墓石をかぶせるタイプ

「墓石を置きたいけれど、あまり立派で大きなものは置くスペースがない」という人もいます。そのような人のために、ペットの墓の墓石として、骨壷にかぶせるタイプがあります。

これは、骨壷と墓石が一体となっているタイプです。
家に庭がなく、自宅の部屋にペットの骨壷を置くとき、「骨壷のまま置いておくのは、気になる」という人もいます。
そのような人にも、骨壷に墓石をかぶせるタイプはおすすめです。
骨壷の蓋の部分が供養石(墓石)となっており、そこにペットの名前を彫ったり、写真を彫刻したりできます。
骨壷の部分も同じ供養石になっているものを選ぶとよいです。
蓋を骨壷にかぶせると、モニュメントのように見えるので、部屋やベランダなどに置いてもインテリアにマッチします。
石でできているので、庭に置くこともできます。また、サイズが小さいので、狭い部屋でも置くことができます。
このタイプの墓石ならば、持ち運びも容易ですので、賃貸物件に住んでいる人にもおすすめです。自宅で手元供養をしたいと思う人は、このようなタイプの墓石も候補に入れるとよいです。

ペットと一緒に入れる霊園が続々登場

ペット専用の霊園は全国各地に多くありますが、人間とペットが一緒に入ることができる霊園は少ないです。
しかし、そのような霊園は確かにあり、徐々に増えてきています。
増えてきているということは需要があるということです。
ペットを飼う人が増えるとともに、「ペットと同じ場所で安らかに眠りたい」と願う人も増えているのです。

では、人間とペットが一緒に入れる霊園とはどのようなものなのでしょうか。
一般の墓地では、人間と動物の遺骨を一緒に納骨することは認められていません。ただ、許可を得ている霊園の場合は、一緒に納骨をすることができるのです。
そのような霊園では、ペットと人間の骨壷を納める場所は分かれていますが、亡くなった後もお互いが近い場所で眠ることができます。

料金は、通常の霊園と同様の値段です。
ペットと人間が一緒に入ることができる霊園は稀少ですが、数は増えてきていますし、探せば近くのエリアで見つけることができます。興味のある人は、まず自宅近くのエリアで探すとよいでしょう。
インターネットで検索をすると複数の候補を見つけることができます。
ただ、霊園によって周囲の環境や雰囲気、料金などは異なるので、現地へ行って自分の好みに合ったものを探すことが必要です。

ペットと一緒に入れるお墓の特徴

人間とペットが一緒に入ることのできる霊園の特徴とは何でしょうか。
以前は普通の墓地だったところを、人間とペットが一緒に入ることができるようにリニューアルしたという霊園もあります。
また、新しくできたペット霊園の中には、ペット専用だけではなく人間も一緒に入ることができる墓を用意しているところもあるのです。
全区画でペットともに納骨できる霊園もあれば、霊園の一部区画のみというところもあります。飼い主より先にペットが亡くなっている場合、ペットの遺骨だけを先に埋葬することは可能です。
既に他の場所にペットを埋葬している場合でも、後から霊園に遺骨を移すことができます。

石碑のデザインなどについては、人間の墓と同様に自由に決めることができます。人間の墓石の横に、ペット用の墓碑を立てることもできます。墓碑のデザインを可愛くしたり、スタイリッシュなものにすることも可能です。エサ入れや水入れを設置する人もいます。
ペット共葬プランを用意している霊園や、ペットと一緒に眠る樹木葬の区画を用意している霊園などもあります。
複数のペットを飼っている人も霊園を利用することができます。多くのペットとともに、墓に眠る人もいるのです。

このように人間とペットが一緒に入ることのできる霊園には、様々な特徴があります。
また、霊園によって埋葬方法やきまりなどが異なる場合があります。利用したいと思う人は、事前に色々と調べておくことが大切です。

お墓は天国へ旅立ったペットの居場所になる

家族同然に一緒に暮らしていたペットが亡くなったとき、悲しみにくれる人は多いです。
亡くなったペットを大切に思い、どのように埋葬するべきか、どうやって供養しようかと迷うこともあります。

ペットを埋葬する場所、埋葬する方法は色々あります。
ペット霊園を利用してもよいですし、自宅に墓を作ってもよいのです。自分に合った方法できちんと埋葬することが、何より大切なのです。
どのような形であっても、墓を作ることで、継続的にペットを供養することができます。
墓は人間にとって魂が宿る場所であるように、ペットにとっても魂が宿る場所になるのです。
ペットが亡くなることは悲しいことですが、ペットの墓を作ることで、亡くなった後もペットを身近に感じることができます。
亡くなったペットをきちんと供養し、その思い出を大切に残すためにも、墓を作ることは大切なことなのです。

お坊さん手配のご予約はこちら

お坊さんの手配は混雑で手配できない場合もあります。
ご予約は遅くても法要日の1ヶ月前にはしましょう。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
↑ページの先頭に戻る