日程や場所が決まっていなくても、事前にご予約が可能です

通話無料
日時や場所が未定でも予約できます
0120-541-609 365日年中無休 受付時間/8:30~20:30
カテゴリ
同じカテゴリの記事
目次
お坊さんの手配をご希望の方はこちら

これで安心!お坊さんの呼び方の種類を押さえよう!

この記事を読んでいる人におすすめのサービス

お寺の管理をしている人の事を「お坊さん」と呼んでいる人も多いでしょう。
しかし、いざ仏式の法事などでお坊さんを目の前にした時「お坊さん」と呼ぶ事には違和感を覚えてしまうものです。
実はお坊さんの呼び方はいくつも存在し、正しい呼び方は宗派や役職によっても異なります。
場合によっては適切でない呼び方もあるので注意が必要と言えるでしょう。葬儀や法事などデリケートな行事でお世話になる事の多いお坊さんですから、失礼のないようにしておきたいものです。
今回はいざという時に迷ってしまわないように、お坊さんに対する呼び方の種類をご紹介します。お坊さんの適切な呼び方を確認して、落ち着いた気持ちで法事・法要に臨みましょう。

そもそもお坊さんとは?

現在、お坊さんという言葉は僧侶全般を広く指し示す言葉として用いられています。
お坊さんは「坊主」と呼ばれる事もありますが、これは元々「房主」と書いて僧侶が集まる僧房のリーダー格である主僧の事を指していました。それが次第に僧侶全体の事を意味するようになり、今では「坊主」や「お坊さん」といった呼び方をされているのです。
なお、「坊」という字は奈良・平安時代に区画された都の地区を指し示す言葉でした。それが次第に大きな寺院に所属している小さな寺院を意味するようになり、「一坊の主人」という意味から「坊主」が僧侶を指す言葉になったと言われています。

髪の毛を剃った状態の事を「坊主頭」と呼んだりしますが、これは僧侶の多くが剃髪していた事に由来しています。
仏教では「こだわり」や「欲望」が人間を苦しめる元凶であるとされており、髪の毛もその1つに数えられるのです。古来から髪の毛のお手入れやスタイリングが娯楽や嗜みであった事が分かります。
僧侶は俗世への未練を断ち切る為に剃髪し、欲望を捨て去った事を表しているのです。なお、剃髪の頻度やタイミングは宗派によって異なり、例外的に浄土真宗では髪の毛のある僧侶が認められています。

寺の責任者の呼び方は「ご住職」だけではない

住み込みでお寺の管理をしている僧侶は一般的に「ご住職」などと呼ばれたりしています。
しかし実はお寺の管理者である僧侶の呼び名はこれだけに留まりません。いざ耳にした時に何の事を指しているのか分からないといった事態にならないように、ご住職以外の呼び名も覚えておくのが良いでしょう。

ご住職以外の呼び方としては「お寺様(おてらさま)」や「お主様(おすさま)」がよく知られています。
お主様は「おしゅさま」「おっさま」などと呼ばれる事も覚えておきましょう。
また、浄土真宗ではご住職の事をお寺(寺院)の主という意味合いから「ご院主(ごいんじゅ・ごえんじ)」「ご院家(ごいんげ)」などとも呼びます。

なお、お寺を管理している僧侶はご住職と呼ばれますが、お寺に住み込んでいる僧侶はご住職だけではありません。
見習いの修行僧やお寺の管理は行わない高僧などもお寺に住んでいる場合があります。
このようにお寺に住み込んでいても管理業務は行わず、日々修行に打ち込む僧侶は総称として「お坊さん」と呼ばれる事に留意しておきましょう。お坊さんとご住職はイコールではないのです。

お坊さんの呼び方が1つではない理由

お坊さんは仏教において仏様の教えを体得する大切な存在です。それ故、同じ仏教の中でも宗派によって様々な呼び方が存在しています。
法事・法要でお世話になるであろう自分の宗派におけるお坊さんの呼び名を把握しておく事が重要です。
なお、仏教には「戒律」と呼ばれるお坊さんが守るべき決まり事がありますが、浄土真宗にはこの戒律という考え方がありません。
様々な宗派でお坊さんを意味する「和尚さん」という言葉には「戒律を授ける者」という意味が含まれています。その為、戒律が存在しない浄土真宗では和尚という言葉を用いない点に注意しておきましょう。
また、お坊さんの呼び方には宗派による違いの他にも、地域によって呼び方が異なる場合があります。同じ漢字を使用していても方言による訛りなどで読み方が異なるケースもあるのでよく確認しておく事が重要です。

宗派によって変わるお坊さんの呼び方

お坊さんの呼び方はまず宗派ごとに違いを把握しておくのが分かりやすいでしょう。

お坊さんの別称として馴染み深い「和尚(おしょう)さん」ですが、この呼び方を用いている宗派は浄土宗・臨済宗・曹洞宗など多岐に渡ります。
天台宗でも和尚さんという呼び方を使う事がありますが、同じ和尚という漢字で「かしょう」と読む方が一般的です。

真言宗では和尚と書いて「わじょう」と読み、地域によっては「和上(わじょう)」という字を当てる事もあります。
和尚以外の呼び方では、浄土真宗で用いられる「院家(いんげ)」「御院(ごいん)」や日蓮宗が使用している「上人(しょうにん)」などが挙げられます。

浄土真宗には戒律の概念が無いので、戒律を授ける僧侶を指す和尚という呼び方は使われず寺院の人間という意味で院家や御院というような呼び方が使用されます。

日蓮宗の上人という呼び名には学問と徳を兼ね備えた僧侶であるという意味があり、「聖人」という字が当てられるケースもある事を覚えておきましょう。

役職や位によって変わるお坊さんの呼び方

宗派や地域以外でも、お坊さん本人の役職や位によっても呼び方が異なる場合があります。
より丁寧な呼び方になるので覚えておいて損はないと言えるでしょう。

お寺に住み込んで管理業務を行う「ご住職」は、一つのお寺に一人しか居ません。お寺という宗教法人の代表役員とイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。
お寺の代表者という意味では「院主(いんじゅ)」という呼び方も用いられる事があります。なお、女性の僧侶を「尼(あま)」と呼び、尼が住んでいるお寺は尼寺と呼ばれます。尼の住職は「庵主(あんじゅ)」という呼び名がある事も覚えておきましょう。

特に優れた高僧は国から称号が授けられる事があり、その称号を「大師(だいし)」と言います。
大師の称号を授かった歴史的に有名な僧侶としては真言宗の開祖である空海(弘法大師)が挙げられるでしょう。なお、空海の他にも様々な宗派の開祖が大師の称号を国から授けられています。宗派を開くという事は、それほどに大きな功績なのです。

優れた僧侶の呼び方としては「三蔵(さんぞう)」というものも挙げられます。
三蔵の三は経・律・論という仏教の中の大切な教えを指しており、三蔵はこれらに優れた僧侶の事です。物語「西遊記」に登場する玄奘三蔵法師で見たことのある人も多いのではないでしょうか。

また、優れた高僧だけでなく、まだまだ未熟な僧侶にも呼び名が与えられています。
修行中のお坊さんは「雛僧(ひなそう)」や「小僧(こぞう)」などと呼ばれる事も心に留めておきましょう。

お寺の奥様の呼び方

日本の寺院は圧倒的に尼寺よりも通常の男性住職が管理するお寺が多いですが、ご住職に奥様がいる事も珍しくありません。
法事や法要で顔を合わせたり、ご住職への取次ぎで話す機会がないとも限りません。失礼のないよう、お寺の奥様の呼び方も覚えておくと安心でしょう。

一般的にお寺の奥様を指し示す言葉としては「坊守(ぼうもり)さん」が用いられます。
お寺はお坊さんが集うという意味で「坊舎(ぼうしゃ)」と呼ぶ事があり、この坊舎を守る人という事に由来して坊守さんという呼び方が生まれたのです。主に修行僧達がご住職の奥様を呼ぶ時に用いられます。
同じような由来で「堂守(どうもり)さん」という呼び方がある事も覚えておきましょう。
変わった読み方をする呼び名として「お庫裏(おくり)さん」や「寺庭(じてい)さん」というものもあります。お寺の倉庫や庭の手入れをするような人とイメージすると分かりやすいでしょう。

本山などの代表者となるお坊さんの呼び方

お寺には本山と末寺の2種類があり、末寺は本山に所属するという形式がとられています。その為、本山の代表者となる住職には別の呼び名が与えられているのです。
本山に勤める住職の呼び方は宗派によって異なり、日本国内で門徒数の多い浄土宗・浄土真宗では「法主(ほっす)」や「門主(もんしゅ・もんす)」という呼び名が用いられています。
律宗では末寺の住職を和尚(わじょう)と呼び、本山に勤める住職の呼び方は「長老(ちょうろう)」です。

同じく密教の流れを汲み、平安時代に栄えた仏教として並べられる事の多い天台宗と真言宗では、本山の住職を「座主(ざす)」と呼びます。
曹洞宗と日蓮宗では「貫主(かんず)」という呼び名が使用されていますが、貫主は元々律令制度における戸籍である「貫籍(かんじゃく)」の筆頭者を示すものでした。
そこから転じて寺院の筆頭者を意味する言葉になったといわれています。

これらの他にも宗派によっては「別当(べっとう)」や「山主(さんす)」といった呼び方が使用される事もあるので、覚えておくと安心です。

避けたい呼び方とは?

お坊さんの呼び方には適切な言葉がある一方で、失礼にあたってしまう呼び名も存在しています。法事・法要は故人を供養する為の行事なので、無用なトラブルは極力避けたい所です。
お坊さんの気分を損なってしまわないように、NGワードとも言うべき呼び方を把握しておきましょう。

例えば「お坊さん」という呼び方は第三者同士での会話などでは用いられますが、面と向かって僧侶を呼称する際にはぶっきらぼうに聞こえてしまい適していません。
「坊主」「坊さん」などは乱暴な印象すら与えてしまうので対面での使用は避けましょう。

「ご住職」という呼び方も、直接会って呼ぶには適していません。
ご住職一人で管理しているお寺であれば問題ありませんが、多くの寺院ではご住職の他にも所属している修行僧や高僧を法事・法要に派遣する事があります。
行事にいらっしゃってくれたお坊さんがご住職であるとは限らないのです。予めご住職がいらっしゃってくれる事が分かっていれば正しい呼び方にもなりますが、なるべく使わない方が無難と言えるでしょう。

多くの宗派で使用されている「和尚さん」という呼び方も、直接会ってお坊さんを呼ぶには適していない事を覚えておきましょう。
日本国内で最も門徒が多いのは浄土真宗ですが、この浄土真宗には戒律が存在しないため和尚という呼び方はしません。特に自分の宗派がよく分かっていないケースでは、「和尚さん」と呼んでしまうと失礼にあたってしまう可能性が高いので注意しましょう。
また、同じ「和尚」という漢字でも読み方が異なる場合も多いので間違いやすく、やはり使用は避ける方が無難です。

お坊さんの無難な呼び方とは?

自分の宗派が分からない場合などは正しいお坊さんの呼び方が分からないといった事もあるでしょう。特にお葬式などの急な行事では調べる余裕もなく、慌しく準備が進んでしまいます。
そんな時に役立つ無難なお坊さんの呼び方を覚えておくと安心です。

例えば「○○寺様(丸の中は依頼先のお寺の名前)」という呼び方は覚えておくと重宝します。
お坊さんの階級や地域による違いもないので、困った時には派遣元のお寺の名前を確認してみましょう。

「僧侶様」という呼び方も無難に使えるものの一つです。
僧侶はお坊さん全体の事を指し示しているので、この呼び方もお坊さんの階級に関わらず使用出来るので覚えておきましょう。

また、近年では「お坊さま」という呼び方も広まって来ています。少しくだけたニュアンスの呼び方なので、書面などではあまり適していませんが口頭で用いる分には概ね問題ありません。

このようにいらっしゃってくれたお坊さんの正しい呼び方が分からない場合でも、無難に使う事が出来る呼び名はいくつか存在しています。
それでも不安が残ったり、大切な儀式・行事にお招きするので正式な呼び方を知っておきたいという場合には直接お坊さんに「何とお呼びすれば良いですか?」と伺ってみましょう。
直接聞きにくいのであれば、事前に寺院の事務局に問い合わせるなどして確認する事も可能です。

適切な呼び方を心がけよう!

お坊さんにお世話になるのは、故人を供養する為の行事である事が多いです。
大切な人を偲ぶ行事を取り仕切る重要な役割を担ってもらう相手なので、出来るだけ失礼の無いようにしたいところでしょう。事前に調べる時間と心の余裕があれば、自分の宗派や地域による呼び方を確認しておくと安心です。
お坊さんやお寺に直接お聞きするのも、非常識な事ではありません。
呼び方が分からないまま適当に呼んでしまう事の方が失礼にあたってしまうでしょう。
不安点があるならばお寺の事務局や宗派に詳しい親戚などに聞いてみる事も大切です。適切なお坊さんの呼び方を把握した上で、不安を残さず法事・法要に臨みましょう。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

ご利用者数No.1のお坊さん手配サービス「お坊さん便」なら、法事・法要のためのお坊さんを定額費用で手配します。
お問い合わせ・ご依頼は下のフォーム、またはフリーダイヤルにお電話ください。

①ご利用は初めてですか
②今回行う法要
総額 35,000

※複数個所での法要の場合など追加料金がかかる場合がございます。

0120-541-609

お葬式の準備がまだの方はこちら

年間3万件のご相談をお受けしております。お葬式の依頼先にお困りの場合は、お気軽に弊社までご相談ください。24時間365日電話相談受付中。

NHKで紹介されました!12.8万円~のお葬式

※外部サイトが開きます

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (7 投票, 平均点: 4.57 )
Loading...
↑ページの先頭に戻る