通話無料
0120-541-609 24時間365日対応いつでもお電話ください
カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次
お問合せ
(無料)

家族の一員であるペットを送り出す葬儀の流れ

愛する家族の一員。形あるものはいつかは滅びるということわざもありますが、ペットとのお別れは必ずやってきます。
心の準備など出来ず取り残された家族は、何もかもわからずどこに連絡をすれば良いのかも、ペットに対してどういう処置をすればいいのかもわからない。ペットとの死別というものはわからないことばかりです。初めてであれば尚のことそうです。
ですので、今回は愛する家族に取り残されてしまった際にはどうしたら良いのかを説明します。

ペット葬儀の流れ1.ペットの体を手入れしてあげる

ペットの葬儀の前にやることの一つに、体の手入れがあります。
こちらは絶対にやらなければいけないわけではないので、あくまで旅立ちの前に家族を少しでも綺麗にしたいという方が行う程度で大丈夫です。
内容としては【ブラッシング・軽い歯磨き・爪磨き・軽く濡らしたタオルで全身を拭く】この程度で十分です。
しかし、死後時間が経つと体液が流れてきてしまう為、口・耳・肛門などにガーゼや綿を詰めてあげたり、それらの部位をこまめに拭き取るなどして極力綺麗な状態を保ってあげるようにします。
また、動物病院などで無くなった場合は、獣医の方が一通りやって下さる場合もあるので、その点は引き取る際に確認した方が良いです。

適切な手入れをしてあげる為にも、最初に不要な毛布やタオルケットなどを必ず体の下に敷いて上げて下さい。また、自宅から霊園までは亡骸を人目に晒して運ぶことになる為、人目につかないようにするのはとても大切なマナーです。
ご自宅にダンボールなどがありましたら、その中にペットを寝かせてあげてからお清めを行うのも方法の一つです。

冬場すぐに火葬出来る場合などは問題ありませんが、夏場などは遺体の痛み方も早いので“ダンボール→タオルケット→保冷剤やドライアイス→タオルケット”というように、なるべく低い温度下で安置してあげることが大切です。

ペット葬儀の流れ2.ペット霊園などに連絡

体のお手入れが済んだら、次は葬儀をお願いする霊園に連絡をします。
動物病院や保健所に連絡してしまう方も多いですが、街にはほぼ必ず動物霊園というものが存在しています。
動物霊園やペット葬儀と検索すれば、近くのペットにまつわる葬儀場の情報などが出てきますので、そちらに連絡を入れ指示を受けます。

保冷剤などを使わない場合、夏場などは死後半日で臭いに少々の変化が出てきてしまう為、なるべく早めに葬儀を行える日程を電話で決めます。当日そのまま火葬してくれる場合もあるので、駄目元で聞いてみるのも良いです。
最近では自宅までペットを迎えに来てくれるサービスを展開している霊園もあるようなので、事情があって霊園に行くことが難しい場合などはそういった業者に連絡してみても良いかもしれません。
また、遺体安置をしてくれる霊園もあるので、一通りのお清めが終わった後、霊園に預かってもらうことも可能です。

ペット葬儀の流れ3.ペットの愛用品を用意

家族の一員の旅立ちに際し、いろいろな物を詰めてあげたいと思う方もいるでしょうが、注意すべき点があります。
まず、当たり前ですが“火葬”とはつまり“焼く”ということです。
それに伴い有害物質が出てしまうものや、遺骨が綺麗に残らなくなる可能性のあるものは詰めることができません。(ゴムやプラスチックのおもちゃなど)
繊維などが灰として残ってしまうものも基本的には却下されます。

特に問題が無いとされるのは食べ物の部類です。
最近ではメッセージカード・写真・花などを詰めることが多いようですが、どれも少量しか入れることが出来ない点は注意です。
花も一面お花畑というような形には基本的に出来ないので、もしやりたい場合は先に質問するのが無難です。

少し変わった方法だと、家族の髪の毛などを一緒に燃す(葬儀場によって可否が異なります)ご家庭もあるようです。
焼却に関してのルールは各自治体によっても違う為、詳しくは葬儀場スタッフに電話などで聞けば丁寧に答えて下さるので、これはどうだろう?というものは遠慮なく聞いてみるのが良いです。

ペット葬儀の流れ4.お線香を炊く

火葬の日取りも決まったら、ここからしばらくは家族との最後の時です。お世話になった方たちに連絡してお別れに来て貰ったり、当日霊園へ連れていく場合、お線香を焚いてあげたりしながら火葬の時を待ちます。

お線香のあげ方にはこれといった形式はありません。
もしも信仰している宗派がある場合はそれに従えば問題ないです。そういったものが特にない場合は基本的に一本立ててあげるだけで十分です。

愛した家族を前にして言葉をかけてあげられる時間も少ないので、積極的に話をしてあげます。写真撮影などは賛否が別れますので、あくまで家族と話し合った上や、個人が良いと思って撮影するのであれば問題はありません。
しかし、SNSなどへの投稿は控えた方が良いです。

一点注意点ですが、ご遺体は外気が触れると腐敗が早まります。お線香を焚いたからといっての換気は控え、外気が触れないようにタオル等をかけ、エアコンや扇風機などの風があたらない場所で安置してください。

ペット葬儀の流れ5.火葬場のある霊園へ

ペットを綺麗にしてあげたら、一緒に霊園へ向かいます。
その際は先述している通り、人目につかないようにしてあげるのがマナーです。ダンボールなどに入れてあげ、更にご遺体の上に薄い布などをかけてあげると尚良いです。
人が布団で寝ているようにかける人もいれば、顔まで全て覆ってしまうというタイプの人もいますので、自分が家族にしてあげたいようにしてあげるのが望ましいです。

また、こちらも先述した通り、出張にて遺体を運送してくれる業者もありますので、あまりに大きく移動手段が無い場合などは業者に頼んでしまうのが無難です。
また、小さいから素手で運搬できるからといって公共の移動機関の使用は避ける方が良いです。

万が一腐乱臭により騒動となってしまった場合葬儀どころではなくなってしまうので、家族が小型とはいえど移動手段が無い場合も業者に依頼した方が何事もなく済みます。
ご自身で霊園まで運んであげる場合、霊園の駐車場に着いた後、まずは受付にて葬儀の手続きを行います。
個人情報などの必要事項を記入した後、ペットの大きさによりますが台車などを貸し出してくれる場合があるので、もしそういった言葉が無く、運搬が難しいと判断した場合は遠慮なく声をかけて大丈夫です。

ペット葬儀の流れ6.お別れ後に火葬

いよいよ出棺です。
火葬後の流れは「合同火葬」か「個別火葬」かによって、大きく異なります。

まず「合同火葬」ですが、こちらはその他のお家のペットと一緒に火葬をするというもので、火葬後は霊園が所有する共同墓地という場所に納骨されます。火葬もお墓も合同なので「合同火葬」と呼びます。
こちらを選んだ場合、火葬の手続きをしてスタッフの方に家族を引き渡したらそれで終わりです。
何月何日の何時頃に火葬を行うと知らされるので、可能であればその時間に黙祷し、後日お墓参りをする場合は合同のお墓を訪ねるという具合です。
場所やペットのサイズにより料金は異なりますが「合同火葬」のだいたいの予算としては1万円~4万円程度です。

「個別火葬」は読んで字の如く、それぞれ個別に火葬を行う方法です。他の家のペットの骨が混じることがないのが最大の特徴で、詳しくは後述しますが、お骨ひろいがあるのが最大の特徴です。
「個別火葬」を選択した場合、火葬されている間待合室で火葬が終わるのを待ちます。
火葬時間の目安ですが、以下の通りです。

  • 小型犬や猫:1時間30分
  • 中型犬:2時間
  • 大型犬:2時間半

その場合は納骨場所も個別に用意され、希望する場合はそこに顔写真などを設けてくれる霊園もあるようです。
「個別火葬」にかかるだいたいの費用は、こちらも大きさにより異なりますが2万円~5万円ほどです。

ペット葬儀の流れ7.お骨上げ

「個別火葬」にて火葬が終わると納骨堂へ移り納骨に入ります。
箸を使い、しっかりと家族が天国へ行けるよう橋渡しをするという意識で一つ一つ納骨していきます。
その際、場所によっては担当の方がどの部分の骨であったかなどを教えてくれます。
せっせと拾うよりは、供養の気持ちも込めてゆっくり丁寧に納骨してあげるのが良いです。

お骨ひろいの後は、ペットの骨壷を霊園に納骨するか自宅へ持ち帰るかを問われるので、どちらにするか好きな方を決めます。
決めかねる場合は一度自宅へ持ち帰ると選択し、悩んだ上でやはり霊園へ納骨する場合は後日判断を変更することが可能です。しかし、一度霊園へ納骨してしまうと判断を変更することが難しいので注意が必要です。

なお、自宅へ持ち帰る場合は四十九日など節目の供養も全て自分たちで行うこととなりますので、その点は注意してください。
基本的に納骨はいつでも受け付けているので、心が落ち着くまでは一緒にいてその後は納骨するという方も多いです。
また、合同のお墓から個別のお墓へ移動するのは絶対に出来ませんが、個別のお墓から合同のお墓へ移すことは可能です。

霊園によってはセレモニーのサービスがある

火葬には二つの種類があることはお伝えしましたが、霊園によってはその他にも様々なサービスを行っている場所があります。
だいたいの場所で行われているのはやはり“読経”です。読経にはいくつか種類があり、火葬前の遺体を前に僧がお経を読んでくれる形式や、火葬中やその後に遺影などを前にして読経するタイプと様々です。
どこも別料金がかかるのが大体ですが、電話で火葬の日程の都合を付ける際に読経をお願いしたいという旨を伝えておけば、基本的には快く引き受けてくれます。しかし、あまりに忙しかったり、僧の方に欠員などがある場合は日程の変更を依頼されることもあるようです。

個別火葬を依頼した場合、事前に依頼しておくことで分骨してもらうことも可能です。
骨壷は霊園に納骨したいが、少し寂しいという場合は事前にその旨を伝えれば分骨カプセル(基本別料金)にペットの骨を詰めてくれます。こちらは合同火葬の場合は不可能なので気を付けて下さい。
分骨カプセルの骨は、申し出れば納骨した骨壷の中に戻してくれることもあるようなので、そういった対応が可能かどうかは事前にしっかり確認しておく必要があります。

その他にもフォトフレームの作成や、ペットの顔写真付きの骨壷の作成などから幅広く残された家族の為のセレモニーが霊園には存在していますので、興味がある場合は手続きの際良く聞いておいて損はありません。

自宅では毎日線香を上げて供養してあげよう

火葬も済ませ、愛する家族とのお別れの後の自宅。
個別火葬を選んで、霊園へ納骨した場合は、簡素なものではありますが位牌も帰り際に渡してもらえます。
最近ではペット用の仏壇も販売していますし、もし立派な位牌を作ってあげたいと思うのであれば、販売業者や霊園に頼めば魂入れを基本的には引き受けてくれます。
しかし、現在の日本ではペットへの戒名というのは無い為、位牌に入る名前は基本的に生前の名前となります。仏壇などを用意して供養してあげるのも良いかもしれませんが、位牌やお骨を前にお線香を焚いて、毎日合掌してあげるだけでも十分な供養なので、仏壇の用意などは本当にしてあげたい方だけで問題ありません。

しかし、特に強調しておきたいのは、お骨を引き取った場合は家族が身近にいるわけですから、生前と変わらず毎日お線香を焚いて、出来ることなら好きだった物などのお供え物も毎日変えてあげることが望ましいです。
忙しくて難しい場合でも、出来る限りお骨を持ち帰った場合は四十九日ほどまではしっかりと供養をしてあげます。
四十九日が過ぎたら、人によりますが、お骨は人目につかない寝室などに移動させてしまいます。いつまでも人目に触れると家族も休まらないので、静かな場所で安眠させてあげます。ただし、これも人によって異なるので正解はありません。

葬儀でペットを送り出してあげよう

愛するペットとの死別は、大変残念ですが必ずやってきます。
現在の日本がペット社会になって久しく、最近では多種多様な種類のペットが飼育されるようになりました。
だからこそ、それぞれの家庭にそれぞれの形があり、愛情が生まれています。
愛する家族を失ってしまった気持ちは、身を引き裂かれるような想いかもしれませんが、だからこそしっかりとした葬儀を行い、自分自身にも区切りを付けるというのはとても大切です。
葬儀を行うことによって、今までの想い出とも向き合うことが出来ますし、子どもがいる家庭の場合は兄弟同然の存在がいなくなってしまったという事態をしっかりと認識するポイントにもなります。

ペットと言えど最愛の家族の一員なのだから、最後は厳かに葬儀を執り行い、見送ってあげることは必要不可欠です。

お坊さん手配のご予約はこちら

お坊さんの手配は混雑で手配できない場合もあります。
ご予約は遅くても法要日の1ヶ月前にはしましょう。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 5.00 )
Loading...
↑ページの先頭に戻る